VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェルシー、アンドレ・ビラス・ボアスを解任

今節、WBAによもやの敗戦を喫したチェルシー。かねてから噂されていた監督解任に、ついに踏み切りました。

後任は、WBAの元監督、ディ・マッテオになるようです。

チェルシーの崩壊は後で書くとして、先にディ・マッテオ政権がどうなるかの予想ですが、ディ・マッテオはわりと柔軟なタイプで、戦力や相手の出方に応じて戦術を組み立てられるタイプの監督というイメージを僕は持っています。そういう意味では、自分のやりたいサッカーと現有戦力との乖離に最後まで苦しんだボアス監督に比べて、チェルシーをうまく回せる可能性は高いのではないでしょうか。
キーポイントは守備。1にも2にも守備です。WBA解任が守備の崩壊を止められず負けを重ねたことにあると思われるディ・マッテオは、この守備の再建を成功させられるかどうかが、チェルシー躍進と自身の今後のキャリアへの足掛かりになるのは間違いないでしょう。

さて、大金をはたいてアンチェロッティ解任からボアス氏就任まで漕ぎ着けた元祖金満チェルシーですが、結局我慢できず。これでは、モウリーニョ政権がまぐれだったようにしか思えません。
現有戦力はかなり年齢も高くなってきていますし、懸案だった若手の台頭はボアスになってもまったく改善せず。ルカクとか、最近では名前すらでてきませんしね。
マケークランやカクタなどの期待の若手もポジションを与えられず。というか、簡単に監督が解任される現状では、若手を使って敗れるリスクなんてほとんどの監督は負いようがありませんからね。
あのユナイテッドでさえ、若手の起用で失敗することは多々あります。今シーズンなんて特にそうじゃないですか。
それでも結果を出し続けていられるのは、監督のビジョンをクラブが共有しているからであって、一時の収益性ではなくクラブの永続性を考えているからです。
もちろん、勝つのがみたいのはあたりまえです。しかし、勝ち続けられるクラブは決して、監督の力だけで成り立っているわけではないのです。

どこにいてもプレッシャーはあると思いますが、バックアップしてやる姿勢も必要ではないでしょうかね。
ただでさえメディアやサポーターから標的にされやすく、選手への批判も代わって引き受ける覚悟で、監督はチームを率いているわけです。しかも、英国における監督はコーチではなくマネージャーです。より大きく長期的なビジョンが必要なわけですから、変な話1シーズン2シーズンくらい無冠でも、その先長く勝てればいいわけですからね。監督を取り換えれば結果がすぐに出るという考えなら、1・2シーズン無冠でもそのあと優秀な監督を雇えばすぐに結果は出るじゃないですか。

チェルシーのフロントは、なんだか結婚できない人みたいですよね。
もっとかわいい人がいるんじゃないかとか思ってとっかえひっかえやっていたら、いつの間にか取り返しのつかないことにみたいな。

うーん、チェルシーの迷走、まだまだ続きますね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2012/03/05(月) 14:20:49|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<敗退はしたけれど | ホーム | リヴァプール vs アーセナル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1231-803f1217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。