VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JAPAN AS NO.1!

素晴らしいですね。スウェーデン戦、前半の内容だけで僕はなでしこの勝利を確信して寝ましたが、まさか3-1とはね!
てか、もっとスウェーデン恐いチームだと思ってたんですが、それ以上に日本のタイトな守備がバチバチハマってて、何にもできないって感じでした。

川澄選手もさることながら、得点までの流れですよ。
なでしこが男子を凌駕している点は、ボール廻しの際の相手との距離です。低い位置からでも、相手を最大限引き付けてパスを出す。別に難しい位置にいる味方に出しているわけではないので、日本としては安全で、スウェーデンとしては奪ったらチャンスですから、想いっきり取りに行く。そこを外すと、自分がいたスペースがぽっかりと空いてしまう。そこに日本の選手が流れてボールを運ぶというプロセスの繰り返しです。
このパス回しに完全に翻弄されたスウェーデンは、前半でしかも同点なのにファールをしだしたり、CBが肩で息をしていました。これはかなりやられている状況です。彼女らは、日本が思っている以上に何もできていないと感じていたはずです。

ドイツ戦以降、日本は確実に守備力が増しています。フィジカルをいなして、弱点を突く。
まさに柔よく剛を制すの言葉通り、なでしこはドイツ、スウェーデンの巨躯を軽々といなしました。

決勝はアメリカ。
日本は今大会ですでにドイツから初勝利をあげています。
歴史はいつか塗り替えられる。まさに、その時かもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/16(土) 23:27:28|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<号泣無しでは | ホーム | ドイツvs日本 :サッカー女子ワールドカップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1171-85609c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。