VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本vsタイ

いまさらの更新で申し訳ないです。。

日本はセットプレーから闘莉王、中澤のヘッドで前半のうちに2-0とし、後半には中村憲剛が決めて3-0で勝利しました。

まず言いたいのは、あの布陣はなんだ。
前線には俊輔・松井といういわば超攻撃的な選手が並んでおり、彼らは守備をすることよりも攻撃を組み立てたり仕掛けたりしていくことで存在感を発揮するタイプなので、どうしても守りと言う面で見ると疎かになってしまう場面が多いんですよね。ですから彼らを攻撃に専念させられるように、より守備的な選手を配置しなければならないわけです。

これは2006ドイツW杯でジダンが活躍し、またフランスが躍進するために不可欠であったマケレレとヴィエラの存在と同様のものですが、攻撃しかやらない選手というのはある意味諸刃の剣であって、攻撃の際は絶大な違いを生み出すものの、ひとたび相手にボールが渡れば一気に普通の選手になってしまいます。そうゆう状況を放っておいては世界では戦えません。数的不利となった時点で失点のリスクが跳ね上がるのが世界の強豪国との戦いですからね。俊輔や松井のセンスを活かしきるには、守備的な選手の同時起用が不可欠なのです。

なので、僕は4-2-3-1という布陣には賛成ですが、『2』の部分が遠藤と長谷部というのはいささか疑問を感じます。今回は相手がタイでしたから失点こそ無かったものの、今後強豪国を相手にする際はこの布陣は危険でしょうね。実際、この試合でもディフェンスとボランチの距離が気になるシーンは結構ありましたからね。


そしてさらに、これは何度も言ってることなんですが、流れからのゴール少なすぎ。
この試合でも流れからのゴールは最後の一点のみ。不安ですね。ほんとにワールドカップ出る気あるんでしょうか。いや、出る気しかないんじゃないかと思ってしまいますね。
本大会に進んだとしたら、セットプレーなんてほぼ通用しないですよおそらく。てかセットプレーのたびに上がってきてたら、CBの二人も本職がままならなくなりますしね。
流れの中からゴールが生まれない最大の理由は、選手たちが考えてゲームを作っていないからでしょう。一手二手先を読むような計画的なアプローチがまったくなされていない。
これは普段の練習から意識して訓練しないと絶対に身につきませんし、はっきり言って今の監督にはそれを身につけさせるスキルも意図も感じません。戦術的なアプローチが必要だと思います。



やはり、強豪国というのは自国のストロングポイントがどこにあるかを認識していまよね。
しかし現代のサッカーでは、ストロングポイントを活かすための第二の発想が求められているように感じています。ですからその点、いまだストロングポイントすら見出せていない日本代表および現監督にはあまり期待できません。



このまま行けば最悪の場合、日本では2010年のワールドカップは放送されないかもしれませんね。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/16(月) 00:02:54|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川淵キャプテン、岡田監督「オシム以上」 | ホーム | 日本vsカメルーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/452-6938849d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。