VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェルマーレン、復帰は年明け以降に

今週末、ユナイテッドとの直接対決に臨むアーセナルですが、どうやらベストメンバーでオールドトラフォードに乗り込むことはできないようです。



当初は短期間の欠場と見込まれていたフェルマーレンですが、それから3ヶ月ほどが経過し、いまだ戦列復帰はかなっていません。



また、フラム戦でスキラッチと接触し、負傷退場を余儀なくされたコシェルニーも、脳震盪で約3週間の離脱となる模様。
現段階では出場できるCBはスキラッチとジュルーのみですから、ここで仮にどちらか一方、もしくは両者ともに負傷するようなことがあれば、冬のマーケットでCBの補強は十分に考えられます。


これでもし、スキラッチかジュルーどちらかが離脱した場合、おそらくソングが1つポジションを下げて対応するでしょうが、中盤の構成はどうなるでしょうか。


アンカーにはデニウソンが入り、トップ下はロシツキーとウィルシャーでしょうかね。



ただ、デニウソンの1ボランチはかなり不安ですから、2ボランチにデニとウィルシャーでしょう。



フェルマーレンを除いた3人のCBの中では、経験値にしてもプレーにしても、スキラッチがファーストチョイスだと思いますが、年のわりにかなり大人しいCBなんですよね、スキラッチ。
ライン統率にもとりわけ秀でてるとは言い難いですから、フェルマーレンのようなディフェンスリーダーが現在の守備陣には必要なはず。彼の復帰が待たれるところですね。



一方、こちらも負傷離脱中のセスク・ファブレガスですが、ユナイテッド戦で復帰かという報道もあり、本人も乗り気です。


あまり無理してほしくはないですね。ハムストリングは治る治らないがイマイチはっきりしない箇所なので、いきなりユナイテッド相手のハードな試合をするのはかなりリスキー。
途中出場くらいがベターじゃないかと。


ただでさえ、来シーズンには赤と白のユニフォームを着ていない可能性が高い選手ですから、それを考えると彼がいない状態でどこまでやれるかも観てみたい気がします。


というわけで、ディフェンスの不安定はまだまだ続きます。


緊張しながら試合を観ることになりそうですね。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/07(火) 10:30:25|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーセナル、2位通過で16強 | ホーム | アーセナルvsフラム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1039-425e4513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。