VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書きながら著作権を気にしている自分が嫌になる

collection.jpg

ついに届きました限定版。
これを見ているときに、なぜ自分がこんなにカエラ好きなのかを改めて考えてみました。
僕はこれまで、好きな芸能人なんて一人もおらず、女性シンガーのCDすら一枚も持っていませんでした。
なのになぜこんなに彼女にはまっているんだろうか。
それはただ単純に好きというよりも、憧れていると言ったほうが正しいのかもしれません。
自分が「本当はこうありたい」とか「こう生きるべきだ」という生き方を、まさに彼女がしているからだとおもいました。

その生き方というのはなんというか、大人ぶってないというか、気取ってない感じというか。

彼女はすばらしい才能の持ち主。頭の中はきっととってもカラフルなんでしょう。


これを見ると、カワイイってよりも、なんかかっこいいなぁって思いました。
生きたいように生き、素直に生きてるんだな、こういう人もいるんだなって。
マルチな才能ってやつでしょうか。こんな人いるんだね。

僕はカエラみたいに、強く生きていけるんでしょうか。
でもちょっと、負けたくないなんておもってます。


Collectionに載っている彼女のポエム的なものからの抜粋です。
とてもかっこいい。






「EYE」

目で見てるもの 大人になるほど
狭くなるような  広くなるような
見てる世界が違うような

子供は想像世界 大人は現実世界
保育園のお昼寝の時間 ケムンパスを見た
うさぎとお話ができた
ぬいぐるみには 命を吹き込んで
自分は空を飛べた


答えのない中で遊んでた
でも私は大人になってく もう23歳


あたりまえを求め 答えを探す
でもそこから必死に抜け出そうとしてる



コドナになるために


私の周りにはしんじられないほど 素晴らしい才能を持つ大人がたくさんいる
みんな大人子供なんだろう

つまらない世界を面白い世界にしたいと坂本竜馬はいう
何を彼は見ていたんだろうか


どこまでも 目で見る世界を広くしたい
いくつになっても 楽しく悔いのない人生にしたいから








カエラはまさに子どものような大人です。そんなことほど難しいことはない。
だからかっこいい、だからあこがれてしまいます。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 20:38:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本vsパラグアイ

薄型テレビの迫力はすごいですね。スピーカー付きでサラウンドの臨場感とか会場にいるみたいな感じでしたよ。

さてさて、日本はパラグアイと引き分けて2連覇。まぁこんなのカップ戦にする意味ないと思うんですがね。笑

日本は立ち上がりからポゼッションを高め、一時7割台まで支配しましたが、結局効果的な攻めはできず、最後までパラグアイの固い守りを崩すことができませんでした。

というより、アナウンサーがまずモノを知らなすぎますね。普通ポゼッション7割台なんておかしいですよ。これどう考えてもパラグアイの作戦です。

これはアーセナルの負けパターンと合致するんですが、かなりの割合でキープしたにもかかわらず得点できず、逆に一本カウンターを食らって負けるという可能性も少なからずありましたね。

守備を固めてくる相手に対して、どのような攻撃が有効か。その答えは、同じくアーセナルのゲームを見るとわかってきます。

守って守ってカウンターを主体とするサッカーに対して、好調時のアーセナルは中盤から積極的にミドルを打っていきます。まぁこれは枠に入れることが大前提となるわけですが、それによって今度はミドルを阻止すべく、ディフェンスに行くラインが若干高くなります。するとラインが上がり、キーパーとDFの間にスペースができ、そこでパスが生きてくるといった感じです。
しかし日本はミドルシュートを打とうという姿勢はあったものの、ことごとくブロックされていたため、あまりラインを引き上げる要因にはなりませんでしたね。そのなかで遠藤は一切シュート打ちませんでしたけど。

そして守り固めた相手を崩せずにだらだらポゼッションしてるうちにだんだんと疲労が蓄積し、徐々にリズムを失ってきますが、松井が入ったことで若干落ち着きましたね。
しかし松井は最初トップ下で出てたんでしょうかね?だとしたらかなり起用法に問題ありだと思います。彼は明らかにサイドで際立つ選手ですし、事実サイドに開いた時のプレーでは日本人離れした動きをみせていましたからね。

