VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本vsヨルダン

日本 1 - 1 ヨルダン



あまりネガティブになる必要はない。たしかに終盤、引いた相手に苦しみはしたものの、点だけが取れなかったという印象が強い。

試合開始から終了まで同じペース、同じテンポで攻撃したため相手に慣れられてしまったことも勝ちきれなかった原因ではあるが、それでもプラス要素は大きいと感じる。


まずはディフェンス時のプレッシャー。前の代表のようにがむしゃらに走り回るのではなく、あくまでシステマチックにプレッシャーをかけていく。カバーとチャレンジの繰り返しという、基本的なやり方をしっかり馴染ませた。


攻撃に関しても、終盤はネタ切れ状態だったが、それでもチャンスの数では倍以上。加えてこの日は公式戦初布陣である。


オシム前代表監督の時もそうだったが、日本のメディアはすぐに結果を求めすぎる。

昔のことを引き合いに出して、すぐに優勝することを義務にする。
しかし、そんな単細胞な比較では何もわからない。日本は格段にレベルアップしたあと、国としての強さの成長曲線は、幾分緩やかになった。

そんな時期に、他の国も着々とレベルアップしつつある。簡単には勝てなくなるのだ。しかも、年々増える欧州組の代表入りも考えると、最高の状態で試合にはいるのは容易ではない。


ザッケローニさんは悔しそうにしていたが、サッカーは間違っていない。

負けなかったんだから問題ない。シリアは勢いに乗るいやな相手だが、だからこそ前掛かりになるはずなので、スペースさえあればより決定的なチャンスが作れる。


この試合では若干パスのスピードが遅く、連携に一抹の不安があった。
ディフェンスラインもまだコンビネーションが不十分で安定しているとは言い難い。
さらには遠藤がすこぶる調子が悪く、攻守両面において非常に中途半端だったとも言わざるを得ない。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/11(火) 13:53:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本vsシリア | ホーム | 投書欄>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1064-9a70b636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。