VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本vs韓国

日本 3 - 0 韓国


試合終了後、本田は「結果は出来すぎ」と言った。


しかし、試合を御覧になられた大方のサポーターは、3得点でも少ないと思えたのではないだろうか。


日本の目指すサッカー。それはショートパスを活かしつつ、前線の連動、サイドの上下動によって相手の守備を破るアタッキングフットボールであると、私には感じられた。


韓国からすれば、負傷の影響はあったにせよ、これほどまでに点差が開くとは思ってもいなかったのではないか。


勝っても負けても、結果はほとんど一点差。内容を観ても全くの互角。その"相場" を、日本は打ち破った。


もちろん、まだまだ課題は多い。どうしてもボランチとCBのマークの受け渡しがスムーズでなかったり、スピードに乗った相手の止め方が得意でないように感じる。
だがそれを差し引いても、今回の日韓戦は日本の完勝だ。



序盤は両チームともに、中央にブロックを作って前からプレスをかける、いかにも日韓戦というような、ハイプレッシャーな肉弾戦の様相を呈していたが、この試合はそれほどプレスの厳しいものにはならなかった。完勝は完勝だが、韓国もこれまで日本を苦しめてきたチームと比べると、いつもより覇気がなかった。
試合終盤、3-0になってからは可能性の低いミドルシュートに終始し、不屈の韓国は鳴りを潜めた。


日本は本田、香川のキープ力が試合の流れを有利にし、そこに李や岡崎、遠藤が絡み、相手の陣形を乱す。岡崎が負傷で交代してしまったのは、彼が成長著しい選手であり、乗っていることも考えるととても残念だった。開始直後に右サイドを突破して放った積極的なシュート一つとっても自信のほどがうかがえただけに、彼も悔しかっただろう。

また、その岡崎に代わって入った清武が、素晴らしいアクセントとなった。若干遠慮してしまっていた部分はあるにせよ、守備での貢献からアシストに至るまで、起用に応える働きを見せた。彼のような選手の活躍は、歳上の選手から同年代の選手まで、全員に刺激を与える。U-22の選手達は、より一層意欲が湧いていることだろう。


やはりパスサッカーの鍵は、相手のプレスに怯まずにボールをキープできるかどうかにある。事実、本田や香川がボールを持つと、必ず複数人がマークしにくる。それは逆に言えば、相手の陣形が乱れていることに他ならない。激しいプレスに合いつつ、冷静にパスコースやドリブルのコースを見極められる選手が2人もいて、後ろには展開力のある遠藤が控えている。相手のプレスを無力化するシナリオは、整いつつある。



今回の代表、やはり海外組は自信を持って望んでいる。その雰囲気が、チーム全体を一段上に押し上げた。


贅沢を言えば、私個人的には森本、松井が観たかった。
ザッケローニはやはりイタリア人らしく、試合終盤になるとやや守備的な戦術を採る傾向にある。しかし、その決断はあまりよろしくないように思える。
アジアカップでもこの試合でも、守備的戦術にシフトした途端にピンチが増えた。しかも、ただシュートを打たれただけでなく、ほとんど決定的なシーンを作られていた。失点していないのだから一応は機能したのかもしれないが、今回たまたま入らなかっただけといったシーンを作られるのは、本意ではないだろう。

やはりできる限り攻撃に出た方が、うまく試合を終わらせられるように感じた。だからこそ、疲れの見えた李に代えて森本を入れるなどの、攻撃的なカードを切っても良かったと思う。



何にせよ、予選に向けては最高のスタートを切った。これで油断するくらいなら、彼らは欧州ではプレーできていないだろう。



松田直樹に捧げる勝利。
それは一勝以上の重みのある、実りの多い勝利だった。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/12(金) 20:13:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナル日記 | ホーム | GLEE >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1181-5c265a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。