VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強烈推薦!

久しぶりにうまいカップ麺を食べた。

その名も日清 太麺堂々・濃厚ゆず魚介豚骨醤油。
このシリーズは元祖からハイクオリティな魚介豚骨を提供していたが、その頂点とも言うべき出来のものがここに爆誕した。

カップ麺はもはや独自のジャンルを確立しており、「普通のラーメンと比べて」というのは間違っているだろう。
しかし、この商品に限って言おう、ほぼパーフェクトに店の魚介豚骨を再現している。

カップ麺の弱点といえば、豚骨スープだ。いかにカップ麺の技術が発達し、うまい麺ができようとも、豚骨スープには大した進化はみられなかった。どんなにスープに力を入れようと、どこかに「カップ麺くささ」の悪い部分が出てしまう。若干粉っぽく、化学調味料くささがあるのだ。
それはたしかにカップ麺ジャンルに沿ってはいるのだが、悪い特徴なのでないほうがいい。

日清のカップヌードルに塩と豚骨がレギュラー化されないのは、店のラーメンではこの二つのスープ自体が素材の味をかなり純粋に抽出したものであるため、ごまかしが効かないからだ。だからレギュラー化されているのは醤油とカレー、チリトマトという、調味料の主張が強いものばかりだ。唯一シーフードだけが豚骨っぽいが、あれはシーフードの香りをプラスし、動物系の香りを少なめにすることでうまく独特の味を保っている。

・シンプルすぎるもの
・味が複雑で濃いもの

この二点は長年のカップラーメン界の課題だと言えるだろう。
しかし、今回推薦するカップ麺は、その難点を一つの香りを加えることで改善して見せた。
ゆずである。
魚介豚骨醤油という複雑ながら、お店のらーめんでは最近の主流となった味を再現し、薬臭さ、粉っぽさを解消するとろみのあるスープ。後味の悪さを爽やかな香りで拭い去るゆずの香り。

これこそが、打倒カップヌードルを自負する日清の自信作と言っていい。
太麺と絡まり、魚介の香りとゆずの香りを閉じ込めたスープこそ、常識を打ち破るに相応しい。


今後の期待は、博多とんこつラーメンを完全再現することだ。
今のところ究麺が一番近いが、それでもまだ豚骨ラーメンのクリーミーさとマイルドなノドごし、ブタの旨みが凝縮された深い味わいのスープには仕上がっていない。

カップ麺業界の進歩は、豚骨が握っている!
スポンサーサイト
  1. 2011/02/14(月) 18:13:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新BECOME A LEGEND日記 | ホーム | アーセナルvsウォルヴァーハンプトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1090-ae775c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。