VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改めて見えた日本の武器

今大会ほど、危なっかしく頼もしい日本代表は今までにない。
オシムが指揮をとった前回大会の代表にも逆境を跳ね返す力はあったが、それ以上に、今回の日本代表には落ち着きと貫禄があった。

リードされると立ち所に瓦解する、数年前の日本代表からは想像もできないくらいに強靭になった勝利への執念と自信。それはグループリーグから決勝にいたるまでの5試合でも顕著に表れていた。
決勝戦でもそれは変わらない。決定的なチャンスでみれば、オーストラリアの方が圧倒的に優勢だったと言える。
彼らは日本が一番苦手とし、自分達のストロングポイントが活きる闘い方、いわゆるキック&ラッシュを仕掛け、狙い通りの展開に持ち込む。
序盤から日本にハイプレスをかけ、奪ったボールは吉田・今野の裏かもしくはケーヒル・キューウェルの二人を目がけて放り込んでくる。

日本はこの攻撃に対し、攻めたい4人と守りを固めたい6人の間が開き、ボランチにボールがおさまらなくなる。自慢のパスワークが停滞し、サイドが上がる時間も作れないまま、前半を折り返す。オーストラリアに比べ、日本のチャンスは極端に少なかった。


このオーストラリア優勢に終止符を打ったのは、ザッケローニの一手だった。
初先発ながら目立てなかった藤本に代わり、長身の岩政を投入。ロングボールに対して明確な策を講じる。

これがこの試合のターニングポイントであり、0-0という難しいスコア、しかも攻撃のリズムを失ったチームから攻撃の選手を下げてディフェンスを入れるという、極めて難易度の高い決断を下したザッケローニの采配は、これまでの日本代表監督とはくらべものにならないほど戦術的で理に適っていた。


長友のポジションを1つ前に上げ、岡崎を逆サイドにポジションチェンジ。
時には内田もオーバーラップし、3-4-3のような形を作りながら攻め立てた。


特に効いたのは、長友を高い位置に上げたことだ。左サイドの攻撃が活性化しただけでなく、守備の起点をサイドのより相手陣に近い位置まで押し込むことができる。


後半や延長前半には、オーストラリアにロングボールから2つの決定機を許したが、川島が獅子奮迅の活躍。彼は韓国戦のPKストップで完全に感覚を取り戻していた。
通常、フィールドプレイヤーと違って、GKは試合ごとに替えたりすることはない。メンタル面の影響が大きいGKにとって、競争心は悪影響となる場合があるからだ。
ザッケローニはサスペンションを受けた選手を、復帰戦で必ず使ってきた。その起用法も、ここではプラスに働いた。


左サイドハーフに上がった長友のスタミナは、オーストラリアの右サイドバックのそれを上回り、決定機を3つ作り出した。

そしてその3つ目のチャンス、延長後半5分のプレーが、日本をアジアチャンピオンに導くゴールを生んだ。


ボランチの位置でボールを回す日本。影響が左サイドで受けると、長友に縦パスを入れる。長友が迷わず縦に突破し、左足でセンタリングを上げた。
オーストラリアのDFは、自分達が空中戦に強く、日本はそれを避けると予想し、ニアに走る。
だが、長友が上げたボールはニアポストを追い越し、ファーサイドに向かった。途中出場の李忠成は、ニアに走るふりをしてファーに流れ、プルアウェイでうまくフリーになる。

ドンピシャで来たセンタリングを、ダイレクトで一閃。このゴールは、まさに「新しい日本」を感じさせた、美しいゴールだった。


そして、終盤の猛攻を耐え切り、日本はついに優勝。彼の地での17年前のトラウマを見事に払拭してみせた。


何より印象的だったのは、日本の選手達の輪のなかに、ザッケローニ監督がいたことだ。


南アフリカの時も、選手同士の仲は良かったが、その中に岡田監督はいなかった。

ザッケローニは団結力という日本の武器に気付いていたのかもしれない。団結力は、日本が世界に対抗するために不可欠で、どこにも負けない日本らしい武器だ。メンタルの弱さを、チーム全体で補う。そうして勝利を重ねるうち、個人のメンタルや自信が高まっていく。
その中に今、監督も加わった。


