VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CL決勝:バイエルン・ミュンヘ ンvsインテ ル・ミラノ

バイエルン 0 - 2 インテル



なんという呆気ない試合でしょうか。
ここ最近のCL決勝2試合、ちょっと決勝らしからぬ感じの展開でしたね。


去年も同スコアで90分以内の決着。今年もまたしかり。
前評判というか、因縁めいたものが試合前から取り沙汰されすぎていて、ちょっと内容的には名前負けみたいになってしまいました。

理由はやはり、スペシャルワンの戦略でしょうね。

試合開始から、あのインテルが攻勢に出たことによって、バイエルンは出鼻を挫かれてしまいました。ディフェンシブなフットボールをすると言われるあのインテルが、一転攻撃に枚数をかけてきた訳ですから、バイエルンの選手達は混乱したんじゃないでしょうか。

しかし、そこで点を取るのがインテルの目標ではありません。もちろん得点するに越したことはないですが、狙いはもちろん、この重要な一戦に堅く入ろうとした相手をおびきだすこと。
開始から10分から20分以降、インテルは相手にボールを持たせ始めます。
バイエルンはこれをチャンスと見て一気に攻勢に出ますが、そこでギャップを突かれてしまいました。


といっても、一点目はデミチェリスのプレーがお粗末極まりなかったことですが、あの位置でCBとFWがほぼ同数ってのはいかがなものか。
ファンボメルもシュヴァイニーも、なぜかバイタルエリアを空っぽにしてたんですよ。その時点で守備がいかに良くても、ロングボールからチャンスを作られやすいことは明確でしたね。
セーザルのキックで一気にミリート、スナイデルの二人に崩され呆気なく失点。

インテル相手に先制点を許すことが、どれほどの代償を払うことになるか、バイエルンの選手達は理解していなかったようです。
おそらく、彼らには自分達が“攻めれている”感覚を持っていたと思います。しかしよく考えて欲しいのは、世界最高のポゼッションサッカーを誇るあのバルサですら崩せなかったインテルの鉄壁ディフェンスを、個の打破にかけるバイエルンが突破できるのかということです。

しかもこの日はリベリが不在。実質ロッベンだけしか有効な手立てがありませんでした。

シュヴァイニーを左サイドに持ってくる方が、はっきり言ってよっぽど恐かったでしょう。
さらに、ロッベンは右サイドに張り付いているだけで、ポジションチェンジからの隙を突く攻めは、最後の5分まで見られませんでした。加えてラーム以外のDF陣の低調なパフォーマンスに、アルティントップの中途半端さ。磐石なインテルに対して、やはり役不足の感は否めない格好になってしまいました。


いっそアルティントップを左サイドバック、シュヴァイニーを左のハーフにして、ボランチをデミチェリスとファンボメルを持ってきた方が良かったんじゃないかと。特にこの試合、一番期待が持てなかったのはバイエルンの左サイドバックがボールを持った時でした。

バイエルンには、CL決勝レベルに達していない選手が何人かいましたね。
個の差に加えてモウリーニョですから、ちょっとこれは厳しかったなという印象です。

これでモウリーニョは有終の美を飾り、マドリーへ。


一つ気になるのは、カペッロを解任した理由が「守備的で面白くない」というものだったのに、モウリーニョを招聘するというのはどういった魂胆なんでしょう。

モウリーニョが攻撃的なサッカーをするのかな?


にしても、ますます楽しみなモウリーニョさんでした。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/24(月) 07:42:12|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日本 vs 韓国 | ホーム | アーセナル、シャマク獲得>>

コメント

そんな内容だったとわ・・・・
バイエルンがCL決勝で上がってきたのは意外だったが、やはりインテルだったか・・・・。
つーかバルサ破ったなら、その時点で優勝で良かったんじゃね?w

日本のサッカーってなんでこんなにもレベルが低いんだろうってつくづく思うよ・・・・w
  1. 2010/05/25(火) 01:11:38 |
  2. URL |
  3. エドモンド@眠り馬 #-
  4. [ 編集]

>エドモンド@眠り馬

とにかくバイエルンは望み薄だった。笑

ていうかさすがにインテルさんには勝てない!笑



日本…もぉ出場権はアイルランドにあげようぜ。
  1. 2010/05/25(火) 12:20:01 |
  2. URL |
  3. 管理人マシオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/870-100c6798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。