VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスタルパレス vs アーセナル

クリスタルパレス 0 - 2 アーセナル

CL敗戦からの立ち直りをかけたこの試合、結果は苦しみながらも3ポイントと、上出来の週末となりました。
しかし、ここでフラミニの負傷は非常に痛い…。次節は天王山ですし、ここで引き離せれば言うことなしですからね。

しかも火曜にはキャピタル・ワン・カップ。これもレッズとですからね。

それにしても、苦しみましたね今節は。
アルテタのファールは決定機阻止として退場となりましたが、あれは厳しすぎる判定ではないでしょうか?
あれだけ距離があって決定的かどうかは分かりませんし、ボールホルダーはシャマフでしたしね。
そのあとははじき返すのに必死。とりわけセットプレーで苦しめられました。

それでも最後は、好調ラムジーのクロスからのジルーのヘッド。
こういう試合で勝てるのは大きいです。

ここ最近のネックは、やはり攻撃が中央に固まってしまうことですね。
純粋なWGがいないために、相手は高いラインを敷きやすく、また中央の守備を固めることでファイナルサードでの自由度を最小限に抑えることが比較的容易になっています。
ドルトムント戦はまさにその象徴で、ハイプレスによって攻撃をほとんど潰されました。

クリスタルパレスにはそこまでの実力はなかったんですが、今節はアーセナルの選手たちの身体が非常に重かった。ここいらでエジルを休ませてあげたいですね。
今のアーセナルは、特に守備の局面において、寄せが甘くなることが非常に多いです。
簡単にシュートやクロスを許し、その結果いらぬリズムを相手に献上しているケースもあるので、もっと徹底的に相手の攻撃を潰すプレスがほしいですね。

次節はここまでで最も重要な相手との試合です。
ついにロジャースのフットボールを体現し始めたリバプール。とりわけ2トップはプレミア最強にして最高の状態ではないでしょうか。
アーセナルは久々のクリーンシートですが、フラミニ不在の中、彼らをどう抑えるのか?
僕はいっそ、攻撃は最大の防御でいくしかないと思います。
2点取られても4点取って勝つ。つまりは攻撃で勝負です。
相手はルーカスが獅子奮迅の活躍ですが、こっちにはエジルもカソルラもラムジーもロシツキーもウィルシャーもいます。インファイトでは絶対に負けませんからね。

守備での注意点は、徹底して出し手を潰すこと。ジェラードのロングパスをいかに消すかに、勝利の鍵はある気がします。

パスワークではアーセナルに圧倒的に分がありますからね。
信じてぶつかるしかないです。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 13:01:27|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル vs ノリッジ

アーセナル 4 - 1 ノリッジ

絵に描いたような快勝。
全てのゴールが美しく、納得の勝利でした。

特に圧巻は最初のゴール。あれは年間ベストゴールといっても過言ではないのでは?あんなゴール、インビンシブルズの時にも見たことありません。
そこから後半に3得点。どれも技ありで、アーセナルらしいゴールでしたね。

エジルを観ていて気付いたのは、アーセナルに数多いるテクニシャンの中でも、エジルはとりわけ「使い手」「出し手」としての能力が卓越しているということです。
現有戦力の中にもパサーはいましたが、エジルはその中でも、周りを活かすのが非常にうまい。
アーセナルのテクニシャンたちは、もちろんパサーにもなれますが、それより受け手になった時に威力を発揮しますよね。
そういった意味では、エジルの加入は「同じような選手ばかり集めた」ように見えますが、効果としては全く違い、「やっと活かせる選手が入ってきた」イメージです。

去年までは攻撃のノッキングが多かったように思いますが、今年は前線への縦パスがかなり多い印象を受けます。
ジルーの成長も要因としてあるものの、やはり大きな要因は、エジルのような「真のパサー」が入ったことにあるのではないかと。
見ていても、崩す回数増えましたもんね。

それから、フラミニがベンチに下がるまでの守備と、彼が下がった後の守備をみても、フラミニという選手の重要性がわかるでしょう。
彼の加入がもたらしたのは、単に「ソング的な役割」の選手が加わったというだけではありません。
対人のディフェンス能力が高いのももちろんなのですが、大きいのはコーチングです。
フラミニはボールを奪われた後からすぐに、誰がどのタイミングでボールにチャレンジするかを積極的にコーチングしています。それからさらに、各選手のポジショニングにも支持を飛ばし、瞬時に陣形を整えてくれるのです。
この効果は大きく、ノリッジにほとんど仕事をさせない時間を容易に作り出しました。

