VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今季のアーセナル

今季のアーセナルは今までのアーセナルとは何か違った。
というのは、ショートパスを繋いで華麗に得点する従来のスタイルよりも、より縦に早く、シャープな攻撃になった。理由はおそらく、システムの変更だろう。4-4-2の今までの布陣では、FWに当ててからの攻めになるため、攻め上がりの際にエアポケット的に攻撃の流れが落ち着く。しかし、今季の4-3-3だと、両ウイングのランを活かすために、より前のスペースにボールを流すことが多くなった。
それによって、人数をそれほどかけずとも、ゴールに向かうことが容易になった。
しかし、そうなると中盤を絡めた細かいパス回しという点ではあまり効果がない。この二点が融合している唯一のチームが、バルセロナだろうと思う。
彼らの強みはパスでも個人でも崩せる、いわば攻撃のオプションの豊富さだ。アーセナルにはこのオプションがない。
昔よりも「悪くても勝つ」ようにはなってきたが、そのサッカーが実を結ぶとどうしてもパスサッカーを忘れてしまう。今季は特に、完璧に崩して決めた得点は少なかったように思う。

来季、この二つが同時に、しかも効果的に機能すれば、優勝も夢じゃないんではないか。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/28(水) 23:26:53|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日に履く

最近、雨の日に履く靴がなくて困ってます。

ブーツは片方穴開いてて、片方はスウェードだから濡れると汚い。
スニーカーは片方やはり穴開いてて、片方は色が派手目だから万能性がない。

うーん、どぉしよう。


そこで考えたのが、ビーンブーツ。
L.L.BEEN?L.L.BEAN?のブーツは下に防水のゴツイのが付いてて雨の日にも気がねなくはける優秀なやつなのです。ただ、若干不恰好な気がする。
なんてったって、足元にズボンのすそ、ブーツの革の部分、ブーツの防水部分で3色になっちゃうのでね。かといって、防水部分と同じ色のブーツはそんなにほしくない。うーん、難しい。


雨の日には他に何があるだろか。
  1. 2010/04/27(火) 09:18:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戦略

戦略と聞くと、思い浮かぶのは経営戦略や、ひょっとすると合戦なんかだと思います。
政治学科にいる人以外は、国家戦略って言葉はあんまり浮かばないかもしれません。

なんでこんな話をするかって、話題の事業仕分けに疑問を感じているからです。
恐い恐い女性がなんだか削減削減って言ってますけど、まぁ別に削減するのはいいんですが、要するにそれって何のために削ってんの?てことだと思うんですよね。
ただ「ムダを排除」とか言われてもなんだか、削られたほうはたまんないと思いませんか?
僕の知識不足ではありますけど、なんの方針に基づいてあんなに厳しくやってんのかわからないんですよね。どの分野を伸ばしたいのか、どの分野を抑えていくのかっていう指針を掲げて、その目標にむけて努力するならかまいませんけど、なんか削減される側が驚いたような表情を浮かべているところを見ると、なんだか御触れが伝わってないんじゃないの?って気になってきます。

もう少し国家戦略を国民に浸透させてくれてもいいのでは?国民の関心を得られないのは、国民のせいですか?僕は違うと思いますけどね。
  1. 2010/04/24(土) 15:22:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知将

CL準決勝1st Leg は、モウリーニョ率いるインテル対王者バルセロナでした。

結果はホームのインター・ミラノが勝利。ここでもモウリーニョの完璧な采配が光りました。
僕は一回戦のチェルシー戦をスポーツバーで観たのですが、あの試合でもモウリーニョは相手の手薄なサイドを狙うと見せかけ、まさに得点の瞬間、一気に逆サイドを破るという作戦で、その手腕を見せ付けました。