岡田監督唯一にして最大の功績は、長谷部をキャプテンにしたことだろう。

彼は試合後、浮き足立った雰囲気の中でも次を見据え、冷静だった。

「所詮アジア」

長谷部が言った言葉だ。


チームの仲の良さ、団結力と、このハングリー精神。この2つを維持することができれば、日本国民が史上最強の日本代表を目にする時は近いだろう。



それにしても素晴らしい。期待を持って試合を観て、それ以上のものをピッチで示す日本代表は、今までにない。


しかし、課題がなかったわけでは決してない。特にCBは、経験を積む必要があるだろう。試合終盤に向かうにつれ、連携ミスと判断ミスが目立ってしまった。

FWも課題だ。前田は確かにいいプレーをしていたが、FWにとっての最大の守備とは、得点することなのだ。例え失点しても、取り返せば負けはない。


吉田には是非とも国際レベルのCBになって欲しい。足元の技術があり、フィードキックに長けた長身CBは、長年日本人に欠けていたピースであり、パスサッカーやサイドを使うサッカーをするチームには必要不可欠な存在だからである。判断ミスやプレーの軽さがまだあるが、成長を続ければ、日本を支える選手になるだろう。


ザッケローニ体制下、無敗でアジアチャンピオンに上り詰めた日本代表。
しかしこれはあくまで通過点だ。


今後、彼らがさらにチーム力を高め、ヨーロッパの強豪相手に勝つのが楽しみだ。


とにかくおめでとう。くたびれた日本を元気にしてくれた、日本代表の功績は大きい。


ありがとう、日本代表!
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 15:40:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<アーセナル、エバートンに逆転勝ち! | ホーム | 日本フィーバー>>

コメント

前田遼一

そうなんですよね…前田ちょっと物足りなかったですよね

ポストプレーとかスペースを空ける動きはできてたと思うんですけど、やっぱりFWは点取ってナンボですからね

個人的には、まだチームとあまり噛み合ってないように見えたんで、これからに期待したいところです。日本人の中では一番のストライカーだと思ってるんで、ザックが長く使ってくれれば…

前田贔屓ですみません(^_^;)
  1. 2011/02/01(火) 01:28:40 |
  2. URL |
  3. fukuroo #-
  4. [ 編集]

>fukurooさん
いやいや、前田すごくよかったですよ!
たしかにまだ噛み合ってなくて、ボールを引き出しきれてなかったところはありましたけど、自分から仕掛けるところ、シュートへの意識なんかはストライカーらしさを漂わせてました。
実績的にも、2年連続得点王なんで文句なし。あとは国際試合で場数を踏めば、さらに飛躍できるんじゃないでしょうか!
  1. 2011/02/01(火) 01:39:31 |
  2. URL |
  3. マシオ #-
  4. [ 編集]

前田、最初バカにしてごめんなさいw
前田は確かに今までの日本代表のFWに比べたら、かなり仕事してたね!身長も高いから、もっと選択肢を増やせるようになったらかなり素晴らしい選手になれると思った!

そして個人的にかなり驚いたのが、岡崎!
大会で試合を重ねるごとにかなり足元が巧くなっている!岡崎ってもともと足元巧かったっけ?!って思うほどびっくりしたw足首が柔らかいのか、ループシュートも二回ともゴール枠に入ってるし!
それにもともとの持ち味であるアグレッシブでダイナミックなプレーが今大会の日本代表のプレーに合っていた!おしい場面も多々あったし、ハットトリックもしたし!

他にも良い選手がたくさんいて、アジアカップはかなり楽しませてもらった!今大会で自信をつけた選手達は、是非海外に進出して、経験を積んでこれからも成長して貰いたいと思う!
  1. 2011/02/01(火) 02:53:49 |
  2. URL |
  3. エドモンド@日豪戦で感動した男 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1079-c53cd9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。