VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボルトンvsリバプール

ボルトン 0 - 1 リバプール


まさに辛勝。
リバプールはかつてユナイテッドと優勝争いを繰り広げたチームとは思えないほど、攻守ともに低調な内容に終始した。



その原因は、センターバックの不安定さと中盤の守備の緩さにある。

まず、センターバックの二人、キルギアコスとシュクルテルには、センターバックに必要不可欠な冷静さとボールコントロールに欠けている。極端な話、エアバトル以外では主導権を握れない。
この二人から攻撃が組み立てられないことと、中盤の守備の許さには関連がある。
この日のリバプールは守備的MFがわかりづらく、役割が曖昧なように見えた。ボランチ的な役割の選手がいなかったため、中盤の守備は疎かになり、アプローチをかけるタイミングも選手同士で把握できていなかったように見えた。
ルーカスが低めにいたことは確かだが、両センターバックのパスの受け手としての仕事ができておらず、相手の陣形に空間を作り出すことができなかった。
そのため、センターバックは前に蹴ることしかできず、前線に高さのないリバプールは攻撃の形を築けなかった。
メイレレス、ジョー・コール、ルーカスは役割・ポジショニングともに若干かぶり気味で、連携してサイドを崩すシーンは一・二度しか見られなかった上、最前線で待ち構えるトーレスも本来のパフォーマンスとはほど遠く、判断ミス、ボールロストが著しく目立った。
チームが名門の名をほしいままにするリバプールであるかぎり、この試合のスカッドは枚数こそ足りていたが、一流と言える選手は極端に少なかった。というより、この試合を見るかぎりでは一流プレイヤーと言えるのはレイナのみだったように思える。
ジェラードしかり、トーレスしかり、ジョー・コールしかり、プレーの精度、ダイナミズム、クリエイティビティーを欠き、期待はずれな働きと言わざるをえなかった。

全選手とも攻守の切り替えが遅く、特に攻撃に移ったときの追い越しの少なさは、ピッチをダイナミックに使うリバプールからすれば致命的な欠陥である。


ディフェンス陣は怪我の影響でしばらくこのままかもしれないが、中盤にはポウルセンを据えることを推薦したい。彼にディフェンシブな役割を意識させ、あとの中盤より前の選手で攻撃を組み立てる分業制の方が、このようにバラバラになるよりはまだいいように感じる。


しかし、勝ったのはリバプール。順位も12位まで上がった。ホジソンは難しい仕事に着手している。
彼にもう少し任せてみてもいいのではないだろうか。

新加入が多いチームにおいては、監督交代はそれほど劇薬にはならないだろう。よりバラバラになる可能性が高い。
コミュニケーションを組み立て、連携を再構築し、尚且つ大崩れしないチーム作りが必要なのではないか。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/01(月) 13:40:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<以前 | ホーム | アーセナル vs ウエストハム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizudayo.blog80.fc2.com/tb.php/1010-e3d7d900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。