思うに、知将とは彼のように、変幻自在に戦術を操れる監督のことを言うんじゃないでしょうか。
ヴェンゲルも知将といわれることの多い監督ですが、僕としてはそのイメージは余りありません。というのも、先の考え方で言えば、彼は知将の条件を満たさないというか、僕の考える知将とはまた違った戦い方をするからです。
ヴェンゲルは、「ウチはこういうチーム。さて相手はどうでてくる?」というようなやり方に感じます。シーズンを通して戦術が変わることがほとんど無いからです。どちらかといえば「自分たちの力を100%だせば負けない」という哲学を持っていそうな気がします。
ですからなんとなく、ヴェンゲルは名将ですが知将ではない感じがします。戦術家でもないですね。

今季のアーセナルも無冠ですが、僕は応援し続けます。僕が大学を卒業するまでにはPL優勝はもとより、ビッグイヤーも手にして欲しいですね。

モウリーニョやペップのように、相手に合わせて戦術を変えられるフレキシブルさ、今のアーセナルには残念ながらないですね。

しかし、ヴェンゲルはDFの強化を明言したので、今夏はちょっとお金使いそうですね。
それより、メディカルを補強してくれ。
  1. 2010/04/21(水) 21:16:18|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の不快だった出来事

そういえば今日こんなことがありました。

1年のときに語学が一緒だった子と4限の教室に向かっていると、その子が所属するサークルの連中が10人弱で教室前にたむろしておりました。

おもむろに連中の横を通り過ぎようとした際、その子に気付いた連中の一人が、手を振りながら「おう○○○!なになに















彼氏!?」



と言いました。なんかよくわかんないけどさ、これってめっちゃムカつきません?笑

いやいや、その子の彼氏に間違えられたのは光栄ですけど、俺はお前のこと知らないわけだしなと。
それに乗じて他のやつまで冷やかし始めましてね、いったいお前ら何歳なんですかと。こいつと俺がおんなじ大学だと思うとさすがに悲しくなってくるわ。
その徒党を組みたがる姿勢みたいのも良くわかんないし。一人めっちゃ人間みたいなゴリラいたし。
ほんとなんなんですかね。だからサークルに対して変な偏見抱いちゃうんですよね。お前らの規範を一般社会に持ち込むんじゃないよと思いますけどね。
てか、それ楽しいんすか!?そのクソみたいなギャグのセンスにドン引きだわ。このゴリラ人間!

しかもそいつら俺のゼミ落ちてたし。笑
  1. 2010/04/21(水) 01:09:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のどいた

のどが痛いです。
風邪を引いてしまったみたいだな。何をしてものどが痛くて困っております。
ほんと、イライラするなぁこういうの。
アーセナルの今シーズンは終了するし。。最悪やな!!
  1. 2010/04/20(火) 22:29:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついついだらだらしちゃう休日

なんだかなぁ。
春休み終わってから、休日すごいだらだらしちゃうんだよな。
今年から自分自身が就活するってこともあって、こういう何にも無い日にも若干のやりきれなさみたいなもんを感じてしまう。
自分は将来どんな仕事をしたらよいのか。
うーむ。
サッカー関係の仕事に就けたら本当に幸せなんだけどなぁ。
旅行業界にも全く興味はないし、金融もあまりなぁ。出版かな、やはり。

まぁ残りの数ヶ月、視野を広げてみようかな。
  1. 2010/04/18(日) 13:56:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トッテナム、チェルシー撃破

やりよった!!

トッテナムはホワイト・ハート・レーンでのロンドンダービーを征し、前節勝利した地元ライバル・アーセナルを救いました。

くぅー。こいつら。なら前節負けてくれよって感じですが、そう贅沢も言ってられん!

