VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オランダ vs 日本

オランダ 1 - 0 日本


サッカーという競技が、45分だったら…。
そう思わされる試合だった。

日本もオランダも、第一戦と同じ布陣。


この日の日本は守備のラインを的確に定め、ハーフウェーラインの手前に侵入してきた相手に対しては積極的にプレスを仕掛け、スナイデルには阿部がきっちりと体を寄せ、前を向かせない。
超守備的な日本には、さすがのオランダも攻め手を欠いた。ファンペルシにもなかなかボールがおさまらず、サイドへの広がりも今一つ。
逆に日本は松井が躍動。日本の攻撃を指揮し、守備では駒野と連携してブロンクホルストを押さえ込んだ。サイドバックに上がらせなかったことも、オランダを封じる良策だった。中盤の枚数で上回る日本は、わりと簡単にオランダを止めていた。


まさに前半は狙い通り。日本は主導権を握りかけていた。
ところが後半8分、CL王者を手にした、日本が最も警戒していた男に、ゴールを許してしまう。


闘莉王が弾いたクロスをファンペルシが拾い、日本はすぐさまディフェンスに入るが、ボールはスナイデルの元へ。
守備を意識するあまりディフェンスラインに吸収されたボランチの前がぽっかりと空き、そのままダイレクトでシュート。無回転で飛んできた強烈なボールは、川島のパンチングを弾いてゴールに突き刺さった。


前半から本田に全くボールがおさまらず、松井が起点になる以外にチャンスを作れなかった日本は窮地に立たされた。


日本は失点後、松井に替えて「タメとフリーキック」を期待して中村俊輔を投入。さらに長谷部、大久保に替えて岡崎、玉田を投入。なぜ、岡田監督は森本というカードをいつも切らないのだろうか。国民が今最も期待しているのは森本であるはずなのに。
岡崎は後半終了間際にきわどいシュートを放ったものの、俊輔・玉田に関してはほとんど何もしていなかった。
交代カードの有効活用は得意ではないようだ。


本田の1トップにも限界を感じざるをえなかった。裏に飛び出すタイプではない本田をこの試合で1トップに据えても、周りも攻める気が無いので孤立するだけだった。


攻めなければ、もちろん守り切れる。

結果は当たり前だ。オランダは無駄なリスクを犯さなかった。それでも後半、日本はアフェライに二度も危険なシーンを作られている。
善戦と呼ぶには、目に見えない差が、やはりあった。

次のデンマーク戦、日本は戦い方を変えないで当たるべきだろう。ラインを深く保ち、絶対に安易なハイラインは控えるべきだ。


攻撃に関しては、縦へのスピードをさらに追求する必要がある。遠藤、中村は攻撃を遅滞させるきらいがあるので、カウンターをしっかりたたき込むべきだろう。


デンマーク戦は相手も必死。しかし、データで見れば、初戦を取っている日本が有利だ。



グループリーグ突破も十分見えてきた。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/20(日) 13:20:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若者のすべて | ホーム | 日本のいいとこ・悪いとこ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/899-df799b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。