VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振り返りと展望:オーストラリア戦

宿敵韓国をPK戦の末破った日本、次はこれまた因縁の相手、オーストラリアですね。

日本は韓国戦で守備的になったことが少し批判されてますが、あれは戦術としては定石じゃないでしょうか?ただでさえ押し込まれていたし、長谷部が怪我で香川も途中交代ですから、ベンチにはほとんど選択肢はなかったはず。そして、これが一番言いたいんですけど、ザッケローニジャパンがもしもアジアカップで終わってしまうなら、あの采配はたしかに失敗だったかもしれません。しかし、これはあくまで通過点なわけですから、あの采配は日本のできること・できないことをはっきりさせる上で重要な問題であり、今後1-0を守りきらなければいけないシーンは幾度と無くあるでしょう。しかも強力なアタッカーがベンチに居らず、計算できる選手がベンチにいない状況。立場上、勝利が求められる「イタリア人監督」であれば、あの采配は当然。むしろ守りきれてしかるべきなわけです。
でもそれができなかった。そうなれば、采配は間違っていたことになりますが、同時に日本の選手達が“1点を守りきるんだ”という意識に乏しいことも露呈しました。それをそのままにして、「攻撃は最大の防御だ」と言ってみたところで、いずれカウンターを食らうのがオチです。
問題は、日本の選手が頭を切り替えることができてたかどうかであり、奪ってからポゼッションに切り替えられなかったこと、引いてからカウンター狙いに徹し切れなかったことが原因の一つでもあります。
つまり、采配にばかり言及するのはおかしい、というわけです。

それから、交代選手のメンタリティにも疑問が残りました。
軽率なタックルで失点に繋がるFKを与えてしまった彼もそうですが、なにより入り方が悪い。細貝も序盤はかなり苦しみました。伊野波にいたってはほとんど存在感なし。ああいう拮抗した試合では、途中出場がもっとも難しい状況です。その中で入ってきたわりには、プレーが若干軽かったように感じます。

また、守備にシフトした際、選手たちのゾーンを無視した配置にも疑問が残りました。ゴール前に放り込まれたボールに対して焦って何人もが詰めかけ、結果相手の選手をフリーにしてしまう。一番冷静さが必要とされるボックス内でその状況ですから、メンタルの改善は課題といえるでしょう。

本田(圭)選手が言ってましたけど、日本のDF陣には「かかってこい、とめてやんよ」みたいな精神が足りないんですよね。「うわ、来ちゃった。」みたいな。
特に延長戦の彼らは全員がそんな感じでした。もっと堂々として欲しいですよね。

さて、ここからはオーストラリア戦のプレビューです。

準決勝はほとんど参考にならないくらいウズベキスタンがソッコウで萎えちゃったんでなんとも言えませんが、オーストラリアは相手によって戦い方を変えられるチームですね。準決勝は相手が仕掛けてくることを知っていて、カウンターサッカーを徹底していました。常に3人目の動きを繰り返し、ケーヒル・キューウェルがDFラインの背後を狙う。これはオーストラリア得意の流れです。チャンスとみるや両サイドが高い位置までオーバーラップし、センターをサポート。気がつけば数的優位を作られ、シュートまで持ってかれる。
日本の鍵を握るのはSB・CBとボランチの縦のライン。ここの連携と危険察知がこれまでの数試合以上に必要とされます。一番恐いのが、オフサイドトラップのミス。ラインブレイクはオーストラリアが一番得意としているプレーですから、斜めに走りこんでくる選手には警戒が必要でしょう。

日本が突くべき相手の弱点は、CBの左右への弱さ。彼らはデンマークのディフェンス同様、縦にはめっぽう強い反面、横の素早い動きには脆く、裏を取られやすいです。
香川がいないのは大きな痛手ですが、ここらで一発ドリブラーを試してみてもいいかもしれないですね。そして攻撃のキーマンは岡崎と両サイドバックでしょう。岡崎のフリーランニングとサイドバックの攻め上がりが、日本の攻撃にリズムを産むことは間違いないですが、難しいのはカウンターを警戒しつつの攻め上がり。ここはボランチやサイドハーフと連携して、常に人数を保って攻めることが必要になるでしょう。

組織力、アジリティは日本の方が上ですから、フィジカルファイトはなるべく避け、早め早めにパスを回すことができるかどうか、これが試合を大きく分けるでしょう。

いきなり日本の課題であるパワープレーへの対処が問われる試合がやってきました。

韓国戦の教訓を生かせるか。今後の飛躍のためにも、つまらない失点は避けてくれ。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 19:27:40|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日本フィーバー | ホーム | カーリングカップ:決勝はバーミンガムと>>

コメント

はじめましてではないですよ(^.^)

こちらのブログにコメントさせていただくのは初めてですね(^^)いつもコメントありがとうございます

日韓戦熱い試合でしたね!ジュビロファンの僕としては、前田がカタール戦のときみたいに試合から消えることなく前線で体を張れていたのが嬉しかったです。

どうやら香川の代わりには藤本が入る可能性が高いようですよ。彼の活躍にも期待したいですね。

的確なプレビューでとても参考になりました(^.^)決勝楽しみですね!
  1. 2011/01/27(木) 22:53:32 |
  2. URL |
  3. fukuroo #-
  4. [ 編集]

嬉しいです!

>fukurooさん
コメントありがとうございます!
もう初めましてじゃないですね(^皿^)♪


前田が体張れるかどうかはかなり重要ですね。けど彼ならやってくれるでしょう!

そして藤本。彼はヨーロッパに行けるくらいアピールしまくって欲しいです!ただでさえドイツは日本人に注目してますからね!


サッカー経験者でアーセナルサポのfukurooさんにそう言っていただけるとは、恐縮ですm(__)m
経験者の方に褒めてもらえるとより一層嬉しいですね☆


小説も好きみたいで、趣味が合うのでなんか楽しいです!
これからもよろしくお願いします!!
  1. 2011/01/27(木) 23:13:37 |
  2. URL |
  3. 管理人マシオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1076-07eefb89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。