VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本 vs 韓国

日本 0 - 2 韓国


醜態。まさに今の日本を形容するに最適な言葉だ。

敗戦後、岡田さんは犬飼会長に「続けていいんですか?」と進退伺を立てたという。

これが、代表をしきる監督の姿である。韓国に敗れたことによって、彼の中にあった青写真も破られてしまったのだろうか。

しかし、サポーターは知っていた。
岡田さんの青写真など現像できないということを。


今さら何を言っているのだろう。なぜ、彼は一度目の韓国敗戦後に自ら辞任をしなかったのか。なぜ、自らの将来を自分で決められないのか。


彼の行動は理解不能。組織を束ねられる技量は彼にはない。


ついに決断の時だ。
ワンワン吠える犬も、もはや吠え疲れてしまった。岡田さんは自分から辞めるしかない。
それが民意なのだ。





ゲームを振り返ってみよう。
日本はケガの闘莉王に代えて阿部を、内田に代えて長友を右サイドバックに据えて、左には今野を持ってきた。この時点で僕には疑問しか残らなかった。
なぜ左が今野なのか。のちの交代で駒野を出していたところを見ると、先発でも充分使えたはずだ。そもそも、駒野を途中出場でだす意味が分からないのだが。
この日良かったのは長友と森本、及第点は本田と大久保だけだ。

岡崎は効果的なランニングが少なく、遠藤はもはやボランチとしての役割を少しも全うしていない。

何より酷かったのは中村だ。ボールへの反応、パスをもらう動き、ボールを受けてからの判断全てが最悪だった。しまいには、中に入ってきてサイドを突かれる始末。前半で交代されても文句の言えない内容だった。


この布陣の弱点は左サイドの脆さだ。遠藤はディフェンスにおける貢献度でいえばほぼゼロに等しい。
彼がボランチでやるには、フィジカルも危険察知能力も足りない。


さらに、大久保は攻撃的な要素が強いため、守備は期待できない。となると、左サイドに枚数をかけて攻撃された場合に、左サイドバック一人で守ることになる。これから1ヶ月超を格上との対戦に費やすのだから、一人で守りきれるわけがない。

その点右サイドは豊富な運動量の長谷部がいる。
個人的には長谷部はもうちょっとやってくれると思ったのだが、全体のバランス維持に奔走させられていた感は否めない。


1点目のみならず、日本はボールホルダーに対して過剰に人数をかけるシーンが少なくなかった。
人数をかけることは、必ずしもディフェンスを強化するものにはなりえない。なぜなら、一人一人の集中度は、集団でディフェンスすることで下がってしまうからだ。
人数はかけても2人。それ以外はカバーリングだ。
日本代表は中途半端に密集して人数を割き、その中途半端を突かれてパクに目の覚めるような一発を食らった。小気味よいとはまさにこのことだ。

負けているにも関わらず、日本はDFラインでの無意味なパス回しに終始した。
考えられない。縦パスが全く入らなかったのである。そればかりではない。全体の動きが異様に少なかった。
これでは連動など夢のまた夢だ。
フィジカルや個人技においても、韓国に圧倒的に負けていた。


Jリーグから選手を選ぶのは結構だが、世界に通用するのかどうかをもう一度考えて欲しい。


次はイングランド。負けても恐らく、さほど問題視されないだろう。
しかし、それがワールドカップレベルで、日本代表はベスト4を目指しているチームなんだということを忘れてはならない。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 11:20:05|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファブレガスが移籍するなら | ホーム | CL決勝:バイエルン・ミュンヘ ンvsインテ ル・ミラノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/871-ee27f8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。