VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本vsカタール

日本 3 - 2 カタール


最近サッカー関連の記事書いてませんでした。


ちゅうわけで、またもや中東の笛に苦しんだ日本ですが、なんとか勝利。まぁ10人になっても負ける気はしなかったですがね。


今回こんなに苦しんだのはなんでだ?
理由はどちらかといえば、攻撃にある気がします。
まず本田と香川の二人は足元でもらう意識が高すぎる。もっとスペースでもらう動きとか、単純に当ててもらうだけの顔出しとかあってもよかったんですが、いかんせん足元でもらって前向こうみたいな気持ちが強すぎました。


それから、もぉちょっとサイドに空きを作りたい。中央でそんなにボール回したなら、サイドが空くように仕向けて、フリーでクロス入れられるようにやんなきゃって思いますよ。
特にサイドの深い位置。ボックスの両脇を有効に使って欲しいですね。


それから守備。一対一もっとどうにかなんないんかなぁ…。個人的に吉田くんは激推しなんですけど、レッドカードを差し引いてもこの日の彼はイマイチでした。ストロングポイントも目立たなかったし、失点も防げなかったので。ジャイアントキリングの赤崎に似てる。


そしてワールドカップで完全に代表の正GKに定着した川島さんも、正直全然良くなかった。一点目はしょうがないかも(止めてほしかったけど)ですが、二点目は…。手前で長友がスルーしたのは、声が聞こえたからなのか、それとも単にキーパーキャッチだと思ったのか。それはわかりませんが、あの場面は絶対防がなきゃ。コーナーでもちょっとあれ?みたいな感じでしたからね。


香川の2ゴールも伊野波の決勝点もごっつぁんぽかったですけど、とにかく勝ててよかった。久しぶりに父と歓声をあげてしまいました。



それから審判。なんで本大会で目立った活躍をしてない国の審判が、あんな準々決勝っていうそこそこ重要な試合で笛吹いてんだ?普通に考えて、サッカー大して強くない国に審判だけやたらうまいって人がいるわけないだろ。
次戦に吉田が出れないってかなりもったいないですからね。


審判のこと悪くいうのは日本じゃご法度かもしれませんがね、言わないといけないことだってあるでしょ。サッカーを作っていくのは何も選手や監督だけじゃないわけで、ワールドカップが終わった時に本田が言ってましたけど、批判が人を成長させることもあるんですから。むしろ批判ってのはそうでなくちゃいけない。日本人は特に批判と否定の区別ができてない人が多過ぎる。
もっと言うべきことを言えよって思わされますよ、こういう審判が出てくると。



次は韓国。
相手にとって不足なし。また歓喜をよろしく!
スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 12:02:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナルvsウィガン | ホーム | 三国志好きとしては>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1071-38a7fc95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。