VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それでも僕は、ガナーズを愛する

さっき、サッカーグラフィックのモバイルサイトで、先に行われたビッグロンドンダービーについてのコラムがあった。
内容は、散々にアーセナルを酷評し、チェルシーを崇め奉るようなものだった。
アーセナルは選手層が薄いだの、監督がよくないだの、夢にうつつを抜かしてるだの、ガナーからしたら腸の煮え繰り返るほど腹立たしく不快な内容だった

僕はここに、抗弁の論を書き綴ってやろうと思う。

まず、金があるチェルシーと金のないアーセナルを比べて、選手層が薄いからダメだというのはお門違いだ。
なぜならそれは、選手のせいでも、ヴェンゲルのせいでもないからだ。
もちろん、外資の力を借りて、というかチームを金満オーナーに売り渡してしまえば強化なんて簡単だ。チェルシーレベルになることなんて造作もないだろう。しかし、それでは意味がない。まったくもって意味がない。

このモバイルサイト、以前にレアルマドリードのペレス会長が行った大型補強に対して、サッカーをビジネスにするのかと散々に文句を言っていた。しかし、ことチェルシーになると、勝っているからか知らないが、全くそのような批判をしないのだ。マドリーもチェルシーも、負債の額が凄まじいのは周知の事実である。ましてやこの不安定な経済情勢では、いつスポンサーがいなくなるかわかったものではない。さらに、若手主体のチームにおいていきなり補強をしてしまったのなら、競争心を削ぎかねない。たしかに、先のチェルシー戦だけを見れば差は歴然だったかもしれない。だが、長期的視野でみれば、僕はアーセンのやり方が間違っているとは思わないし、批判を受けるのは間違っていると思う。

さらに、このコラムでは「敗戦後には苦しい言い訳をしてしまうヴェンゲル」などといっているが、これもまた、全くもって馬鹿げている。チームのトップたる監督が、自らのチームの非を簡単に認めていいはずがない。そして同時に、彼は自分が批判にさらされることで、若手選手を庇っているのだ。しかもこのコラムでは、「ヴェンゲルがドログバの同試合における活躍を分析しなかったことは、両チームの実力差を物語っていた。」と言っているが、なぜ試合直後の会見でドログバを批判したことが「分析しなかった」ことになるのか。全くもって理解できない。これは安易な言い換えとしか言いようがない。

そしてもう一つ。このコラムにはアーセナルサポーターを納得させない部分がある。
「ヴェンゲルが掲げている若手主体の華麗なサッカーは、ハマれば誰をも魅了する。しかし、相手がマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーとなると、いとも簡単に封じ込められてしまう現状がある。」
この記事を書いた人間は、全く試合を観ていないのではないか。確かに、チェルシーにはうまくやられてしまったかもしれない。しかし、今季のマンチェスター・ユナイテッド戦、明らかに試合を支配し、勝利まで後一歩のところまで来ていたのはアーセナルだ。不運なミスと納得いかないジャッジで負けはしたものの、明らかにマンUは手を焼いていた。少なくとも「簡単に封じ込めた」は誇張である。

しかも、いかなる強豪でも、左サイドバックやセンターFWと、一箇所に怪我人が続出すれば、いくら選手層が厚くても戦力が落ちるのは当たり前ではないのか。その点に言及しない意味が分からない。
チェルシーが左サイドバック二枚を怪我で失ったら?センターFWを二枚怪我で失ったら?アーセナルと同じ状況になるはずである。

多分に運が絡む状況において、現在だけを批判するのは正当性を欠いている。この試合のみを批判するならまだしも、チーム全体をこの一試合から批判するのはとても納得のできる話ではない。

この記事を書いた記者は、おそらく視野の狭い人間だろう。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/07(月) 20:38:29|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テレビの中と現実と | ホーム | 点と線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/743-76ba1d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。