VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯アジア3次予選最終節感想

日本 0 - 1 ウズベキスタン


遅れました。
いやはや、ほぼ完敗と言っても差し支えないのではないでしょうか。
これまではアジアで負けるにしても、守って守ってカウンターに屈するパターンでしたが、今回はやりたかったことを相手にやられた感が強いですね。

まず守備の入り方から、相手は日本を研究していました。徹底したサイド封じ。
両サイドが高い位置を保つことで相手を押し込んできた日本は、サイドを封じられたことによって、ビルドアップすらままならなくなってしまいました。

時間の経過とともに、相手に慣れてきたのか、香川が気を利かせて中央のスペースに顔を出し始めてから、ようやく攻撃にも形が見えてきましたが、この日は遠藤・長谷部の両ボランチにも激しいプレッシャーをかけてきて、大きな展開ができませんでした。

こうなるとハーフナーの高さを活かすしかないのですが、まず縦にボールが入らず、いいシーンでもミス目立ちまくりで、テンポが上がりませんでした。
加えてハーフナーも中央から動かず。これに関してはザックの指示なのかもしれませんが、それはもっと彼にボールが入ることを想定してのことでしょうから、あれほどまでに香川や両サイドが前を向いてボールが受けられないとなれば、もう少し大きく動いてもよかったのではと思います。

そして後半7分にあっさり失点。吉田と今野のポジションが中途半端になり、その結果、中に絞ってきた内田が二人を見る形になってしまいました。

交代枠を使っても結局同点弾を奪えなかった日本。

ボールロストの多さはかなり目立ちましたが、それよりもほとんど形を築けなかったのが痛かったですね。

やたらと推されていた宮市も出場できず。ああいった閉塞感のある試合では、彼のようにスピードとテクニックに秀でたタレントが途中出場すると面白いんですが、今回は乾にその役を譲りました。

乾はところどころ見せ場はあったものの、正直もうちょっとゴールの近くでプレーしてほしかったですし、単独突破で崩してくれると思ったので、若干期待外れでした。

長友は負傷交代でしょうか?駒野を入れざるを得なかったのも痛かったですね。もう一枚攻撃のカードを切れれば、話は別だったのでしょうが、終盤は負けてるチーム特有の点取らなきゃ感もあまりなく、浮き球に誰も競りに行かないシーンもありました。

こんな試合でも、サポーターはケロッとしているのが日本らしさ。
欧州や南米で、あの内容で負けてブーイング一つない国なんて一つもないでしょう。
もちろん、レベルに差があるからと言って他の国々が正しい、日本は間違ってるとすべてにおいていうわけではありませんが、もっと選手達に要求してもいいんじゃないですかね。

そのブーイングが、時として日本チームを育てることもあるわけですから。


消化試合とはいえ、安心とは程遠い内容に終始した日本代表。
攻撃のパターンをさらに明確化し、選択肢も増やす必要が出てきました。

最終予選までに、その課題はクリアできるのか。

ザッケローニ監督、正念場を迎えています。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/02(金) 23:18:04|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リヴァプール vs アーセナル | ホーム | アーセナル、5000万ポンドの黒字計上>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1229-6abee97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。