アーセナル、ウィガンに勝たなきゃもう無理です!!
明日は絶対勝て!!!
  1. 2010/04/18(日) 03:42:32|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今さらですが

僕は先月イングランドに行った際、絶対にこれだけはしなければいけないと心に決めていたことがあります。




それはそう、プレミアリーグ観戦です。


というわけで、ケンブリッジからバーミンガムへ、電車で3時間かけて行ってきました。


行き方としてはケンブリッジ→ダービー→バーミンガムという流れ。平日はダービーではなくレスターなんですが、クロスカントリーラインは休日になるとダービー乗り換えになるとのことで、さっそくダービー行きを探しまして、4番と書いてあったので4番線で待っていると、いきなりダービー行きがなくなって、1番線になってました。

先日、日本航空が「時間通りの運航」No.1に輝いて表彰されてましたが、ブリティッシュエアウェイズしかり、イギリスはそれほど時間等を気にしないんだなぁと感じました。
まぁ観光客にとってこれほど不便なこたぁないですが。笑

ダービーと言うと、プレミア史上最短で降格が決定したあのダービー・カウンティが思い浮かびますが、ここと同じ場所なんでしょうか?
電車からダービーのスタジアムが見え、若いサポーターは電車の中でチャントの大合唱を始めました。
深く根付いてますよね、チャント。日本じゃ拡声器持った人が応援を指揮してますけど、イギリスでは自然発生的にチャントが起こります。
その最たるものが、誰でもチャントを歌えるということなんじゃないでしょうか。


まぁそんなこんなでね、バーミンガム・ニューストリート駅に着いたんですが、行き方がわかんないからとりあえずアーセナルファンについてったんですよ。
結果的にそれでセント・アンドリュースに着いたんですが、その途中にあったPUBで、地元サポーターが80人くらいで決起集会みたいなのをやっててですね、午後1時からかなりのテンションで騒いでました。服装はみな、バーミンガムのユニフォームかマフラー。素晴らしいですね、このチーム愛。
彼らは毎試合を自分の試合として楽しんでいるようでした。


チケットを受け取ったとき、封筒にはアーセナルと書いてあったんですが、席はアウェイ席の真上のホーム席。
つまり、バーミンガムサイドで試合を観たんです。



僕は最初、ホーム席だと知らずに、前の週にアーセナルメガストアで買ったマフラーをリュックに入れてたんですが、手荷物検査の際、スチュワードに「このレッドスカーフは絶対に見せんじゃねぇぞ」みたいなことを言われました。


ユニフォーム着てこうと思ったから良かった。笑



試合はナスリの先制点でアーセナルが勝利かと思いきや、ロスタイムに失点して同点。
先制のシーンでは僕は喜ぼうにも隣がガチのバーミンガムサポーターだったので、平常心を貫きました。


失点のシーンがすごかった。

僕らは90分を過ぎた段階で席を立ち、ちょうどスタジアム内に入った時でした。

スタジアムが倒壊するのではと思わせるほどの地鳴りとともに「Yeahー!!」というホームサポーターの大歓声。
一瞬で何が起きたか悟りました。


この大歓声は忘れることが出来ません。ホントにすごかった。まさに割れんばかりの歓声でした。



ニューストリートで、インフォメーションにケンブリッジ行きの切符を見せると、ニューストリートからケンブリッジまでの時間と乗り換えをすべて紙に書き出してくれました。
それまでイギリスの接客にあまり好印象を抱いてなかった僕でしたが、それには感動を覚えました。笑




スタジアムは小さめでしたが、その分観客と選手の距離が近く、親近感を感じさせるものでした。
日本では、良くも悪くも選手が芸能人のように神格化されているように感じます。
僕はそれも、サッカー離れを加速させる要因なんじゃないかと思います。

日本のスタジアムは無駄にでかくて選手と離れている。
自分達の声は届かない。そのくせ平らな構造になっているため、ピッチを俯瞰してみることもできない。
まさにないないづくしですよ。


学べるところはまだまだあるんじゃないでしょうか。
  1. 2010/04/16(金) 07:53:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今シーズン終了のお知らせ