そしてあれだけ攻めながら点が取れなかったのには、FWのいたらなさも大きいでしょう。特に巻と大久保はひどかった。てか昨日のFW陣には点を取れる気がしなかったですね。

巻はまず周囲との連携がない。全然ダメでしたね。もともと足を使ってするプレーが異様に下手なんでなんとも言えませんがね。

そして大久保。なんだありゃ。ひときわ終わってましたね彼は。
まずドリブルが足につかない。次にシュートのタイミングがおかしい。
なんであの時間に出場してきたのか。ほんとにまったく意味が分かりませんね。てかボール蹴れなすぎ。松井の好プレーをことごとくぶっ潰してましたからね。あれはいただけない。

個人的に残念だったのは高原。彼からは昨季フランクフルトで最多得点を叩きだした選手というオーラが皆無でしたね。なんだかダラダラ試合やってるみたいな。
アジア杯での動きが神掛かっていただけに残念でしかたありません。おそらく常日頃のハードワークを怠ったせいだと思いますけどね。

足元が下手な選手として、やはり鈴木啓太は外せない。笑

短いパスなんかがやたら通らない。それがバイタルエリアなんかで起こるともうヤキモキしてしまいますね。
それと中村憲剛との相性が悪い。なんだかかぶりまくりでした。

中盤に俊輔が入ったことで、かなり形にはなっていましたが、オシムの頃と違って前半のクオリティを維持することができなくなっていますね。これは普段からハードワークをしてないからでしょう。
やはり練習で体力を保つのではなくさらに上乗せすることが大事だと思います。
日本は他国よりも個人技で劣っている分、一人一人が相手より動くというのは勝つために重要なファクターだと思いますし、現にそうゆうサッカーを提唱してるわけですからね。

次はワールドカップ三次予選ですか。
FWしっかりやれ。
  1. 2008/05/28(水) 09:44:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本vsコートジボアール

勝ってしまいましたか。。いまさらかって感じですがあしからず。

日本は前半早々に奪ったゴールを守り切り、コートジボアールに勝利しました。この試合から、岡田JAPAN初の欧州組合流です。
この試合の勝因として、やはり欧州組のコンタクトの激しさがあったんじゃないでしょうか。
特に長谷部はあの線の細さに関わらず結構激しくいってましたからね。
コートジボアールとしては試合開始から日本がきつくプレスをかけて来たことで出鼻をくじかれ、それが失点という最悪の結果に結び付いたといったところでしょうか。
日本は得点するまで、または得点してしばらくの間、かなりいいペースでボールを回していたと思います。トゥーリオが最終ラインにいたのも大きかった気がしますね。他のディフェンダーと違い、トゥーリオはボランチにいったん当てたり、サイドハーフに展開したりと攻撃へのオプションが多いんですよね。
ですから、縦に当てて落とすという動作を繰り返してるうちに攻め手が見いだされていき、その結果、選手一人一人がボールをもったときに選択肢が複数ある状態が築けていました。こういった、いわば敵をおびき出してスペースを作るパスというのができる選手が日本には少ないと思いますね。
ドイツW杯でアルゼンチンがセルビアをフルボッコにした試合でも、アルゼンチン側はこういったパスを後方から積極的に配給していました。

おそらく岡田JAPAN最高と言える内容だった前半とは打って変わって、後半は防戦一方でした。

理由はおそらく、エブエが前線でボールを持ちはじめ、積極的にドリブルを仕掛けていたため、そのまま日本のディフェンスラインがずるずると後ろに下がり、ボランチとオフェンシブの間が空きすぎたことでそのスペースを突かれ、日本は前線へのボールを寸断されてラインを上げるタイミングを逃したからといった感じでしょう。
後半はほとんどイイ形で攻められてなかったですからね。もっとラインを高く保って、より中盤でコンペティティブな状況を作り出せれば攻め手もあったでしょうが、日本は守り切る方を選んだようです。

さらに前半は生きていたサイドの攻撃が、後半は激減。松井に変わって入った香川は、技術云々の前にフィジカルコンタクトが弱すぎてキープまでいけてませんでした。それも一因と言えるでしょうね。

