VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知将

CL準決勝1st Leg は、モウリーニョ率いるインテル対王者バルセロナでした。

結果はホームのインター・ミラノが勝利。ここでもモウリーニョの完璧な采配が光りました。
僕は一回戦のチェルシー戦をスポーツバーで観たのですが、あの試合でもモウリーニョは相手の手薄なサイドを狙うと見せかけ、まさに得点の瞬間、一気に逆サイドを破るという作戦で、その手腕を見せ付けました。

思うに、知将とは彼のように、変幻自在に戦術を操れる監督のことを言うんじゃないでしょうか。
ヴェンゲルも知将といわれることの多い監督ですが、僕としてはそのイメージは余りありません。というのも、先の考え方で言えば、彼は知将の条件を満たさないというか、僕の考える知将とはまた違った戦い方をするからです。
ヴェンゲルは、「ウチはこういうチーム。さて相手はどうでてくる?」というようなやり方に感じます。シーズンを通して戦術が変わることがほとんど無いからです。どちらかといえば「自分たちの力を100%だせば負けない」という哲学を持っていそうな気がします。
ですからなんとなく、ヴェンゲルは名将ですが知将ではない感じがします。戦術家でもないですね。

今季のアーセナルも無冠ですが、僕は応援し続けます。僕が大学を卒業するまでにはPL優勝はもとより、ビッグイヤーも手にして欲しいですね。

モウリーニョやペップのように、相手に合わせて戦術を変えられるフレキシブルさ、今のアーセナルには残念ながらないですね。

しかし、ヴェンゲルはDFの強化を明言したので、今夏はちょっとお金使いそうですね。
それより、メディカルを補強してくれ。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 21:16:18|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦略 | ホーム | 今日の不快だった出来事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/841-b20afa58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。