VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不安定なアーセナル、なんとかFAカップは勝ちあがる

1/13(日)、シティに歴史的な敗戦を喫したアーセナル。
敵地で引き分け再試合となっていたFAカップ3回戦、スウォンジー戦に臨み、ジャック弾で辛勝しました。

正直こんなことではもはや喜べない状況ですが、それでも負けるよりはよいかといった感じです。

アルテタの離脱云々ではなく、現在の中盤ではバイタルエリアがすっかすかです。
というのも、アーセナルみたいな組織で崩すチームには、陣形が崩れやすいというデメリットがあります。これは基本的に、攻撃に人数をかけることで数的優位を作り、場面場面で鳥かごのような状態を作ることでDFを翻弄するといった攻め方なので、決められたポジションに鎮座することができないのです。
そうなると、例えば人数をかけて攻めた後は自陣に大きなスペースができることになります。ポゼッションサッカーで難しいのは、そういった場合にどのように対処するかということですが、基本の基本として“ディレイ”といって、相手ボールホルダーと一定の距離を保ちつつ自陣に下がることで、味方が自陣に帰ってくる時間を稼ぐのが定石です。
そうやっている間に陣形を整え、カウンターを封じるわけですが、今のアーセナルの選手は、ボールを取りに行ってしまうことが多くて、自ら相手の攻撃にスイッチを入れてしまうシーンが散見されます。

また、結局ディレイしても、陣形が整った後にボールを回収する選手がいなかったり、体で負けたりするのでいつまでも自分たちのボールにならないことも多々あります。

こんな状態では、正直ポゼッションサッカーは成り立ちません。というか、危なすぎるんですね。相手に攻め入る隙を与えているわけですから。

結局なにが言いたいかって、ソング不在がとっても痛いということです。
僕の見る限り、今のアーセナルの守備は崩壊しております。勝ったり負けたりしているのは相手の調子の問題で、今のアーセナルからは安定感を一切感じません。こんなチームが、タイトルを獲れるとは思えない…。

とはいえカップ戦はシーズンの調子に関係なく結果が出せるので、FAには注力する必要があるでしょう。
今のアーセナルでは正直、明確に主力と呼べるような選手がいません。なんとなくな力関係でスタメンが決まってますが、一時期ほど安定感がない分、誰が出ても似たような結果になる気がするんです。

ラムジーの持ち味の不明さはもはや折り紙つきですし、ジルー・ポルディにもむらがあります。
こんなアーセナル、本当に久しぶりです。

いい加減、何か希望を見せてくれ。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/17(木) 22:07:01|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<13/14シーズン、17日開幕! | ホーム | 新年のごあいさつ>>

コメント

総リンでお世話になっております

遅ればせながら、アケオメです。

手厳しい意見ですが、実に的を得ていると思います。ベンゲルさんに読んでもらいたいほどです。

チェルシーにもサニャの背後を狙われまくって完敗。ここはソングの後継者を獲るべきでしょう。

ガナーズの復興を願って、今年も宜しくお願いします。
  1. 2013/01/21(月) 22:26:09 |
  2. URL |
  3. タノモリケンシン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1270-014d7c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。