VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーストラリア vs 日本

オーストラリア 1 - 1 日本


驚き呆れる、なんとも拍子抜けの試合だった。試合開始から後半途中までは、アジアの両雄の激突にふさわしい白熱した試合展開。オーストラリアがロングボールで一気に攻めたてれば、日本はじっくりボールをキープして隙を突く。中立の目線で観ていても面白いと感じられる試合だったのではないだろうか。
しかし、後半10分、試合は思わぬ形で動く。前半早々ブレッシャーノと交代したミリガンが、内田へのファールで二枚目の警告を受け退場。選手同士の接触ではあったが、いささか厳しい判定のようにも感じた。この辺りから、中東の審判特有のきな臭さが漂い始める。思いがけず数的優位を得た日本は、本田や香川を中心に攻めたてるも、なかなかいい体勢でシュートすることができない。パスは回しながら点が取れない、もやもやする展開を打ち破ったのは、絶好調・本田圭祐の仕掛けだった。20分、ショートコーナーの折り返しを受けた本田は、中央へのパスと見せかけゴールライン沿いに突破を開始。虚を突かれたDFは、ペナルティエリアに入った本田に足を出せない。本田の右足から放たれたパスは、DFの股を抜け栗原へ。それを栗原が流し込み、日本が待望の先制点を奪った。
 日本の歓喜に水を差したのは、アジアカップ以来の不可解なジャッジだった。オーストラリアのCKを日本が弾き返すと同時に笛が鳴り、オーストラリアにPKが与えられた。スローで観ると内田が相手を抱え込んでいるが、相手もまったく意に介しておらず、笛の意味すら理解していないようだった。このPKをあっさり決められ、試合は振り出しに。
 試合はロングボール一辺倒のオーストラリアに終始押されっぱなしの展開のまま、ギャグのような笛で幕切れを迎える。ロスタイム3分、オーストラリアのペナルティエリアやや右で、本田がFKを得る。この試合のラストチャンス。日本の期待を背負った4番は、壁に入った味方に指示を送る。
 するといきなり、審判は笛を吹きだした。しかも長く、何度も。
彼はルールを知らないのだろうか?ファールをしたオーストラリアに、いい結果になってしまったではないか。これではファールの意味がまったくない。完全に、試合に呑まれていた。
両チームはお互いの持ち味をだし、特に両4番は素晴らしかった。だが、そんな素晴らしい試合は、残念なジャッジによって台無しになった。もし後半、ミリガンを諭すだけで済ませていれば。もし栗原退場の前に、ルール通りオフサイドをとっていれば、こんな竜頭蛇尾な展開にはならずに済んだはずだ。
 僕は「予選の難しさ」とか、「厳しいアジア予選」という表現が嫌いだった。本戦ではもっと強い相手が待っているからだ。
しかし今、その本当の意味を理解することができる。
予選の難しさは、相手によってもたらされるものではないのだ。

<日本のサイド攻撃を封じたオーストラリア>
開始直後からサイドバックに圧力をかけてきたように、オーストラリアは日本のSBを上がらせないようにするため、SBのうらやDFラインの裏めがけてボールを放り込んできた。この狙いは効果を発揮し、日本は終始ロングボールへの対応に苦慮することになる。DFラインとFWの距離が開いた日本は、奪われてもすぐ奪い返す本来の中盤でのプレスが機能せず、後手に回るシーンが多くなった。
急造のDFラインだったのもあるが、もっとラインを押し上げたかった。そうしなければ日本のやりたいことはできないのだ。コンパクトに布陣を保って相手を押し込むサッカーは、DFラインの裏をいかにケアするかが大きなカギとなる。今回はそのカギを失くしてしまった。これではいつものような小気味よいパスワークで崩すことは難しい。加えてピッチの状況も、空中戦の得意なオーストラリアのためにあるようなできだった。

アウェーでの戦いの重要性が骨身にしみる結果となった。
親善試合でも、やはりアウェーでの試合をもっと組むべきではないだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/12(火) 21:51:11|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<アーセナル、ジルーとの合意に近づく? | ホーム | 日本 vs ヨルダン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1249-8a57a069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【オーストラリア vs 日本】

オーストラリア 1 - 1 日本驚き呆れる、なんとも拍子抜けの試合だった。試合開始から後半途中までは、アジアの両雄の激突にふさわしい白熱した試合展開。オーストラリアがロ...
  1. 2012/06/13(水) 01:37:40 |
  2. まとめwoネタ速neo

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。