VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魅せた、日本を引っ張る男

日本代表 2 - 1 Jリーグ選抜


いやぁ、今日は誰が悪いとかそんなこと言う気はありませんよ!

カズですよ、カズ。あの時間に出場して、しっかり仕事するなんて…。
正直僕はカズの全盛期よりももっと後にサッカーを見始めた世代なので、「言うても今の選手のがうまいっしょ」とか思ってましたけど、もううまいとかそういった次元を超えた選手なのですね。

しかもゴールだけじゃなくて、関口が打ったシーンでもカズがニアに走ったから伊野波を撹乱できたわけで、ゴール前でやらなきゃいけないことを正確にこなしていました。

もちろん体力的な限界や、技術的な衰え、ミスの増加は避けられないかもしれません。
でも今日のキングは、覚えてる限り1・2回くらいしかミスってませんよね。
なにより得点決めるし。

あのシュートも、全速力で走りつつ、ボールの落ちるのを待ちつつ、キーパーの位置を確認して跳ね際を、しっかり面を作って叩いたわけですから、超冷静なプレー。まさに暗殺者のように冷酷に、正確に流し込みました。

日本代表の3-4-3は狙い通りの機能を果たしました。両サイドの高い位置に相手を押し込めて、サイドの深い位置を制圧。両サイドが前線を引っ張って高い位置から攻撃を仕掛けることによって、チーム全体を押し上げながら攻撃できる。サイドを起点にして、中央に向かって相手を押し込め、包囲していくわけです。

これはもちろん、長友、内田の両サイドと、岡崎、本田の両ウイングの距離が近いから。これによってパス交換と両サイドの上下動が活発化して、相手はサイドバックが守備に追われるために4-3-3の中盤でパスが回らなくなるというわけです。要は日本代表の中盤が時にはウイングが降りてきて5~6枚でパスを回せるのに対して、J選抜はサイドバックが守備に回ってるために押し込まれた位置で常に3~4枚で中盤を組み立てることになります。しかも選抜が奪った際、中央を経由せずに攻撃を展開するのはほぼ不可能であるため、必然的に小笠原、小野辺りの負担が大きくなりますし、長谷部、遠藤、岡崎がすかさずそこにチェイシングかけていきます。

3-4-3、とてもいいオプションでした。ただこれが普通の試合で使えるかは別問題ですけどね。笑


さて、日本サッカーのレベルの高さを改めて思い知りました。
やっぱりトップレベルが集まると、面白い試合が出来るんですね。

こういう試合を、毎週末スタジアムで観れるようになるには、いつまでかかるんだろう。

それから、オープニングセレモニーでもう僕は泣き出しそうでしたが、日本のサッカー関係者の方々、野球がもたついている中ナイスな判断でしたね。

僕は被災者ではないですけど、勇気や感動をもらいました。


がんばろう!ニッポン!
スポンサーサイト
  1. 2011/03/29(火) 21:54:58|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレビュー:アーセナル vs ブラックバーン | ホーム | このこのー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1126-5c0f5914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。