VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スウォンジー vs アーセナル

スワンズ 1 - 2 アーセナル

難所リバティーで、完璧な崩しからの得点で勝利。
クリーンシートはまたも逃したものの、結果としては久しぶりの単独首位に立ちました。

まずは良かった点から。
何よりナブリーに得点が生まれたことが大きいですね。彼はストーク戦から自信を持ってやってましたし、ご褒美のような初ゴールでした。
セオの負傷で生粋のウインガーに若手しかいなくなったのに、全然見劣りしないプレーでした。宮市に活躍してほしい思いもありつつ、彼の成長は著しいですね。

それから、やはり好調ラムジー。好調な選手のシュートは、相手に当たってもゴールに飛んでいくんですよね。
何より、ボディバランスの向上がかなり大きい気がします。どんな体勢でもある程度の強さのシュートを打てる。これはかなりの武器です。彼がシュートを打てるプレイヤーであるということが認知されれば、DFは余計にやりづらくなります。結果として彼自身の選択肢が増え、より危険なプレイヤーになれる。ラムジーは今、かなりいいサイクルにあると言っていいんじゃないでしょうか。

さて、ここからはいまだにクリーンシートがスパーズ戦の1試合のみという守備面について。
今回の失点シーンは正直、メルティがなんとかできた気しかしません。ですが、相手にあそこまで簡単に入られてしまうサニャにも少なからず責任はある気がします。
全体を通してみたら、失点はアーセナルの左サイドから生まれそうな気がしていたのですが、意外や意外、逆サイドでした。というのも、ウィルシャーはここ数シーズンでもわりと最悪のパフォーマンスと言っていいくらい悪かったうえに、ギブスやほかの中盤2人と、マークの付き方で連携が取れていなかったように思います。なぜか中央にしぼっていたり、カバーがいないのにチャレンジしたり。そんなプレーが多かったので、左をいつか崩されそうだと思っていたら、計算できるはずのサニャのサイドから簡単にやられてしまった。
あのシーンではまず、サニャは絶対中を切ることに集中すべきでした。それでもまだ、中央に人数はいましたから、バイタルでボールを奪うことは可能でしたが、なぜか弛緩する中盤の選手たち。そしてこれまたなぜか、サニャはマークするのを止め、メルティは目測を誤りスローターン。このレベルであんな失点の仕方は、結構ひどいと思いますね。
この日のアーセナルは全体的に守備意識が低かったように思います。
守備の局面でほとんど効果的なプレスをかけれていませんでしたし、タイトさを欠いているような印象でしたね。

アルテタとフラミニとラムジーでも、わりとやれるんじゃないでしょうか。ウィルシャーはこの試合のプレーを続けるなら、正直出続けるのは難しい。なぜかイライラしているような印象でしたし、プレーにいつもの精度がありませんでした。

いずれにせよ、2位に2ポイント差をつけての1位。2ポイントなんて何の安全性もありませんが、このまま突っ走ってほしいですね。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 23:36:48|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本代表:欧州遠征を終えて | ホーム | アーセナル、WBAに勝利>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1284-ea43c958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。