はい、最悪。


アーセナルはホワイトハートレーンでライバル、トッテナムホットスパーと対戦し、1-2で破れました。

1999年以来の敗戦は、不敗記録と同時にアーセナルタイトル獲得の希望をも打ち砕きました。


これはあまりにも痛すぎる。引き分けでも痛恨だが、ここに来ての敗戦は、正直一番やってはいけない。
これだから、バーミンガム戦が痛切に悔やまれる。


アウェイのウエストハム戦やバーンリー戦だってそうだ。


アーセナルは本来落とさないはずの試合を落とし過ぎた。


しかし下を向いてる暇はない。難しいがまだ可能。チェルシーがスパーズとリバポに負けることを祈ろう。マンUがシティに負けることを祈ろう。

そしてアーセナルが、残りを全勝で終えることを願おうじゃないか。
  1. 2010/04/15(木) 18:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファン・ペルシー、ベンチ入り

今日はついにノースロンドンダービーですね!
これに勝てないと完全に優勝戦線脱落ですから、絶対に勝ってほしいところ。
不安要素はボランチの不足ですね。ソングの欠場は現有戦力で考えると一番痛いんじゃないかと。
しかし相手もパラシオスがいませんね。キングがボランチになったりして。

とにかくペルシも観たいですし、できれば楽に勝ってほしいな。
  1. 2010/04/15(木) 01:42:39|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェス

最近PCにチェスのゲームが入っているのを発見して、15回くらいやったんですがまぁ勝てない。笑
なんかルールもわかんないし、集中が持続しないんですよね。笑

僕オセロとかも何手先を読むとかできないんでめっちゃ弱いんですよ。
でもあれってほんとに何手も読んでるんですかね。パターンみたいのもある程度あると思うんですが。
いつになったら勝てるんだ!
  1. 2010/04/13(火) 01:09:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心にしみる

この前書いたばらの花って歌がめっちゃ心に染みる。
ほんといい曲だなぁ。岸田さんて素朴な天才ですよね。笑
くるりだと「三日月」とか「ハイウェイ」も好きです。

音楽っていいですね。
ギターもっと上手くなりたいなぁ。練習あるのみ。
  1. 2010/04/12(月) 02:28:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Guitar

今日は夕方と深夜にギターを練習しました。
ずっとバレーコードがうまく押さえられなくて、結構断念しかけてたんですが、ネットの力をかりていろいろコツを調べたらかなり出来るようになりました。まだまだ練習が必要ですが、前よりは自信を持って練習できそうです。
カラオケまじで行きたい。ここ数年行ってない気がするぞ。
歌のほうは再びのどを鍛え中。しばらく歌わないとのどが安定しない感じになるのでね。
にしても、バレーできるようになるとかなりやる気でますね!!
ばらの花練習しようっと。

明日もいい日になるといいなぁ。
  1. 2010/04/11(日) 03:46:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファン・ペルシー、復帰間近

長らく戦列を離れていたオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが、どうやらフルトレーニングに復帰するようです。
待ちに待ったエースの復帰ですね!!早く活躍するロビンの姿が見たい!!
そしてギブスとジュルーも2週間以内に練習に復帰するようです。はやくみんな帰って来い!!
今夏の最優先は現有戦力の維持とフィジオ・メディカルの補強だと思います。笑
  1. 2010/04/10(土) 16:44:37|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばらの花

ばらの花‐くるり&小田和正

去年の暮れにCDJに行ったときに初めてくるりの「ばらの花」を聴きまして、それ以降この歌がとても好きなんですよね。歌詞もリズムもとても心地よいし、口ずさませる何かがある気がします。
途中のメロディーが変わるところの歌詞とかすごく好きです。

その曲の素晴らしさと、この動画では小田和正さんのハーモニーがあいまって、よりずしんとくるのに軽快な曲になってると思います。悲しい、切ない曲なのになんだか希望を感じさせる気もしてきちゃうから不思議です。
  1. 2010/04/10(土) 16:37:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

