VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鬼流殺生祭

鬼流殺生祭 (講談社文庫)鬼流殺生祭 (講談社文庫)
(2002/06)
貫井 徳郎

商品詳細を見る
久しぶりの更新です。
今回も貫井徳郎さんです。とりあえず貫井さんの作品を制覇したいと考えております。
鬼流殺生祭は、明治初期の日本が舞台でして、貫井さんの作品ではお初な感じです。
まず読後の感想。面白い!!いや、トリックや犯人はだいたいわかるんですよ、流れ的にも状況的にもね。しかしそれでも、犯罪のもっとも根源的な部分、「なぜ?」の部分が練り上げられていて、素直に楽しめました。
むしろ物語の進め方からして、この部分にもっとも焦点を当てたかったのではないかという印象を受けました。
トリックなんですが、これは既出かつ超有名なものでした。ただし元祖よりも時代設定や舞台設定からみてさらに「有りうる」状況なので、幾分目隠しされていますが。
この物語の主人公である九条と朱芳のコンビ、僕は好きです。二人ともなんだか落ち着いてるし、さりとて遊びにも事欠かないような、一見ぼやっとしていながら実は達者なところ。二人の会話が楽しくて、一気に読んじゃいましたよ。
この二人の登場する小説は「妖気切断譜」というのが第二段なのですが、今は「殺人症候群」を読んでいます。
読み終わったらまた書きます!
では!!
スポンサーサイト
  1. 2009/06/14(日) 02:04:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<欧州移籍市場 | ホーム | 日本vsウズベキスタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/595-a97bf361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。