VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国 vs 日本

韓国 0 - 0 日本


得点だけ、得点だけが入らなかった。
前半、韓国は不用意なミスが目立ち、日本がリズムを掴む。相手にはボールを持たせず、日本は攻撃に人数を割いた。しかし、そのわりにはペナルティエリアに侵入した回数は多くなく、フリーでシュートもできなかった。
後半に入り、韓国が積極的に交代カードを切ると、今度は攻め込まれる時間帯が多くなった。その時間帯を今野の危険察知と栗原のヘッドで耐えると、後半の後半は長谷部・本田を中心に日本の攻撃陣が息を吹き返す。結果はスコアレスドローだったが、日本は得点できなかったことが唯一で最大の難点だった。

本田は前半から、アルゼンチン戦以上に積極的に仕掛けた。シュートもアルゼンチン戦以上に打っていたし、可能性が感じられた。彼の良さが存分に発揮され、消えてしまっていた香川との経験値の差を見せ付けた格好になった。
だが、同時に彼にはトップ下としての仕事を心がけてもらいたかった。もっと好機を演出する側に回ってほしかったのだ。あれだけ惜しいシュートを何度も放ったのは、敵を自分に引きつけるためではなかったのか。最後のシーン、僕はパスを出して欲しかった。
日本は彼を「エースストライカー」のように扱っている。僕にはそれが理解できない。彼には彼の役割があり、彼はMFだからこそ良さを発揮できる。彼はトッティではない。日本は0トップをやろうとしているわけではない。彼を誉めるのは勝手だが、的を射たものでなければならない。
本田のよさは、日本人には無いハングリー精神と、自分でやろうとする力、強引さであることは百も承知である。だが、彼はもう1ステップ上がる段階に来ていると僕は思う。得点もできてチャンスも作れる、パスも出せる。そうなるためのもう一歩先の判断力を、彼には養って欲しい。この試合でもっとも凄みのあるプレーを展開していただけに、さらに上を期待してしまうのである。

気になったプレイヤーはもう一人。川島の替わりにゴールマウスを守った西川周作である。
彼の持ち味はなんと言ってもフィードキックの精度だろう。しかし、この試合では何度もキックミスを犯し、そのうち一つは1歩間違えば致命傷になりかねないものだった。
さらに、キャッチングも安心して見ていられるプレーとは言いがたかった。真正面にきたヘディングも焦ってキャッチミス。長友のクリアに助けられた。
今野がスライディングでクリアしたシーンも、西川が声をかけていればキーパーの仕事になるはずのものだった。
緊張もあるかもしれない。彼はまだ若いので先もあるが、この試合のようなパフォーマンスを続ければ、代表戦を自宅で見ることになるだろう。

全体的には、前の日韓戦2試合よりも、相手選手との距離が近く、ポジショニングに重きを置いているようだ。
さらにこの試合では、ラインを高く保って中盤のプレスをより厳しいものにした。実りそうも無いロングボールを蹴ってまで相手DF陣の裏を突こうとしたのは、日本のDFラインを高く保つことに狙いがあったのではないか。
そして、最も改善されたのはDFからボランチへのパス回しだ。この試合、執拗に今野が相手を引きつける様にボールをこねてからボランチにパスするシーンが何度かあった。これは長谷部も同様で、縦へのパスを最優先に考えていることが窺える。
この2点だけでも、大きな改善といえる。守備におわれて攻撃が疎かになることはないし、相手を疲れさせることもできる。節約した体力は、思う存分攻撃に使うことができる。
ザッケローニが就任して、日本は常識を身につけた。とりたてて新しいことをやっているわけではない。プレスとはこういうことだというお手本を、ザッケローニは日本に示した。

勝利できなかったことは心残りだが、日本は確実に成長している。
日出る国に、やっと光が差してきた。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/14(木) 19:18:37|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アーセナルに提案 | ホーム | 前哨戦の敗戦とその意味>>

コメント

そうそうそうそう、キーパー周作だったんだよね。キーパー大好きのオレとしては、われらが楢崎の代表引退のあとどうなるんかいなと思ってたんだけど、まあえいじはまずまずとして、周作はどうだと思ってたんだけど・・・。オレたちプレミアの試合とか見慣れているから正確なフィードができるかってのはかなり気になるんだよね。そういう意味ではまだ全然修業が足らんと思った。実はオレ周作に対してはかなり好意的なほうなのよ(えいじよりも全然)。でもこの試合を見る限りでは・・・。もっともっと精進してほしいな、期待してるんだから。
  1. 2010/10/16(土) 04:16:07 |
  2. URL |
  3. くらちゃん #iUdxZkJU
  4. [ 編集]

>くらちゃん
たしか下の年代で正GKだったときになかなかいいキックしてましたし、この試合でも他の日本のキーパーよりキックの軌道が良かったんですがね、肝心のセービングの方が今一つというか、自信無さそうに見えてしまいました。
もっといいキーパー出てこないかなぁ。
  1. 2010/10/16(土) 17:25:36 |
  2. URL |
  3. マシオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/998-e209cc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。