松井に関しては、正直物足りない感じが残りました。もっとできるでしょみたいな。まぁそれでも要所要所で別格のプレーは見せてはいましたけどね。

総合的にいうと、あまり内容はよくなかったです。疲れるとラインが下がるクセも全く直ってないし、相変わらずミドルは少ないですからね。しかし前半のような試合ができれば、ある程度完成してくるんじゃないでしょうか。

ちなみにコートジボアールはドログバ、コネ、カルー、Y・トゥレが招集されておらず、K・トゥレもベンチから出ませんでしたから、まぁ2~1.5軍て感じでしたね。
エブエがアーセナルのレギュラーとして紹介されるのはなんか変な感じしますね。笑

明日のパラグアイ戦には俊輔も出場すると思うので、中盤の底が今野一人で大丈夫なのかって感じです。

最後に、松木は消えろ。
  1. 2008/05/26(月) 11:46:40|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェラ、労働許可取得でアーセナル復帰。ナスリは???

オサスナにローンで出ていたU-20メキシコ代表カルロス・ヴェラが、このたびワークパーミットを取得し、無事ベンゲルの傘下に加わりました。
楽しみな選手ですね。これで新FWの加入はないんでしょうか。
しかしアデバ以外に計算できるFWがいないのもいかがなものかって感じです。
実際ファンペルシーは怪我がちで、復帰してもフィットには時間がかかりますからね。
けどヴェラはずっと見てみたいと思ってた選手なんで楽しみです。
ローニーの中では一番活躍してましたからね。


そういえば、あれだけ大々的に取り上げられていながら公式発表のないナスリ獲得についてですが、彼の去就は週明けに公式発表が出るらしいです。
マルセイユ関係のHPにはアーセナルなんてしっかり実名で出てます。http://www.laprovence.com/articles/2008/05/23/459981-FRANCE-Les-dossiers-chauds-de-l-OM.php
はやくして欲しいですね。笑
僕としては去年のリベリーを思い出さずにはいられないんですが、ここはヴェンゲルのフレンチコネクションを信じましょう。
ちなみにナスリの動画がつべで見られます。
ドリブル半端ない。
  1. 2008/05/24(土) 18:42:13|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレーボール

今日はバレーボールの日本対韓国を見ました。
いやー、栗原さんすごかったね。
てか僕、栗原さんみたいなかお嫌いじゃない。
むしろ結構かわいいと思います。
ごめんなさい。
バレーボールを一瞬そうゆう目で見てしまいました。
  1. 2008/05/24(土) 00:43:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京浜東北線に乗ってます

今京浜東北線に乗ってるんですが、目の前に、怒りオヤジに出てた秋葉原四天王の一人を名乗るネットカフェ難民がいます!
「とりあえず壱万円払っとけばいいわけでしょ」とか言ってました。
ネットカフェ難民ぽい。
  1. 2008/05/22(木) 11:58:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル、ナスリ獲得間近

やっと来ましたよ!新入生の情報です!

アーセナルは移籍金約25億で、マルセイユ所属、フランス代表MFのサミル・ナスリを獲得するようです。
同選手は今日メディカルチェックをうけ、明日以降に正式発表となる模様。
ソースはフランスのレキップです。


いやぁ嬉しい!!やっと来たね獲得のニュース!!
ナスリはかなりイイとこ獲ったんじゃないでしょうか!?彼はアルジェリア系の移民で、ルーツを含めてジダン二世と呼ばれているようですね!早く正式発表してくんないかな!
  1. 2008/05/21(水) 19:31:27|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘアースタイル

私、髪を切りたいと思っているのですが、アバウトに伝えるとすごくワンパターンな髪型になってしまいます。そこでわたくし、人生初の「この人の髪型にしてください」をやってやろうかと思ってます。
そのモデルとなるのはズバリ!!
thom01big.jpg

トム・ヨーク!!!!!

