VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラスゴーの?

奇跡だなんて、失礼な。

オリンピック日本代表は下馬評を覆し、初戦を白星で飾りました。
スペインは名前ばかりが先行していましたが、チームとしての出来は今ひとつだったように思います。


この試合はなんと言っても永井から始まる前線の守備。これが中盤の押し上げにつながり、試合を通して決定機を作らせませんでした。
また、永井のスピードはスペイン守備陣、とりわけ両サイドバックにとって大きな懸念材料となりました。スペインの左サイドバック、ジョルディ・アルバは今夏にバルセロナへの移籍が決まった注目株で、僕自身も二年前から個人的に注視していた選手ですが、この試合での存在感はほぼ皆無。上げられたハードルを飛び越えられませんでした。


日本の得点シーンでは、扇原のキックも抜群でしたし、大津の入り込みも良かったのですが、最も仕事をしたのはニアで潰れた吉田でしょう。
彼が相手DFを三人も引きつけなければ絶対に生まれなかったゴールであると言えます。


清武、永井は守備面での貢献は素晴らしかったのですが、決定力が無さすぎる…。走り疲れたのはわかるのですが、いくらなんでも外しすぎだろうと。

東のシュートもかなり良かったですが、デ・ヘアはやはり格が違いますね、この年代では。


結果を大きく左右したのは、思ったよりスペインが縦パスを入れられなかったこと、それから退場者がでたことにあると思います。それでも攻めに転じたスペインの哲学は見事ですが、リスクマネジメントがお粗末すぎましたし、何よりセンターバックは低い位置でとられすぎです。あれでは、モロッコにも苦戦するんじゃないでしょうかね。。


スペインはムニアインの不在もかなり大きかったと思います。彼がいるのといないのとでは、サイドの攻防で大きく差がでるでしょうし。


日本の守備、特に山口と扇原の2人はバイタルを埋め、前を向かせない基本を徹底していて、安定感をもたらしていました。そのせいか、スペインの攻撃はサイドに偏りを見せ、身長で分がある日本に対して、センタリングを上げるシーンが増えました。
吉田を筆頭にそれを跳ね返し続けた日本。マタが中央に陣取ってからはかなりいやらしいボールが多くなり、若干押し込まれる時間もありましたが、どれもロングレンジのパスが多く、スペインらしからぬ攻めであったのは疑問でしたね。
中央を割って入るあのスペインはほとんど鳴りを潜め、手詰まり感のある攻撃に終始。守っては永井に決定機を作られまくる始末。こんなの、むしろ一点で済んだことの方が奇跡でしょ。

スペインに勝てるなら物怖じすることはないです!


これは奇跡なんかじゃない、紛れもなく、選手の頑張りと監督の戦術がもたらした、「グラスゴーの必然」ではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 21:53:03|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロビン、ツアー帯同拒否

ファン・ペルシーは、アーセナルのアジアツアーへの帯同を拒否した模様。
ヴェンゲルは彼に残留してほしいと願っていますが、彼の心はアーセナルから離れてしまったのでしょうか。

現在ロビンの獲得に関して、ユナイテッドやシティ、ユベントスが名乗りを挙げているようです。
彼を放出するのは今までのどの選手を放出するよりリスキーなように感じます。
精神的支柱として、昨季彼が成し遂げたことはチームに大きな影響を与えましたから。
苦しい時に得点でチームを助けるなんて、アンリ以来の貢献でしょう。

ヴェンゲルにも今度こそは、彼を残留させてほしいですね。

さて、ユナイテッドでは香川がプレシーズンデビューしました。
ハイライトしか観てないですが、彼にフォーカスしたものだったので、一応彼が関与したプレーは観ることができました。

なんともリラックスした感じでプレーしてましたね。
あれほどまで堂々とやれるとは。プレシーズンで相手も格下、周りも半数が若手とはいえ、堂々たるプレーぶりでした。
また、パスのタイミングやパスを送る位置など、なんともユナイテッドらしい感覚だったと思います。
アーセナルにとっては良くないニュースですが、単純に日本人としてうれしいです。

それにしても、ロビンのことが良い方向に片付かないかぎり、アーセナルのプレシーズンは今年も暗いものになりそうですね。。
  1. 2012/07/22(日) 19:53:59|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル、ファン・ペルシを「Uターン」させられるか

最近イングランドメディアとグーナーを騒がせているファン・ペルシの去就。
イギリス各紙には、ロビンが来週トレーニングに戻ってくることから、クラブとなんらかの会談がもたれ、うまくいけば数年前のルーニーのように、移籍を明言した後に契約を結ぶといった「Uターン」を実現できるかもというような記事があります。

ロビンはクラブの将来やプランに疑問を持っているようでしたので、その点を改めて詰めれば、なんとかなるかもみたいな。

この会談、いきなり来シーズンの正念場という感じになりそうですね。
一度でいいから、大幅な変更なしに、選手を加えるだけのプレシーズンにしてくれや…。

ジルーもポドルスキも楽しみな選手ですが、キャプテンが毎年いなくなるってのは、
これはまともじゃないですよ、正直。

ヴェンゲルの方針は確かに一定の貢献をもたらしてますが、そろそろ本当の勝利を見せてほしい。
チェルシーに先を越されたのは、僕にとってはかなり悔しいことです。
ビッグイヤーを掲げるアーセナルの選手たちが見たい。
そしてその中心には、オランダ人ストライカーが笑っていてほしいわけです。

来季は無冠を終わらせるというような最低限目標だけでなく、複数のトロフィーを掲げるシーズンにしてほしいですね。

そのために、何度も言いますが、キャプテンの存在は不可欠です。
彼の左足は、戦力差や戦況を度外視するミサイルですからね。

なんとか、来週の吉報を待ちましょう。
  1. 2012/07/15(日) 01:24:56|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファン・ペルシ「契約延長しない」

恐れていたことが…

アーセナルのキャプテン、ロビン・ファン・ペルシーが、自身のHPでアーセナルと契約を延長しないと発言しました。
これをうけてガジディスCEOは、残り1年となったキャプテンの契約を守り抜くとし、来夏フリートランスファーとなろうとも残留に向けて話を進める方向だそうです。

うーむ…。正直、ロビンは契約延長してくれると思い込んでいたので、かなりショックです。
アーセナルで現役を終えようという選手はいないのでしょうか。

おそらくロビンはかなり焦っているのだと思います。
彼はこれだけの才能が有りながら、トロフィーの数が少なすぎる。
気合を入れて臨んだユーロも、有り得ないような大惨敗を喫しました。

そんな中で自分のフットボール人生を振り返って、何かやるせない思いがあったのかもしれません。

そんでデイリーメールには、ファギーとマンチョがロビン獲得に名乗りをあげているのだとか。
これでプレミアのチームに移籍したら、悔やんでも悔やみきれないですよね。

なんとしてでも今季は残留してほしいです。
彼が抜けて得られる金額より、今シーズン獲得できるものはおそらく何倍も大きいはずです。
彼がいて、今季の陣容にポドルスキ、ジルーが加われば望みはあります。

全てのピースは、ロビンがいて初めてそろうのです。
  1. 2012/07/05(木) 21:49:44|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。