VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本 vs ガーナ

昨日はバイトでして、帰ってきてから全部ビデオで観ました。

うーむ、逆転したのは素晴らしい。ですが、内容はと言うと、なかなか釈然としない。
というか、こうなることは予想できない感じでした。
正直言って、前半はガーナが組織で攻めてきていたことが、日本にとっては有利だなと感じました。
アフリカではまだ稀有な組織で戦うチームなのかもしれませんが、日本にとっては自分たちの土俵で勝負してくれたような感じで、身体能力というガーナのストロングポイントが活かしきれてなかったなと。だから後半はシンプルにギャンに放り込んできて二失点でしたよね。

今回の日本の良かった点は、オランダ戦と比べて、二列目からの飛び出しが多かったこと。
特に、ボランチの長谷部と、中盤を自由に動き回っていた中村憲剛は、飛び出しに関してはかなり良かったです。
さらに、FWをツートップにして、ターゲットマンをおくことで、前田が張る、岡崎が飛び出すという明確な意図が布陣に感じられました。そこは今回、岡ちゃんナイスと偉そうに思ってしまいました。
ミドルシュートの多さも、この試合、かなり際立っていました。
W中村は、ミドルを決められる技術を持っていますから、今日のようにどんどん打っていけばいいと思いますね。

パスで崩したいなら、中盤で当てて中盤に落とすっていう短い距離での楔も必要かと。前回も言ったように、日本の攻撃は単調すぎるところがあります。なので一回敵の目を引き付けて展開することが重要だと思います。まさにバルセロナの中盤がやっているみたいにね。

展開の際のロングボールの精度がひどいなぁという印象も受けました。もったいないのでああいうのはしっかりしてほしい。

布陣についてですが、オランダ戦は4-2-3-1の〔3〕の両翼に縦に抜ける力がなく、〔1〕はターゲットマンではなく動き回るタイプだったので、岡崎が飛び込むスペースが消えてしまっていたのと、二列目の飛び出すタイミングが掴み辛いというのがありまして、その点は戦術的失敗もかなりあるかなぁと。
逆に今回のガーナ戦では、ツートップにして前田を置き、飛び出しに秀でた岡崎に積極的に前に行かせるという意識が見えたので、効果的だったかと。

後半はもうほんとにCBが良くなかった。
中澤は勝てないのに体で行くし、トゥーリオはもう…。
おまけに、サイドバックが攻めあがるのはいいんですが、センタリングの精度が低すぎる。しかも、あの代表はいまだにCBにボールが入ったときにボランチのもらいにくる動きが遅すぎる。パスサッカー主体のチームは、攻撃するためにCBに戻しますが、日本のそれはただの弱気なパスにしか見えない。あれはいい加減改善して欲しいですよね。

今回の収穫は間違いなく稲本でしょう。
なんか途中、ムンタリと競って弾き飛ばされたあとに、アナウンサーが「身体能力が高いと言われている稲本ですら、ムンタリに簡単に飛ばされてしまいます」とか言ってましたけど、後ろから助走つけて飛んできたんだから当たり前だろって話ですよ。笑

オランダ戦、本田がバランスを何とかって言ってましたが、普通に考えればより攻撃的なカードを切ったのに守備的な交代をしなかった岡田監督が批判されるのが当たり前じゃないですかね。
僕は正直、本田を入れたならボランチにイナをいれてほしいなって思いました。本田に守備を期待するなんて馬鹿げた話ですからね。

そうそう、この試合であれだけみんな積極的にミドル打ってたのに、一人だけ全然打たなかったのが遠藤なんですよ。そこがなんかヤダ。遠藤は攻撃に関して、自分で決めようと言う気概が感じられません。だから魅力を感じないんですよね。

それと、中村俊輔はちょっと黙ったほうがいいんじゃないですかね。
なに夢がかなって調子に乗ってんですか。日本が逆転したのはあなたが退いてからですよ。
あなたはカカやC.ロナのように自分ひとりで試合を決められる選手じゃないし、ましてや日本サッカーはキングダムフットボールでもないんだから、中心的な意識はもうチョイ控えたらどですかってね。笑

まぁたしかに、彼もしっかり守備やってるんで本田にもの申したい気持ちは分かりますがね、それにしても森本への発言はいただけない。お前は誰だよと。

チーム内でコミュニティを作るような動きは日本のようなチームには大問題ですから、そこはマネジメントして欲しいところです。



この試合で逆転勝利したこと、強豪に競り勝ったこと、控えが結果を出したことは大きなプラスですが、崩して点が取れなかったことと、CBのフィジカルの強い選手はの対応やセットプレーの守備には依然として課題があります。
それでも、一人に対して二人で早いチェックに行くと言うのは徹底されていたので、それが見えたのは収穫だなぁと思いました。


次はトーゴ。アデをCBの二人がどう抑えるかが注目です。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/10(木) 12:15:53|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々フットサル | ホーム | TDS>>

コメント

サッカーとは関係ないけどカエラちゃんと瑛太が……!

びっくりですねw(゜O゜)w
  1. 2009/09/10(木) 13:18:07 |
  2. URL |
  3. :) #-
  4. [ 編集]

>:)さん
ビックリだよね!
お似合いだからなんとも(*´∀`*)
  1. 2009/09/10(木) 13:28:20 |
  2. URL |
  3. 管理人マシオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/665-6031cc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。