VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ミハスの落日」

ミハスの落日 (新1潮文庫)ミハスの落日 (新潮文庫)
(2010/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


久しぶりの貫井さん。これは諸外国を舞台にした短編集です。
一話目は表題作のミハスの落日。完全に物語を読ませる話で、トリック自体は完全にやっちゃった感じでしたが、文章的には読みやすくてよかったです。けどやっぱあのトリックってかシメはないわ。笑
あとがきでも貫井さん自身が、このネタは普通にやったらキレられるだろうなみたいなこといってました。笑
ご本人がミハスに足を運んだこともあって、風景の描写には多々リアルなところがあって、ちょっとスペインに行ってみたいなとか思わされてしまいました。
二話目は面白かった。気持ち悪こいつ!とかおもったけど、そのぶん的確な印象を受けました。これは結構やられたかも。貫井さんの得意な感じでしょうか。それと読んだ人は思うでしょう、「お前もかいっ!」とね。笑
三話目は「光と影の誘惑」という短編集でも登場した保険の調査員の話。
話のもって行き方的にめちゃめちゃトリックに期待したんですが、拍子抜け。ドラゴンヘッド並みに拍子抜けでした。笑
けど各々のキャラと、主人公のつく悪態がめちゃめちゃ好きです。
四話目は個人的に一番お気に入りです。動機に若干の薄弱感はありましたが、全体的に一番楽しめました。魅力的な謎と手の止まらない展開。そして最後は大オチ。きれいな形の短編でした。
五話目は四話目に負けず劣らず面白かったです。こっちのほうが動機は確立されていた気がします。なんと言っても伏線の決まり方が気持ちよかった。これはこういうことだったのかという。善人をひっくり返すこのオチには完全にやられました。
トータルでみて楽しめる作品でした。次はいつになるかな、貫井さん。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/15(土) 14:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ソロモンの犬」 | ホーム | 久々飲み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/862-a2fec539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。