VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プレミアリーグ・プレビュー

いよいよ明日に開幕が迫ったプレミアリーグ。今季の優勝争いを予測してみたいと思います。
世間で取り上げられているのは、チェルシー・マンUの二強ということですが、果たしてどうなるのか。
チェルシーは、補強も少なめな上にリッキー・カルヴァーリョをレアルに放出しました。
FW陣も目立った補強は無く、今シーズンもドログバ・アネルカの二人への依存は高まりそうです。ここの競争力の欠如が、チェルシーの勢いを削ぐ可能性は十分にあります。
したがって、僕の中での優勝候補筆頭はマンUです。チチャリートの加入はルーニー頼みだったフィニッシュ力を解決するでしょうし、その加入によってベルバトフの奮起も促せると思います。また、嘘か真か、エジルの獲得も噂されており、ハーグリーヴスの復帰も叶えば中盤も磐石。さらにDFはエバンスの台頭とヴィディッチの残留で、目立った穴はありません。かなり手強い相手になるでしょうね。しかし、C・ロナウドが抜けてからは、しっかりと対策を講じれば勝てるくらいのチームになっている印象も少なからずありますね。

さて、我らがアーセナル。今季はDF陣の大幅刷新で、なんだか今季こそCL圏外なんじゃないかとか言われてますが、キャンベルとシルヴェストルは正直戦力として計算できなかったところはありますし、経験あるDFの放出というほどに実力を発揮していたとは言いがたい出来でしたから、本当に戦力ダウンなの?って各専門誌に問いたいところですね。本当に昨シーズンの彼らを観てたんですか?
ギャラスの放出に関しても、彼は空気を悪くするきらいのある選手ですから、放出やむなしって感じですかね。実力はあるしお手本のようなDFを見せてくれる選手なので、戦力としては彼が一番痛かったでしょう。しかし、チームのまとまりを考えると、僕はそんなに痛いとは思いません。さらに、コシールニーの加入、ジュルーの復帰でも戦力が足りないDF陣には、スパヒッチ、ジャギエルカなどの補強が画策されており、それほど問題ないのではと思います。
問題はGK。獲得しないなら、いっそシュチェスニーに任せてもいいんじゃないでしょうか。僕は今季のアーセナル、結構いいところまでいくんじゃないかなぁと感じています。

マンC・スパーズは、思ったようには行かないでしょう。前者は補強策がばらばらですし、後者は逆に循環が無さすぎる。

今季、一番注目なのは、僕としてはリバプールです。かなり不気味ですね。
ホジソンは現実的な戦術をとる監督ですし、何より新監督ということで、選手たちのモチベーションがとても高い。これがかなり厄介です。その上、彼らはCLがないですからね。
ジョー・コールがどこまでやれるかはわかりませんが、開幕戦が新生レッズってのはかなり嫌です。


こんな感じでしょうか。
今季はなんか獲らないと、ボスの首がいよいよ危ない。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/13(金) 12:59:36|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナル、ヴェンゲル監督と契約延長 | ホーム | ビカムアレジェンド日記④>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/945-a1bb2f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。