VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インテルの行方

「日本人対決!」とかもてはやされておきながら、ジュゼッペ・メアッツァでよもやの大敗を喫したインテル・ミラノ。就任当初は救世主さながらの扱いを受けていたレオナルドですが、ミラノダービーとの合わせ技で解任まで噂されています。

レオナルドは就任当初、「インテルはもう完成されてるからテコ入れとか必要ないねん」みたいなこと言ってましたが、ただでさえ獲れるもの全部取ったインテルのい選手たちからしたら、再出発って雰囲気の出ないまま仕切りなおした感じになってしまいました。

モウリーニョの時代と比べると(ラファはいいとして)、守備が機能してません。てか最近退場常習犯のキヴさん、全然付いていけてない。体寄せるところとマーク放棄するとこのメリハリもないですし、チェックも甘甘。あれではさすがに勝てません。

素直に長友くん使えばいいのに。まぁ選ぶのは監督なんでしょうがないですが。

それから中盤の構成も難しいですよね。やっぱりサネッティの左サイドバックは僕としてはあんまりいいとは思えないんですよね。事実彼が左に出てる試合あんまいい結果出てないし。

それは左の守備にも問題あるし、彼が中盤で存在感を発揮しているからなんですが。

しかし、モッタ・カンピアッソ・サネッティの3ボランチでその上にスナイデル、2トップにエトーとミリートとか、結構完璧な感じするのにな。

てかここまで行くと、なんで長友獲ったのじゃあ、って感じの布陣ですよね。
サネッティは左で入ると若干ポジショニングが恐い。

まぁセンターバックが鍵ってことなんでしょうけどね。そこが壊れると芋づる式に各ポジションで欠員が出る。
ずらしてずらしてってやってるうちに、今度はチームが機能しなくなってしまった。

ブランジリアンらしからぬ監督ですけど、モチベーターではないのかな。
戦術がいくら優れていようと、それを実行する選手が自信をもっていなければ全く意味がないですからね。

そこらへんのメンタルな部分が物足りないのでしょうか。事実、5-2でまだセカンドレグがあるにもかかわらず、インテルの選手達は完全に切れてしまってましたからね。


ルシオが戻ってくればある程度安定はするかもしれませんが、スクデットは無理でしょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/09(土) 22:29:28|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々サッカーネタ | ホーム | プレビュー:アーセナル vs ブラックバーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1131-5ce9c117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。