VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恥ずべき敗戦

カナリーズにシャットアウト負け。
信じられません。

今季いまだ勝利のない相手に、このやられっぷり。
アーセナルは決定的なチャンスをほとんど作ることができず、ヒュートンの術中にはまってしまいました。

堅くバイタルを封じられると途端に元気のなくなるアーセナルの攻撃。引いて守る相手を崩せないのは、ポゼッション主体のチームとしては致命的な欠陥です。

しかし、攻撃よりもまずは守備。
失点シーンは不揃いなラインとバイタルでのプレスの甘さ、キーパーの未熟さが併発した結果だと言えるでしょうか。
正直マンノーネ、全然だめです。
一試合二試合いいプレーをしただけでは、一流と認めるわけにはいきません。彼に関しては、そこのところがやや過大評価されているきらいがあると思います。
デビューシーズンのフラム戦で印象的な活躍を見せたのは記憶に新しいですが、それ以降はミスを連発していましたし、昨日も危険なプレーが多すぎました。失点シーンに関しては、相手のエースがいる方にボールをはじくなんてもっての外ですからね。

それから、アンドレ・サントスはSBとしては安心して使えるレベルにはないように思います。
とにかく一発で飛び込むのをやめてくれ。いくつか成功したこともありますが、そういう「いちかばちか」みたいな要素は極力DF時には避けるべきです。特にサイドでそれをやられて取れなかったとき、人がいない分一気にラインを下げざるを得ないので効率も落ちますからね。

中盤三枚は、ラムジーの役割が相変わらず不明瞭ですよね。そもそも彼には何を期待していいのか、何ができる選手なのか、イマイチ僕にはわかりません。
長所がないというかね。それゆえ彼にボールが入ってもあまり期待感が持てないんですよね。推進力もそれほどないし、かといってパスが正確なわけでも、創造性が豊かなわけでもない。おまけにディフェンスも軽いですから、ちょっとあの枚数の中盤で目立つには、役不足な気がしますね。

前線の三枚は相変わらず、なんか得点してくれるだろうという迫力に乏しい。
唯一ポルディだけはゴールへの意識が見えましたが、彼も消え体質なのであまり印象を残せませんでした。
ジルーに関してはちょっと放置した方が…。いまだ戦術を理解していないように思えますし、プレーも独りよがりというか、勘で出しているような時があるので、まだ成熟してない感満載なので。

いまのアーセナル、圧倒的なドリブラーみたいな選手がかけてるんですよね。
で、往々にしてこういった引いて守る相手を崩すのに必要なのは、一人で数的優位を作り出せる選手だと思うんですよね。バルセロナが引いた相手にも勝利できるのは、リオネル・メッシという世界一のドリブラーがいるからで、彼が侵入して来れば枚数をかけざるを得ないし、かけなければ彼にやられる、かけたらスペースができるというので、攻撃に選択肢が生まれるわけなんですよね。
でも昨日のアーセナルなんか見てると、どのみちパスでしか崩せないから、コースとスペースを潰しておきゃなんとかなる、っていう攻撃になってしまっているんですよね。

攻撃のオプションの少なさは、守りやすさを助長しますから、そういった意味で、アーセナルには戦うための武器が少なすぎるわけです。

唯一の朗報はウィルシャーがベンチ入りしたことくらいか。
次節にはサニャも戻ってくるかもしれません。
ジェンキンソンは不安な面もありますが、年齢のわりにはかなり頑張っていたように思います。そもそも守備はサントスより全然うまいし、クロスには可能性も感じられますからね。
ただし、最終ラインとの連携がまだいまいち。これはしょうがないんですが、メルティと並んでるとみていてひやひやします。

なので次節はサニャとコシェルニーがいいかな。

カソルラ、アルテタに関してはここのところ文句なし。特にアルテタに関しては、MR.縁の下の力持ちと言いますか、それこそ獅子奮迅の活躍ですね。


というわけで、こんな負け方、なんにも改善してない。
課題はいつも同じ。格下に負ける、簡単に失点する、追いつけない。

問題はいくつもありますが、これでホーム戦のチケットがプレミア1高いとか、詐欺なんじゃないのかね?
サポーターの納得は到底得られそうにないんですけど…。

ベンゲルが就任してからほぼ半分が無冠のシーズンになってしまってる現状、ムッシュはどうお考えなんでしょうか。
この試合がダメとかそんな短絡的な話でなく、コンスタントに勝利できなければ、タイトルなんて取れなくて当たり前なんですよね。
事実、ライバルたちは積極的な補強で「勝つ意思」をチーム全体やサポーターに示しているわけですよね。
そこらへんの意思表示が、アーセナルには足らないと思います。
ガス抜きが何もないままはや7年。ここいらで1つでも、サポーターを納得させる結果をだしてほしいです。

この調子じゃ、例年通りかもしれないけど。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/21(日) 15:11:55|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<新年のごあいさつ | ホーム | 【フランス戦振り返り】 勝っただけの試合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1268-5d31de93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【恥ずべき敗戦】

カナリーズにシャットアウト負け。信じられません。今季いまだ勝利のない相手に、このやられっぷり。アー
  1. 2012/11/23(金) 08:49:32 |
  2. まっとめBLOG速報

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。