VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウォルヴァーハンプトンvsアーセナル

ウォルヴァーハンプトン 0 - 2 アーセナル



モリニューでの試合が、ここまで苦しいものになるとは予想していなかったかもしれない。

この日久しぶりにスタメンに入ったロシツキーが、ベンチを暖めた日々を払拭するように、試合開始直後から躍動。1分足らずでのゴールの起点となり、試合は大きくアーセナルに傾くかに見えた。

しかし、ここはウォルヴァーハンプトンのホームである。
彼らは中盤での圧力を増し、アーセナルの前線にフィジカルファイトが苦手な選手がそろっていたことも手伝って、攻撃の柱・ドイルを中心として次第に攻勢に出始める。


アーセナルはフィジカルファイトを避けるようにボールを回すため、サイドにサイドに追い込まれ、中央からの攻撃を封じられた。


防戦一方のアーセナルは、しかし、最大の収穫をもたらした。彼らからは勝利への渇望が感じられ、絶対に失点しないという意地のようなものを見ることができた。


最後にはシャマフのこの日二点目となるゴールで幕を閉じるわけだが、スコアほどの余裕はなかった。それでも選手達に歓喜の表情があったところを見ると、選手達もここ数試合はとても苦しかったのではないだろうか。



この日素晴らしいプレーを見せたのは、やはりファビアンスキとロシツキーだろう。

試合終盤のラッシュをことごとく跳ね返し、ディフェンス陣に安心感を与えた。さらにプレーの精度を上げていく必要はあるが、気を抜かずにやれば、アルムニアの居場所を無くさせるに十分な存在になれるかもしれない。


ロシツキーは、攻撃にアクセントを加える本来の役割もさることながら、スライディングによるファーストディフェンスが非常に効いていた。彼のスライディングの巧さは折り紙付きだが、この日はその特徴がフルに発揮されていたといえる。


フェルマーレンが故障再発、コシェルニーの出場停止があり、しばらくはジュルーとスキラッチのコンビとなるだろう。
ジュルーは俊敏さ、確実性、安定感に欠け、今のところはストロングポイントが見えてこない。彼はここで、真価を発揮できるのだろうか。


ここから3日に1試合のペースが始まる。
アーセナルは、ここが早くも正念場となるだろう。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/12(金) 15:40:04|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<復活は遠く | ホーム | せっかく書いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1021-c83ffb19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。