VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯決勝:オランダvsスペイン

オランダ 0 - 1 スペイン

約1ヶ月に渡るサッカーの祭典は、スペインの優勝で幕を閉じた。数々のジンクスを破り、無冠の帝王といわれた情熱の国は、アイスマンの祖国を溶かし、初の栄冠を手にした。

オランダ、スペイン共に陣形は4-2-3-1。両チームともに現在考えうるベストの陣容で臨んだ。
スペインやバルセロナと対戦するチームは、いつも相手のサッカーを念頭に置かざるを得ない。スペインのサッカーを如何に封じ、隙をついて点を取るか。常にそんな図式を描かされる。オランダも、相手を研究したような立ち上がりになった。
しかし、この日のオランダのやり方は、スペイン相手に攻撃の姿勢を崩さない、ある種の意地を感じさせるものだった。
オランダの狙いは、中盤の密度を薄くすることだった。
シャビとイニエスタを両ボランチで押さえ込み、その前をスナイデルが引き気味に構えることで蓋をする。奪ったボールは一気にウイングの前方のスペースに蹴り込むことで、ボールをサイドに大きく動かし、相手の中盤を分断する。
ポゼッションサッカーでは中盤の数的優位を保つことが最高の鍵になるが、オランダはロッベンとカイトが両サイドから縦へのダッシュを繰り返すことで、カプデビラとセルヒオ・ラモスを両サイドバックの位置に釘付けにし、中盤を数的同数に持ち込んで勝負した。
対するスペインは、うまく回せないながらもハイラインを敷くオランダDF陣の裏を一本のパスで突くというシンプルな形に切り替えてゴールに迫る。

前半はオランダペース。戦い方から判断するに、ファン・マル・ヴァイク監督は、90分でけりをつけるつもりだったのではないだろうか。
この戦い方が90分やそれ以上もつとは、とても思えなかったからである。

そして後半。前半とは対照的に、今度はスペインがサイドを何度も駆け上がり、ペースを掴む。
これまで攻め込んでいたオランダの両ウイングを守備にまわらせるには、対峙するサイドバックが攻撃を仕掛けるのが一番だ。サイドからリズムを作ったスペインは、徐々に選手の追い越しが増え、バックラインも高めを維持できるようになってきた。
しかし、オランダもスナイデル→ロッベンのホットラインを活かし、相手を自由にさせない。
スペインは14分にペドロに替えてナバスを、オランダは25分にカイトに替えてエリアを投入し、お互いに均衡を破ろうと試みるも、寸前のところでゴールに結びつかず、延長へ。

オランダは右サイドのロッベンと、スナイデルのコンビネーション以外にそれほどチャンスが作れず、90分をフルに動き回った選手たちは疲労の色が濃くなり、ファールも増え始めた。スペインは、ユーロ王者の威厳なのか、攻められているときにも慌てず、それが奏功し、体力はいまだに残っていた。

結局、試合を決めたのは体力だった。

スペインの優勝を受け、日本では華麗なるパスサッカーが世の中を席巻している。日本のお手本という表現はあとをたたない。

だが、僕は思う。美しいサッカーとは、細かくパスを回すスタイルだけなのだろうか。
スペインのように、バルセロナのように、ボールをポゼッションしてゴールに迫る姿のことを、美しいサッカーと呼んできたのか。それは違う。
確かに、彼らのサッカーは美しい。組織美と言っても過言ではないだろう。
しかし、オランダのワイドでシャープなボール運び、サイドでの個人技、スナイデルの右足から放たれる、美しい放物線を描いてゴールを演出するパスも、僕には美しく思えてくる。

あくまでトレンドは、ポゼッションスタイルだ。しかし、美しいサッカー=パスサッカーは間違っている。優れた戦術の数だけ、美しいサッカーはある。
この日オランダがみせたスペイン対策は、とても美しく、また、とても期待感溢れるものだったと、僕は声を大にして言いたい。
勝てば官軍の精神は、日本サッカーにこそ根付いてしまっている。
オランダだってよくやった。だからこそ、スペインも素晴らしいパフォーマンスを発揮した。


今大会は、ジンクス破りと誤審と護身の大会だった。
この試合でも、ゴールを生み出すきっかけを与える誤審が発生した。それが残念で仕方が無い。オランダは三度目の正直でなく、二度あることは三度あるを、誤審の後押しを受けて思い知る形になった。
それは本当に残念で、悔やんでも悔やみきれない。


オランダを批判するのは簡単かもしれない。
しかし、見るべき部分は他にもあるはずだ。
この課題が、次回のブラジル大会では少しでも改善していることを願う。そして、オランダの初優勝を、是非とも見せてほしいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 03:22:40|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今朝の | ホーム | W杯決勝・プレビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/917-4b4317e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。