VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーセナル先勝&放出の話

アーセナルはCL予備予選を戦い、ウディネーゼにエミレーツで先勝しました。

内容は、私は観ていないので何ともいえませんが、後半の出来が散々だったよう。
ポストやバーを何度か叩かれ、敗戦でもおかしくなかったそうな。

今シーズン、もし仮にCLに出られないようなことがあったら。ヴェンゲル体制の限界かもしれません。
もちろん私は彼の大ファンです。アーセナルからヴェンゲルがいなくなったら、それこそこれまで誰が移籍した時よりショックです。

ですが、僕のような人間ばかりではない。きっともっと近くでアーセナルを応援している人たちは、もっと結果を求めているでしょうからね。

さて、そんな主力放出推進中のヴェンゲルさん、今度はエブエをガラタサライに放出です。
それから、ヴェラはソシエダにローン。こんなに放出しといて、補強は4人、しかもポジション丸かぶり状態。

巷では、フアン・マタ、ギャリー・ケーヒル、フィル・ジャギエルカ、エディン・アザールの名前が挙がっていますが、進展は一切ありません。
どうするんでしょう。本当にこのまま何もしないなんてありえないので、きっとあと数人獲得すると思うんですが、もしかしたら、これはあくまで想像ですが、アーセナルやヴェンゲルのブランド力・政治力は確実に落ちているんじゃないですか。それも、私達が想像する以上に。
これまでは若手であればとりあえずアーセナルにみたいな流れがあったけど、若くして活躍し、タイトル獲得の経験を持つ選手達は、わざわざアーセナルに来る必要がないんじゃないですかね。
ジェルビーニョが説明つかないって話なんですが、もし本当に何人も獲得しようとしていて、失敗に終わっているんだとしたら…?彼が極めて稀有な例なのだとしたら…。

現状に不安を抱かざるを得ません。
あのヴェンゲルが、魅力的なサッカーを一切展開できていない今のアーセナルを許すわけがないのです。それでも新戦力を獲得できていないというなら、これは大問題です。
なんにせよ、今後の動向に注目しましょう。

【他チーム雑感】
・マンチェスター・ユナイテッド
今季も優勝候補筆頭です。新戦力の獲得がスムーズに決まり、引退続出でも穴はありません。
デ・ヘアがミスしてますが、そんなもん可愛いもんでしょう。今季も彼らを中心にしてプレミアは回っていきます。試合内容が悪くても勝つ。彼らの真の強さは、コミュニティーシールドや開幕戦でも如実に現れていました。3節でこのチームと当たるアーセナルとしては、なんとか喰らい付いていきたいところです。

・マンチェスター・シティ
金満クラブなんて、もう言ってられません。彼らは十分に強い。よく統率された守備、隙のない攻撃、ベンチに控える何枚もの切り札。ユナイテッドを脅かす筆頭は間違いなくこのチームです。さらに不気味なことに、デビュー戦でクンが2G1Aの大活躍。有名どころ狙いですが、確実に進歩を遂げています。さらに、チームとしても徐々に固まってきている印象がありました。マンチョの采配には疑問を抱くこともありますが、金満に似合わぬ堅実っぷりは逆に脅威です。冷静な人が一人もいなければ、彼らはもっと進歩していなかったでしょう。

・チェルシー
注目のビラス・ボアス監督お披露目でしたが、彼の戦術がチームに浸透しているか、未だ判断が付きません。ということは、浸透していないということなんですが、こればっかりは本当に未知数です。彼の戦術が柔らかいものであれば結果は必ず出るでしょうし、そうでなければ中途半端になるでしょう。しかし、チェルシーがすべきは「彼に託す」ということです。簡単に首を切るアブラモビッチのスタイルでは、いつか限界がきます。彼らが本当の意味でのビッククラブになるには、落ち着いた経営が必須です。
選手の入れ替えも今夏は珍しくすくなかったので、このチームはまだまだ様子を見る必要があるでしょう。

・リバプール
恐い。その一言です。なんとも不気味なチームです。弱点はアーセナルと同じCBですが、それ以外の陣容はかなり豪華。特にキャロルとスアレスの2トップはまだコンビネーションに課題はあるものの、タイプ的には完璧なコンビです。両者共に若いので、彼らがリバプール新時代の旗印となる可能性は十分あります。FWのみならず、中盤もまた充実しています。昨シーズンあれだけ活躍したメイレレスをベンチに置けるほどに余裕ができたわけですからね。さらにアダムやダウニングは思い切りよくプレーし、さっそくチームに溶け込んでいます。そこにダルグリッシュのモチベーションコントロール、クラークの戦術ですから、ダークホースどころかビッグ4返り咲きもありえます。アーセナルがもっとも警戒すべき相手です。


今季のプレミア、また混戦になるでしょうか。私は意外にも、格差が生まれるような気がしますね。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/18(木) 02:19:26|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宮市について | ホーム | 「ゴールデンスランバー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1184-948c705c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。