VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復活は遠く

リヴァプール、ブリタニアでストークに負けてしまいました。
ストークは相性の悪い相手ではなかっただけに残念でした。ロイ・ホジソンを抜くカメラワークが物語っていたように、そろそろ解任論が現実味を帯びてくる頃でしょうか。うーん、彼は小さいチームの方があっているのかな…。
この試合に限らず、リヴァプールはディフェンス陣と中盤のセントラルがダメすぎる。
特に昨日退場したルーカスと、凡庸なディフェンスを繰り返すキルギアコスとシュクルテルはおよそビッグクラブの選手とは思えないですね。なによりしたたかさがない。それから、昨日のディフェンスの並びは絶対にやめたほうがいい。チームの状況的にしかたないのかもしれませんが、キャラガーはやっぱりセンターバックの選手ですからね。だったらシュクルテルを右にしてもいいかも。まぁ機動力は稼げませんがね。笑
試合を通して、両サイドバックの上がりが少なすぎる印象でした。もっとサイドを活性化させないと、中央のラインが堅いストークを破ることはできなかったはず。トーレス、バベル、エンゴグは実力はあるのに単独で攻めるから身を結ばない。ホジソンは攻撃をどのように組み立てるように指示しているんでしょうかね。この試合からは明確な形は分かりづらい印象でした。特にサイドに広く使うわけでもなければ、相手の弱点を突くわけでもない。これでは勝てないですよね。加えて緩い中盤と不器用なセンターバックですから、妥当な結果かと。
ジェラード、カイト、トーレスは復調の兆しがありますが、それ以前にまずは守備の構築ですね。そこがうまくいくなら、リヴァプールはもっと上にいけるはずです。
BIG4には、彼らの名前がなくてはいけない。
なんで僕がこんなにリヴァプールに執着しているのかというと、なんとなくアーセナルと境遇が似ているからなんですね。マンUとチェルシーが優勝を争い、それを結果として優勝に関係ない位置で見守らされる感じが。
だから近い将来、アーセナルとリヴァプールが覇権を争う時期が来てくれたら、それはそれはとても面白いわけです。
だから今、僕の中ではリヴァプールの試合はアーセナルの次に重要なものになっています。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/14(日) 14:26:00|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エバートンvsアーセナル | ホーム | ウォルヴァーハンプトンvsアーセナル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1022-d6a65de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。