VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーセナル vs サンダーランド

アーセナル 0 - 0 サンダーランド


ユナイテッドがチェルシーに破れ、勝てば勝ち点1差に迫るチャンスだった。

しかし、アーセナルはこういった試合でまず勝てないというのが、ほとんど定説になってしまった。

勝負どころで勝ちきれない。アーセナルの悪い癖だ。

比較的相性の悪いブラックキャッツ相手にかなり攻め込んだのだが、PKの見逃しとオンサイドの誤審によってアルシャビンの活躍は結果に繋がらず。

それでも、あれだけ攻勢に出ていたのだから1点は決めたかったというのが正直なところだ。

サンダーランドはアーセナルの前線3人をMFとDFで挟み込み、縦パスを遮断。それによってナスリとアルシャビンは引いてボールを受けるようになり、効果的にサイドを崩すことができない。せっかく崩してもベントナーとサニャの意図が合わなかったり、若干のズレがあって決め切れなかった。

また、ベントナーは前線にどっかりと構えるタイプのFWなので、相手の背後を狙わないため、前線にパスが入らない以上相手に脅威を感じさせることが出来なかった。

その中でもチームに活気を与えたのは今季開花したかんのあるナスリ。彼が縦横無尽に動き回り、展開から仕掛けまでをほとんど一手に担っていた。

久々に戦列に復帰したディアビも持ち味が裏目に。彼のキープはもっと高い位置、ゴール正面で活きるプレーなのだが、そこまでいけない、いかせてもらえなかった。

全体的に序盤の嫌な予感が拭いきれなかった。僕が思うに、アーセナルの攻撃は中盤の質が握っている。今回のように、フィニッシュにすらなかなかもっていけないのだから、チャンスが少なかったFW陣を責めるのは酷な気もする。まぁデニウソン・ディアビの時点で、誰が崩すの?といった疑問は湧いてきたのだが…。


好材料はラムジーがベンチに戻ってきたことだろう。彼の復帰はアーセナルというチームに関係する人全員を元気付けるだろう。

ユナイテッドがリバプールに敗れたため、3点差で勝てば正真正銘得失点でも並べる。総得点の差でユナイテッド有利だが、これを逃せば離される一方なので、絶対にこのチャンスを逃してはいけない。

ある意味、次の試合が正念場となるだろう。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/07(月) 23:24:18|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレビュー:バルセロナvsアーセナル | ホーム | なんなのだろうか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1111-779ecb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。