かっこいいですよねこの髪型。
でも僕が行ってる美容院の人、バンドに詳しそうな人一切いなそうだから「RADIOHEADのヴォーカルです。」と言ってもわかってくれなそう。
こうなったらコピーするしかないのか…。

色も変えた方がいいのかしら。
僕むかし、姉が髪染めてるのみて「髪染める意味がわかんない」みたいの言ったら「あんたが染める時になったら同じこといってやんよ」と言われたんだよなぁ~。

とりあえず、トム頭にすることは決定!!
あとは色とどう伝えるかだな。。
  1. 2008/05/17(土) 13:21:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

UEFAカップ、ゼニト優勝

いまさらって感じですが、今日の早朝に行われたUEFAカップ決勝、ゼニト・サンクトペテルブルクvsグラスゴー・レンジャーズの一戦は、アルシャビンのゴールなどでゼニトが優勝しました。
正直驚愕しております。なぜなら、ゼニトの準決勝の相手はあのバイエルンですからね。ちなみにそのときのスコアはアウェー1-1、ホームでなんと4-0のトータル5-1。完勝です。
ゼニトの陣容は、ほとんどがロシア人で、しかもその中には代表に入ってない選手もいます。
ではなぜ強豪バイエルンを退け、優勝を飾ることができたんでしょうか。
それはおそらく、ディック・アドフォカートの名なくしては語れないでしょう。

アドフォカートは、現役時代は主にオランダでプレーし1984年から、ミホルス監督率いるオランダ代表でアシスタントコーチを務め、そこから監督業へと転向しました。
今回のゼニトというチームは、圧倒的な攻撃力が売りのチーム。そのスタイルは、「トータルフットボール」を柱にW杯西ドイツ大会でオランダを準優勝に導いた、ミホルスのサッカーに相通ずるものがあるのではないでしょうか。
W杯といえば、一昨年のドイツ大会で韓国代表を指揮していたのはこのディック・アドフォカート。
韓国のサッカー協会は目が肥えてますね…。韓国代表では思うような結果が出せなかったアドフォカートですが、今回は自身初となるタイトル獲得。
近年評価が下がっていた彼ですが、この優勝で再注目されるのではないでしょうか。
僕としては、ぜひ日本代表に監督になっていただきたいです。


<参考文献>
WIKIぺディア

4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)
(2008/03)
杉山 茂樹

商品詳細を見る
  1. 2008/05/15(木) 22:47:00|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日習ったこと

今日の心理学の時間にロボトミー手術について習いました。
まぁ前から知ってたんですけど、それは脳の前頭葉を切除する手術です。
その手術をすると、なんにも意欲がなくなり、一種の廃人みたいになるそうな。
そのとき僕は思いました。
この手術












性犯罪者に使ってくれと。
まぁもちろん、日本は法治国家なんで無理でしょうけどねww
でも性犯罪ってほんと最低。先頃メディアについて偉そうなことを書いた僕ですが、強姦とかのニュースには憤怒を抑えずにいられません。
一番許せない犯罪ですよね、そうゆうの。
そぉゆうニュースを見るたびに「男なんて消えてしまえばいいのに」と男なのに思います。
世の男性諸君。女性にとって自分はなんなのかを考えましょうね。
  1. 2008/05/12(月) 21:42:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Man.U連覇で今季プレミア終幕

チェルシーとデッドヒートを演じてあたマンUでしたが、最終節もしっかりと勝利を修め、昨季な続いてプレミアを制覇しました。

はい、終わり。
  1. 2008/05/12(月) 15:39:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレブ移籍はほぼ確定か

フレブの代理人は、フレブの地元ベラルーシの新聞に対し、「アレクサンダーは人生でもっとも深刻かつ重大な移籍にむけ、準備を進めている。アーセナルは彼に対し好条件を提示しているが、それでも彼はチームを去ることになるだろう。」と発言しました。
移籍先はおそらくインテルでしょうが、もうこんなやつはチームにいりません。
そもそもセリエAになんの魅力があるのかまったくわかりませんが、キャッシュリー的な扱いになるのは覚悟しといていただきたいですね。
シーズン中に密会するは、試合中に平手喰らわすわ。
ならフレブの金でもっとシュート意識の高い選手取った方がいいですね。
あとさっさと本人もコメントしろよw
とりあえず今夏は課題山積のアーセナルでした。
  1. 2008/05/10(土) 16:38:04|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マニアックツアー