充実ってば

最近充実してるな。
なんかすごい。イギリスから帰ってきて、まず最初に思ったのが、人とコミュニケーションが取りたいということだった。出国する前は、飲み会が面倒なものでしかなかった。だけど今は、次の日1限でも飲みに行きたいくらいだ。
ビールが飲めるようになったのもデカイかもしれない。酒が前より美味く感じるようになったのだ。
今日は去年語学が一緒だった友人3人と飲んできた。やはりいいね、酒を片手に話をするってのは。PUBみたいにもっと気軽に入れるようなところできればいいのに。
とにかく、人が好きになった。友達ができることの嬉しさ、楽しさを蘇らせてくれた。
今年も素敵な年にしよう。
  1. 2010/04/10(土) 02:48:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から

授業開始やん!!
アーセナルに関してはもう、メッシひとりにチンチンにされてしまいましたね。笑
マジ笑うしかないっしょ。笑

明日から授業開始です。早いなぁ。。バイトもまた復帰しなくちゃね。
みんなお元気???
春休みって最高でしたよね。今日は三郷公園でBBQやりましたよ。
超久しぶりでめっちゃ楽しかった。いいねぇ天気もよかったし桜も綺麗だし。

そんでゆらの里で一っ風呂浴びて帰るというコース。笑

近いうちに昨日の代表戦のレヴュー書きますね!!
  1. 2010/04/08(木) 23:53:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違い

今朝、どきどきしながら携帯を見たんですよ。
カンプノウで何が起きたのか。でも一気に見るのが恐かったんで、mixiで様子をうかがったんですよ。
そしたらコメント76件とかで、試合あったにしては異様に少ないなぁと思ってサッカーグラフィックのページ見たら









今日の深夜でした。笑
何考えてんだ俺は。

なにやらソングまで出らんないとか。こりゃ、厳しいな。




んで今日はスカイツリー見学からの浅草に行ってまいりました。
でけぇのなんのって!!スカイツリー!!あれでまだ半分てんだから驚きだわ。
最終的にはカリン塔みたいになっちゃうんじゃないかって。

浅草は異様に混んでた。とりあえず浅草寺御参りして、ぶらぶらして帰りました。
桜きれいだったー。

日本にだっていいとこたくさんあんだかんな!!
  1. 2010/04/06(火) 21:34:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋をパブ風に

かねてから、自分の部屋をみんなでわいわいやれる部屋にしたくて、だけどイメージがつかめずにいたんですが、イングリッシュパブ風にすればよいんじゃないかと最近思いまして、研究しております。
ケンブリッジにはイーグルという有名なパブがありまして、そこの雰囲気が最高だったんですよね。
だからそこを見習いたいんですが、いかんせん写真撮るの忘れちゃってて…。。
しかしまぁ、やっとイメージが決まりました。
完成が楽しみだ!!
  1. 2010/04/05(月) 23:10:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日は

バルセロナ vs アーセナル 2nd Legですね!!
ファブレガス・ギャラス・シャヴィンがいないのは超心許無いですが、ファブレガスの代役はナスリが、シャヴィンの代役はテオが、ギャラスの代役はキャンベル先生にお願いして、バルセロナ相手にも臆せずやって欲しいですね。
1stLEGの出来からみると、正直カンプノウで超大差で負ける可能性もあるわけですが、ここでもし敗退するようなら、PLにも影響しそうな気がします。
ここで踏ん張れないと、どっちも逃しそうですよね。だから必勝!!

