VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CL準決勝1st Leg 雑感

シャルケ04 0-2 ユナイテッド

ユナイテッドは確かに強かった。しかし、シャルケは万策尽きたというには早すぎる印象だ。
序盤からバイタルエリアの守備が緩慢で、ルーニー、エルナンデスに簡単に前を向かせていた。そして、守備陣はラインを高く引き上げたが、フォアチェックがバラバラであるために、ボールの出し手にプレッシャーが全くかかっていない状態だった。前線からの守備に連動性を欠いた結果、後方のスペースはユナイテッドにとって絶好のチャンスエリアと化していた。
それから、サルペイの守備にも疑問が残る。なぜあれほどまでに相手と距離をとって守るのか。自分のマークの選手がボールを持ったとき、ほとんど2・3メートル離れていた。あれではユナイテッドの右サイドをとめることはできない。
シャルケは全体に守備の堅さに欠けた。ユナイテッドは極めて「いつも通り」。まったく変わったことはしていない。中盤がイージーミスを連発したことも相俟って、シャルケはほとんどイイ形を作れなかった。しかしコレは、守備の乱れが原因だ。全員かなり「ビビッていた」ように見えた。

オールドトラッフォードで、シャルケの夢は終わってしまうかもしれない。



レアル・マドリー 0-2 バルセロナ

試合はまだ観てません。しかし、モウリーニョさんの舌鋒はとどまることを知りませんね。笑
でも僕は彼の発言、一方的に指示しますよ。あとクリスティアーノの発言もそう。我らがアーセナルだって権力の被害者ですからね。

バルセロナはすごいチームかもしれません。しかしね、哲学を押し付けるのだけはいただけない。しかも、彼らにあの闘い方以外のプランは存在しません。そして競った試合では、必ずといっていいほどメッシが得点します。彼はスーパーな選手ですが、個人技にたよって勝った試合をバルサ的だとは絶対言えないはずです。メッシは個人で一つの戦術。パスを回すのがバルサのやり方なら、セカンドオプションはメッシです。
まぁ、そんなの認めないでしょうがね。それってでも、バルサ哲学(笑)の勝利なんですか?

それからレアルの噂。
今季終了後にモウリーニョを解任?レアルの首脳陣はバカですか?モウリーニョ以外に、バルサを敗れるチームを作れる監督がどこにいる。守備的戦術を悪く言うなら、あのバルサの攻撃ができるのに何年かかったかをもう一度考えろ。

というわけで、決勝カードはほぼ決まり。数年前の再現です。つまらん。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/28(木) 15:24:00|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<久々のラーメン | ホーム | 敗戦・無冠決定>>

コメント

バルサの見えざる力はなんなのだろう?
メッシがスゴいのはわかるが、ぺぺのレッドカードには疑問が残ります
  1. 2011/04/29(金) 12:16:44 |
  2. URL |
  3. トンガーリ #-
  4. [ 編集]

>トンガーリさん
あの角度からだと審判は欺かれても仕方ないけど、どの道退場がターニングポイントになったのは間違いないよ。これだけ問題化すれば、決勝では不利なバルサが見れるんじゃない?笑
むしろそうじゃなかったら、UEFAは本気だってことだね。
  1. 2011/04/30(土) 22:16:12 |
  2. URL |
  3. マシオ #-
  4. [ 編集]

UEFA陰謀説

お疲れ様です。モウリーニョには自分も完全に同意です!日韓W杯の時FIFAって恐ろしいなと思いましたが、UEFAはそのはるか上を行ってますね。チャンピオンズリーグへの改変からメガクラブ至上主義という流れがほんとどす黒いです。あるいはボスマン判決すらUEFAの策略じゃないかってくらい。今はバルサとメッシが金の成る大木ですから優勝させるでしょう。組み合わせ抽選でもあからさまで、みんな薄々気づいてるのに言えないところを口にしたモウリーニョは自分にとっては勇者ですね。でも裁く側が黒幕なんだから絶望します。サッカーの未来はどうなってしまうのか…。
  1. 2011/05/02(月) 10:31:25 |
  2. URL |
  3. あんぶれらん #-
  4. [ 編集]

>あんぶれらんさん
返信遅くなって申し訳ございません。。。
そしてコメントありがとうございます!サッカーがビジネスであることを、協会が全肯定しているわけですから、世知辛いですよね。
結局両クラブにお咎めなしだったわけですが、モウリーニョの舌禍は各クラブの監督や関係者からも批難を浴びています。
ですが同時に、バルセロナの「すぐ倒れて審判に群がる」アピールにも注目が集まっていますね。
モウリーニョの発言を批難する人がいるのは当たり前かもしれませんが、彼がバルセロナに強烈な批判を加えたことで、新たな論点が生まれました。
やはりバルサにとっては、モウリーニョは厄介な監督ですね。笑

  1. 2011/05/03(火) 19:48:26 |
  2. URL |
  3. マシオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1139-43571dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。