誰か僕と

1.東横線に乗る

2.「光麺」にいく

3.渋谷のタワレコでサインを見る

4.月島のもんじゃ屋「おかめ」で「餅めんたいチーズもんじゃ」を食べる

5.下北の「マジックスパイス」で激辛スープカレーを食べる。

6.六本木ヒルズ付近のTSUTAYAでなごむ

7.六本木ヒルズのJ-WAVEでラジオ放送を見る。





という東京を満喫する振りをして実はカエラのゆかりの地をめぐるだけの旅をしませんか。
いや、実際にやるかは別として皆さん








僕はもう、ここまで来ています
  1. 2008/05/10(土) 12:59:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

木村カエラやばす

今日は「H」という雑誌を買いました。
まぁ普通に音楽雑誌なんですが、なんで購入したかというと、タイトルの通り木村カエラさんの記事が載っていたからです。
この雑誌のカエラのテーマはずばり、木村カeroだそうです。


あのね、永久保存版。


くそかわいいは彼女。


ぜひ暇なら見ていただきたい。まじ感動です。
  1. 2008/05/09(金) 15:50:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メディア・リテラシー

先ほど、上野の本屋で週刊新潮を読んでたんですが、なかなか興味深いものが載っていましたよ。

「山口県光市母子殺害の元少年」の父親が、なんと手記を出すとか。金儲けしたいとか言ってるらしいです。

それと、愛知県の女子高生殺害事件(最近起きた事件です)の前日にしるされた、彼女の不可解なホムペ日記の言葉など。

やっぱりこぉゆうのを見てると、どこまでが真実でどこまでが釣りなのかを判断したりもしくは判断しようとしなければならないなぁと思いますね。
やはり本や雑誌に書いてあることは、自分の体験ではないわけですから、それを鵜呑みにしてしまうのはいささか危険で、場合によっては利用されたり騙されたりしてしまうこともあるわけで。
俗に言うメディアリテラシーというやつを、今の時代は教育のカリキュラムに組み込むべきかも知れませんね。

情報の錯綜が甚だしい昨今、特に若年層への情報が与える影響は大きいでしょうから、メディアリテラシーの確立は重要な課題だろうと思いますね。

例えばさっきの、「元少年の父親が手記を」と言われて、憤慨する人がいるかもしれません。さらに極端に話をすすめれば、この記事を読んで怒りを我慢仕切れなかった人が新しい事件を起こしたとしましょう。
そしてその事件のあと、実はこの事件がでっち上げだと発覚したら…。もちろん異常なまでに極端な例ですがね。笑

このような事態は起こらないにしても、もっと小さな損害をこうむることは何かしら起こりうることだと思います。ですからこうゆうことには、「こんなやついんのか。自分も気を付けなくちゃ。」というくらいの捉え方でいいんじゃないでしょうか。もちろん、自分の主張や意見を持つのは素晴らしいことですし、考え方を育てる重要なファクターになると思います。
しかし、メディアが発達している現代、究極的な部分では「赤の他人」であることが多い事件や事故や事柄にあまり入り込みすぎるのはいいこととは言えないんじゃないでしょうか。
このご時世、まず疑ってかかるのも重要な手段だと思いますね。
  1. 2008/05/08(木) 16:32:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル、フレブも放出!?

先日、ミランにフラミニを持っていかれたアーセナル。今度はミラノのもう一方、インテルがフレブを狙っているとの報道がありました。
なんかCLミラン戦セカンドレグの数日前に、フレブが代理人とホテルを抜け出し、インテルと密会していたんだとか。
キャッシュリーの時と似てますね、なんか。これでフレブまでいなくなったら今期のアーセナルはいよいよ見る影もないかも。勢いでセスクまで移籍するとか言い出さないといいけど…。
バルセロナは来期の監督にペップを推してるらしいので、セスクは揺れるかもしれませんね。
今夏は相当数の補強が必要ですね。一人の怪我人も出ずに終わるシーズンなんてないですからね。少し余るくらいの方がピッタリだと思うんですが…。
ボスはちゃんと獲得してくれるのでしょうか…。。今夏こそはその重い腰を上げて欲しいですね…。
  1. 2008/05/08(木) 01:13:20|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまさっそく

