VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「なでしこ」というスタンダード

これまで、女子サッカーの強国におけるスタイルは、個人技での突破か、フィジカルの優位性を活かしたサッカーが主流だった。形は違えど、どちらも最終局面では、一人の選手によるところが大きい。


しかし、2011年女子サッカーWカップを制したのは、そのどちらでもなかった。


なでしこフットボールが、頂点に立ったのである。

なでしこのサッカーには、男子の世界的潮流を感じる。ショートパスの多用、ビルドアップ、守備のブロックから、ファイナルサードでのアイディアに至るまで、そのほとんどは合理的かつ論理的である。



世界に勝る決定的長所を持たなかった日本が、集団でその問題点を克服した。
どの国と比較しても、なでしこが「フットボール」をしていたのは明確だ。



今後、この頭脳的フットボールが世界のスタンダードになることは十分あり得る。


それは大変名誉なことであるとともに、頭の痛い話でもある。

やっと見つけた日本のストロングポイントを、世界が踏襲するようになれば、もともと体格や個人技に恵まれた国々が有利になることは間違いない。


そんな中で、日本が現在の地位を保つためには、なでしこフットボールをさらに昇華しつつ、サイズのあるCBや、個人技に特化した選手の輩出が不可欠だ。


次世代のスター候補である岩渕真奈をはじめ、世界基準の技術やフィジカルを持つ選手を輩出する努力をしなければ、なでしこの栄光はこれで終わり。
素晴らしい結果をもたらした今大会だが、重要なのは結果を出し続けることだろう。一時のブームで終わらせないためにも、真の意味での振り返りが必要ではなかろうか。


もちろん、キャプテンは恐らくそんなことは百も承知だと思う。


数十年前の「東洋の魔女」の二の舞は、是が非でも避けたいところだ。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/24(日) 13:44:21|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トロフィー | ホーム | 号泣無しでは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1174-e86c986c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。