VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛するサッカーを仕事にする本《追記》

愛するサッカーを仕事にする本愛するサッカーを仕事にする本
(2008/07/25)
フロムワン

商品詳細を見る


昨日買いました。

予想外の出費だったけど、1500円だし、この先の職に、何十何百万円繋がるかもしれないと考えたら安いものに思えて買いました。笑


この本を母に見せたら、「まぁこの業界でやれる人は限られた人なんでしょうね」みたいなことを言われました。父に見せたらさほど反応がなかった。
うちの親って妙に保守的な気がする。俺がサラリーマンになることを望んでいるみたいな。
別にサラリーマンがいやなんじゃないんですけど、もっと他にやりたいことがあるって話しで。
しかも、結局就活して企業に入った人だって、その会社に選ばれた人なわけだから特別な人なんじゃないかな。それならその人たちも狭き門をくぐった稀有な人なわけだし。
その中で果たして自分にどんな仕事ができるか、自分は何を目指していくのかを考えたときに、僕にはどんな企業であっても今ンとこ頑張る気が起きないわけですよ。だから愛するサッカーの素晴らしさを伝えられる仕事に就きたいと思ったわけです。じゃなきゃバイト感覚になる。

自分の能力を注ぎ込みたい、勝負したいと思える職業に就きたいわけですよ僕は。
それを目指す前にやめられるかって話でね。頭ごなしに否定されると余計にやってやろうって気になりますね。

自分が素晴らしいと思えない、どうでもいいものを人に「素晴らしいものです」と推薦することなんて僕にはできません。だから自分自身が本当に素晴らしいと感じる、このサッカーという競技をもっともっと日本に広めたい。そして、アジアの強豪ではなく、その枠をいつしか超えることに貢献したいわけです。
それを可能にするのは選手、監督だけじゃない。そういった、一種の志がなければ、仕事なんて僕にはできそうにありません。これはバイトをやっていて感じたことです。「自分には関係ない」みたいな態度で仕事はできないし、したくない。そのためには、自分が好きなものを仕事にするのが一番です。

その発見に、この本は役に立つのではないかと想い購入しました。まだ全部は読んでませんが、なんだかわくわくしてきました。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/06(水) 20:38:12|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日から学校 | ホーム | 君に届け~少女マンガのススメ②~〈追記あり〉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/775-f61510fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。