VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルヴズ戦雑感

最下位に順位通りの勝利でした。
内容だけを取り出して考えれば、決して完璧ではなかったにせよ、早い時間に2ゴールを挙げ、後半にも加点しての勝利は安定感の現れでもありました。

コシェルニーがサスペンションで2試合ということですが、コシェルニーって変なイエローのもらい方しますよね。もちろん彼のせいと完璧に言い切れない部分はありますが、例えば全然ピンチじゃないのにファールしたりとか、止まれなくて突っ込んだらイエローになったりとか。結構不運ですよね。笑

それはそうと、ジュルーもまぁまぁの活躍で、なによりボイチェフがはんぱないプレーで2試合連続クリーンシートを達成してくれたのは、今後に向けても好材料でしたね。

しかし、フェルマーレンがコンスタントに出場できるというのは大きいですね。フィードや攻撃センスに秀でたセンターバックって、今世界で求められる存在だと思います。コシェルニーもそうですが、二人ともボールコントロールに不安はないので、そういった意味ではヴェンゲルの目はやはり確かだったということですね。

あの二人で昨シーズンからやれていたら、今はもっと違ったかもしれませんね。。

ウルヴズはもう、正直降格確定といってもいいくらいにチームとして機能してません。僕が監督ならまずもってドイルは外しません。彼はフレッチャーと並んで、ウルヴズでもっとも攻撃に幅を持たせられる選手ですからね。
現監督は就任してからまだ1ポイントしかあげていないんだとか。それでは残留など夢のまた夢です。

やっているサッカー自体もひとりひとりがてんでバラバラですからね。ウォルコットのゴールシーンのスライディングとか、結構危なかったと思うのですが。

あぶなかったといえば、FAは前節のシティ戦でのバロテッリの愚行になんの制裁も課さないことに決定しました。
つまり、審判にバレなきゃ足裏で行ってもいい、プレーに関係していなくてもいいということを、黙認するような決定をしたということです。
何を考えているのでしょうか。主審を守るために、選手の身体を犠牲にするということでしょうか。きっとバロテッリはまたやるでしょう。彼はコナン逆バージョンですからね。

シーズンも佳境に入ってまいりました。
今シーズンはユナイテッドでほぼ決まりと僕は考えていますが、まだまだわかりませんね。
アーセナルはぜひ、来シーズンに希望のもてる終わり方をしてほしいです。
それから、べナユンには残留してほしいです。
最近の使い方を見ると、投入資金を回収しようとしているようにも見えなくないですが、それならシティ戦では使わないでしょうから、結果如何では残留というかローン延長はありえます。
まぁそういったオプションはついてないのかもしれませんが、ヴェンゲルが再交渉したくなるような活躍がみたいですね!

ではまた次節!
スポンサーサイト
  1. 2012/04/14(土) 13:40:17|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<まとめ | ホーム | アーセナル vs マンチェスター・C>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1240-48df743c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ウルヴズ戦雑感】

最下位に順位通りの勝利でした。内容だけを取り出して考えれば、決して完璧ではなかったにせよ、早い時間に2ゴールを挙げ、後半にも加点しての勝利は安定感の現れでもありました。...
  1. 2012/05/13(日) 09:12:51 |
  2. まとめwoネタ速neo

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。