カエラのインターネットラジオを聴いています。
わあい。
恩恵受けまくってます。最高や。
  1. 2008/05/07(水) 00:22:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラミニ、レーマンの移籍が決定。

ついにミランの公式HP上で、フラミニ獲得が報じられました。契約は4年です。
あらら。結局移籍してしまいました。
これで今夏はボランチの獲得はほぼ必須な状態かと。攻撃参加もできるようなね。
にしても、ミランに今必要な選手なんでしょうか。しかも自分たちが今期CLで勝ったチームにいくなよ…。。まぁでも決まったもんはしょうがない。新たな覚醒と新戦力に期待しましょう。

レーマンは退団決定だそうで、おとといのエバートン戦に途中出場したのはそういうことらしいです。
なにかと悪態をついてる印象しかなかったレーマンですが、アーセナルを史上初のCL決勝にみちびいたのはリケルメのPKを阻止した彼だと僕は思っています。
ほんとにお疲れ様でした。
アルムニアはモチベーションのもって行き方が難しくなりますね。。
放出決定の噂ばかりで獲得決定の噂がないのは勘弁してほしい…。。
  1. 2008/05/06(火) 15:47:39|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついに接続!!!!!!!!!

ついに本日、MYパソがネットにつながりました!!!!
すべてエドモンドくんのおかげです。
イヤー最高!!!!
これからはさらに更新頻度を上げてやろうと思います!!!
今後もよろしくお願いします!!!
  1. 2008/05/05(月) 21:46:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アーセナル、エバートンに辛勝

アーセナルはユーロを控えるセスク、フラミニを休ませ、代わりにデニウソン、ジウベルトのブラジルコンビがスタメン。ウォルコット、ファビヤンスキもスタメンでした。
まずブラジルコンビから。ジウベルトはなかなか良かったんじゃないでしょうか。やはり攻撃の選手じゃないなって感じのボールタッチでしたが、まぁ攻撃参加しないよりは良いわけで、その点でデニウソンよりは存在感があったと思います。要所要所で守備も効いてましたし。
デニウソンは存在感があまりなかったというか、横にしかパス出さないなって感じでした。

ウォルコットは現段階ではドリブルを取ったら普通の選手なのに今日はドリブルが不発でしたから、可能性を感じませんでしたね。リヴァプール戦で使い切ったのかも。

ファビヤンスキねぇ~。危なっかしい。笑
出るタイミングがイマイチ遅いような気がします。



トータルでは、つまんない試合でした。それといい加減エブエはやめてくれ…。なんかいちいちざつなんですよね。それと今日は全体的に単体攻撃が多すぎました。形で攻められませんでしたね。。
つぎはサンダランド。ホームではファンペルシの頑張りで勝利しましたが、今日の試合したら負けるかも。











そして、フラミニがミラン移籍だとかなんとか。
まだ公式ではないので分かりませんが、火のないところになんとやら…。今日の試合中はフレブ、セスクと談笑していたので、なら残れってかんじでしたけどね。どうなるんでしょうか。
  1. 2008/05/04(日) 23:59:45|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CL:決勝もプレミアも優勝争い

ホームでは無類の強さを誇るチェルシーは、ドログバの2ゴールなどで延長3-2で制し、トータル4-3でリヴァプールに勝利。初のチャンピオンズリーグ決勝進出です。
前日の試合でマンUがバルサを1-0で下したため、ファイナルはおおかたの予想通りプレミア対決となりました。

「プレミア対決」と書いて我らがアーセナルが名を連ねていないのが強烈に虚しいです。
やはり来シーズンはダブル、あわよくばトレブルを達成して欲しいですね。

ドログバはベニテスに「彼は自分から倒れこむ」と試合前に言われていたらしく、試合後のインタビューで「彼のような素晴らしい監督にあのように言われたのは残念だが、今日の試合で彼らには力がないということが分かったんじゃないかな。」と語りました。
イイね、ドログバ。
まぁその力のないリヴァプールに負けたのは他ならぬアーセナルなわけですが。

リヴァプールはファーストレグのリーセのオウンゴールが最後まで響きましたね。なんて残酷なんでしょうか。

決勝は見ないかもしれない。笑
  1. 2008/05/01(木) 11:14:57|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。