ロシツキーに期待してます。
  1. 2010/04/05(月) 20:43:21|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数日経って

帰国して数日が経ちました。
今思い返すと、イギリスでの日々が夢のようです。もっと向こうの人と話せばよかったなぁ。にしても、みんなまた普通の生活に戻ってしまって、ケンブリッジのことはもう昔の話になってしまうのでしょうか。
昨日mixiでコミュニティを作ったんですが、男性人のレスポンスが悪くてちょっと落ち込んでます。さすがに男性陣はみんなすぐに入会してくれると思ったんだけどな。俺が思ってるほどにみんなへの思いとかはないんだろうか。それはそれで悲しい。早く加入してくれないかな。
せっかく異国で3週間も一緒に過ごしたんだから、この出会いというか、この繋がりを大事にしたいっていう考えはあまり受け入れられないんだろうか。なかなかうまくいきませんな。
新歓が大変って理由ならわかるけど、サークル入ってないやつにも送ってるからなぁ…。
はぁ…。
ステラ飲みたい。
  1. 2010/04/05(月) 04:01:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イングランドで感じたこと②「生活」

日本人の人生に対する考え方と、イングランド人の人生に対する考え方は、おそらく全く違うだろう。
イングランドの人々は、人生を楽しむために仕事をしているように感じられた。要するに、自分個人をとても重要視しているようなのである。
しかし、それでも経済が破綻しないのは、成果主義という概念と個人主義との相性がいいからなのではないだろうか。日本人は成果主義を掲げておきながら、実はグループで仕事をすることが多い。
ワークライフバランスには、今日本に必要な要素が十分に詰まっている。イングランド人が日本のサラリーマンや働く人々を見たとき、おそらく「なぜこんなにつまらなそうに仕事をしているのだろう?」と思うんではなかろうか。しかしそれは、働く人びとのせいではない。社会に元気が無いのだ。こういった現状をいちはやく解決しなければ、景気もよくならないのではなかろうか。人々が楽しむことを求めて、そのために仕事をする。この循環はとても素晴らしいものだと思う。行動範囲の狭まる定年以降まで、稼いだ金を十分に使えないのでは、窮屈すぎやしないだろうか。
日本人の雇用慣行、ワークライフバランスにいささかの疑問を感じた。
  1. 2010/04/04(日) 23:22:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イングランドで感じたこと①「音楽」

今回の旅を思い出すのに有効な曲といえば、Black Eyed Peas の「I Gotta Feeling」だろう。
体でリズムを感じ、表現すること。イギリス人に限らず、欧米人はそんなことに慣れている気がした。
派遣生として共にケンブリッジに渡った友人の部屋でいつもかかっていたこの曲は、まさに「体で表現すること」を地で行くような曲である。その友人は、いとこや祖父母がアメリカで暮らしているという、日本とアメリカの中間にいるような生活を送ってきた人物である。彼いわく「こっち(欧米)では、大学生がクラブに行くのは当たり前のことだ。どんなに真面目な生徒だってクラブにいって音楽に身を任せる。音楽と生活が密接に絡み合っているんだ。」とのこと。日本人の“クラブ”というものへの考え方やイメージとは対極にあるようである。
欧米がそうだから、日本もそうするべきなんだという気はない。だが、そんな欧米が世界の音楽史に名を残す傑作を生み出し続けているのもまた事実である。
日本人は元来、シャイでおとなしく、勤勉な性格だ。ゆえに一つのことに没頭するととてつもない力を発揮できる性質があると思う。同時に、日本人には悪く言えばストイック過ぎる部分がある。「楽しむ」姿勢が足りない。
人生を楽しむ。そんな遊び心が、イギリスの人々からは随所に感じられた。
奇しくも留学前、後期のゼミで私が勉強した「ワークライフバランス」とも密接に関係している。
こうして考えてみると、ものごとは連鎖しているということが良く分かる。
だからこそ、自分自身が、一人ひとりが、感じたことを意識して行動する必要があると思った。
  1. 2010/04/02(金) 21:02:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジェット・ラグ

完全に時差ボケです。
今日は午後4時くらいに起きました。眠すぎる。
昨日帰りの飛行機で1時間くらいしか眠れず。笑

しかしまぁ、友達増えた!よかったよかった。

感想等はのちのち書きます!
  1. 2010/04/01(木) 19:13:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。