VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしのセントアンドリュース

ばたばたしてまして、更新が大幅に遅れてしまいました。。

さてさて、アーセナルは天下の要塞「セントアンドリュース」でよもやの3-0圧勝。ユナイテッドサポの解説者がファンペルシの1点目のFKをもらったファールはシュミレーションなんじゃないかみたいなこと言ってましたが、往生際が悪い!しかもナスリが熱くなるとか、ラファエウとあんま変わんないだろ。笑

ヴェンゲルをうるさいとか言ってましたし、こちとらファーギーとかエブラのがうるせぇんですがって話ですよね。笑


話変わって、昨シーズンのこの対戦と言えば、僕が生観戦した人生初のプレミアリーグであったわけで、そのときは終了間際の失点でスタジアムは割れんばかりの歓声と地鳴り。あの雰囲気は素晴らしいながらも、優勝から大きく後退し、ほろ苦い気持ちでスタジアムを後にしたのを覚えています。
あの時一緒に行ってくれたMくんまじサンクス!

セントアンドリュース
↑セントアンドリュース


今節は上位が順当に勝っているので順位の変動はなし。というわけで、いやが上にも次節に注目が集まるところです。

アーセナルはマン・Cとの2位3位争い。
ユナイテッドサポの解説の方は「シティ・オブ・マンチェスターでは一人少なくてもアーセナルを苦しめてました。」みたいなことを言っており、各雑誌にもそんな感じのことが書いてあってアーセナルが快勝したことはほとんど触れられていなかったことを思い出します。
さて、それはどうでしょうかね。
一人減った段階で、正当な評価を下すのは難しく、一人少ない方は惜しいシュートを放てばうまくやれているように見えますし、一人多い方は勝つのが当たり前、ましてや得点なんていくらでもいけんだろ?みたいに見られがちです。
しかし、あの日のシティは当然ながらすぐさま引き分け狙いに転じ、守って守ってカウンターという攻めにシフトチェンジしました。一方、好機を迎えたアーセナルは攻める以外の選択肢はないわけですから、後方にスペースができるのは当たり前。それで好機を作られて「互角でした」なんて、ちゃんちゃらおかしいですよ。

というわけで、今回は真っ向勝負になるわけですが、アーセナルにももちろん勝機はあります。ホームでは勢いに乗れる可能性が高いですし、チームのメンタルが金マン・Cとは違いますから。

先制点が肝になるのは間違いありません。
最近のシティは守備力が若干怪しく、これまでのような堅守のチームとは言えない状況ですから、アーセナルは自信を持って戦うべきでしょう。


心配はいりません。今のチーム状況なら、勝てないチームなどないはずですから。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/04(火) 22:36:41|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナル vs マンチェスター・シティ | ホーム | 改めまして、あけましておめでとうございます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1060-b0148dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。