VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーセナルvsチェルシー

一昨日やっとゲームを観ました。

アーセナルは逆転するまで終始圧されっぱなしでしたが、逆転したあとは元気が出てきていい動きができてましたね。

今回の試合、やはりデニがひどい。サイドアタックははなから期待してませんでしたからいいとしても、そもそもイージーなミスが多すぎ。しかもそれが攻撃の始まるポイントだったり、サニャが上がったところだったり、タイミング的に最悪の場面でやっていたのが気になりますね。明らかに一人だけやっちゃってましたからね。あれならヴェラかウィルシャーを右に据えても面白かったと思います。無駄なところでシミュレーションしたりしてましたからねデニ。

一方、デニの替わりに中盤の底に入ったソングですが、彼は比較的良かったと思います。闘争心も感じられましたし、タイプとしてはラサナ・ディアラに似てましたね。

また、オウンゴールをしてしまったジュルーですが、あれはしかたないとして他のプレーは問題なかった、むしろ上出来だったと思います。急遽で久しぶりのプレミアリーグでしたが、存外落ち着いてプレーしてましたね。彼はわりと好印象でした。

いずれもロングボールからの得点でしたが僕はそれの方がむしろいいと思いました。
やはりパスに凝り固まっているとワンパターンになってしまうんでね。マンU、チェルシーはそこらへん、負けそうになった時の点の取り方がうまいんで、ロングボールからの得点も良かったと思います。

一方のチェルシーですが、ミケルを下げたのはでかいミス。

僕は日本代表の布陣から再三言っているように、守備の選手を抜いて攻撃的な選手を入れることが、必ずしも攻撃的なスタイルとは限らないわけですね。

ミケルを抜いたことによってランパード・バラックが自由に動けなくなった、そのことによってマルダの飛び出しも生きなかったというわけですね。

あの交代は単純すぎるミスでした。

まぁ助かりましたがね。

スタンフォードで勝てたのはほんとに大きい。これからやりやすくなりますね。

この日ドッピエッタを達成したファンペルシーは前半から本当に調子が良かったですね。ボールに絡むシーンがたくさん見られました。素晴らしい。やはりアーセナルのツートップはこの二人ですな。

ナスリは守備に追われてましたね。というのもボシングワがとてもいい動きをしていたので、それはしょうがないかなって感じですね。

この日プレミアリーグに初めてキャプテンとして入ったセスクは、キャプテンを背負っているという自負があるかのようなプレーでした。とくに積極的なシュートへの姿勢、絡み付くような守備、そしてプレースキック。
キャプテンになって無駄なファールも減りそうですね。

といってもここで勝ったことに今後の試合結果で意味を持たせなければいけません。

次はウィガン戦。ヘスキーを押さえて久しぶりにアデのゴールが見られれば勝てると思います。

チェルシー戦の集中力を保って行ってほしいですね。
必勝!
スポンサーサイト
  1. 2008/12/05(金) 09:06:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナルvsウィガン | ホーム | アーセナル、ビッグロンドン制す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/542-f6bdf542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。