そこまではよかったのですが、またいらない失点を食らいました。
今季のアーセナルは失点が多い、というかクリーンシートが少なすぎますね。

昨日の失点はまず、簡単にクロス上げさせ過ぎという点、それからギブスの寄せが甘すぎる点でしょうか。
去年から、というかここ数年改善されない守備については、今年も継続して課題が残ります。

あんなに中盤の守備がよければ、もっと失点は防げるはずですが、今年はDFラインが直接的な失点の原因になることも少なくないです。
ヴェンゲルは「コシェルニーとメルテザッカーは替えられない」と言っているらしいですが、僕にはそれほど安定しているようには見えません。
やはりメルティには全幅の信頼を置くことは難しいですし、コシェルニーはイイと思ったらすぐやらかすので、CB二枚はあまり。。
ここが一番の改善点じゃないでしょうか。

インターナショナルマッチウィーク明け一発目。
アーセナルの好調はまだまだ続いているみたいです。
  1. 2013/10/20(日) 14:54:13|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本代表:欧州遠征を終えて

まさかの連敗で遠征を終えたザックJ。
この遠征で得られたものはなんだったのでしょうか。

正直、チーム全体のコンディションがすごく悪い気がしちゃったんですが、それは希望的観測ですかね。
香川のプレーなんか、今までモイーズ批判してた人がモイーズに謝りたくなるくらいの出来でした。
まぁその辺は鶏と卵みたいなことですが、それにしても香川はいただけなかった。

ザッケローニは今、何を考えているでしょう。
W杯8ヶ月前は、もうチームを固定する時期なのでしょうか。

思うに、チーム内競争が全くなっていない今のチームでは、この2試合のスタメンが機能しなかったとき、打開する策がありません。
これはビジネス上の組織にもいえるかもしれませんが、常に緊張感はもたせてないと畢竟、スタメン陣はゆるくなりますよね。
特にボランチ。僕はこのポジションに十分改善の余地があると思います。

長年不動とされてきた遠藤。いい加減、このポジションを託せる後任を探さなければならないと、そんな時期に来ていると僕は思うわけです。

「彼のようにゲームを作れる選手はいない」という声はよく聞かれます。
彼はたしかに、卓越したゲームメイクのセンスがありますが、一方で守備はほぼザルです。
そしてこの2試合、明らかに彼のいい面より悪い面の方が目立ちました。

この試合だけで決めるなと声もあるかと思いますが、この程度の相手に押し込まれる今の日本です。
防戦一方になったら彼の長所はまず間違いなく活きません。
そしてべた引きになったとき、彼の守備力ではボランチとしての役割は果たせないでしょう。

彼ほどの攻撃のセンスがないよりも、彼以上に守備ができる方が、現在の日本には重要だと僕は考えます。
というのも、ボランチ二枚とCBが不安定なことは、攻撃陣の重心も後ろに下がり、ひいては攻撃陣にも悪影響を及ぼすからです。


遠藤が不動というのは、はっきり言い切れない仮説のもとに成り立っているような気がしてならないのです。

というのも、ここ最近の代表で、遠藤以外があのポジションに入っているのを僕は観たことがありません。入っていたとしても周りの選手も若干違ったり、数試合程度だったりします。
もちろん、監督にそれで質を見抜く慧眼があるといえばそれまでですが、もっと試してもいいのでは?

事実、昨日の後半途中から出た山口蛍に関しては、明らかに動き出しと守備の面で長谷部よりいい動きを見せていました。遠藤の代役と目されながら東アジアで試せなかった柴崎を試すのは、今なのではないでしょうか。

お読みいただいてお分かりかと思いますが、僕が言いたいのは「もっと試せよ!」ということで、呼んだのなら使えや、使うなら少なくとも20分はあげろや、と思うわけです。

そこらへんの思い切りがなんだか悪くて、毎回もやもやしますね。
香川に関しては、最後まで引っ張った意味が全く分からない、正直マンチェスターユナイテッドの選手であるという存在感は一切感じられませんでしたしね。
それよか清武、乾を使ってやった方がよかったのでは?

この2試合で、よかったところはありませんでしたが、収穫もほぼありませんでした。
わかったのはチームのモチベが落ちていること、それがおそらく代表戦なのにメンバー固定であることから来ているだろうことはわかりました。

ここから数試合は勝てても、苦しくなった時のスーパーサブ不在の現状では、カップ戦を勝ち抜くのは厳しいんじゃないでしょうか。
序列がはっきりしすぎて、ベンチは腐らないでしょうか。

ザック、少しわからないですね。
  1. 2013/10/16(水) 11:24:13|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。