VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変に滑稽

わたくし、しばしばカエラの画像をとるために某掲示板に行くんですが、そこは最近荒らしがひどいらしく、なんか掲示板のコメントもくそったれみたいなことがいっぱい書いてあります。なんか荒らしとかやってるやつくそとか死ねとかそぉゆうのがいっぱい書いてあります。みんなその掲示板を正しく活用しようと頑張っているみたいなんですが、いかんせん汚い言葉や暴言が目立ちます。「〇〇が死にゃいい」だの「〇〇さんは消えて下さい」だの。
でもみんなささやかに偉いのは














コメントでは暴言を吐いておきながら、ちゃんとカエラの画像は添付してます。笑
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 18:12:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

問題点

日本のプロのサッカーコートは広すぎる。
ヨーロッパの諸スタジアムと比べても一目瞭然である。コートが広すぎることには欠点がある。
それはまず第一に、コートが広ければ広いほど、1人当たりがボールに触れる機会が少なくなるということである。狭いコートと広いコートで同じ時間だけボールを動かせば、広いコートの方がボールが人から離れている時間が長いためボールに触れる機会が減るのは当たり前である。
ではそれがなぜいけないのか。試合という練習とは違う感覚の中でボールに慣れる機会が減少するからである。試合の中で選手が成長するためには、様々な形でボールを操る必要がある。しかしそれが、今のコートではなかなか難しい。
第二に、コートが大きければ大きいほど、トラップやパスなどの基本的な動作のミスが目立たなくなる。少しトラップが前にでてしまっても、敵との距離が遠いため、さほど焦る必要がない。しかしコートが狭ければ狭いほど、ファーストタッチのミスやパスミスは命取りになる。だから一つ一つの動作を丁寧かつ迅速に行うようになる。そして個人の技術が向上していくのである。
今日の日本のサッカーコートが巨大な理由は、そのスタジアムが多目的グラウンドであるという点に帰着する。日本のサッカーをレベルアップさせるには、サッカーのみのスタジアムを造のも手ではないだろうか。
  1. 2007/08/30(木) 01:45:43|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ベルセルク

今日思い切ってベルセルクを集め始めようと思い、ブックエースに行ったら二巻からしかなかった。ド畜生と思い、取○駅のくまざわ書店に行ったらまた二巻からしかなかった。もう死ねと思い取○駅のとう○きゅうに行ったら28巻からしか売ってなかった。そんなピンポイントなお求めに応じてんなよと思いつつ、最後の砦である僕の友達がやっている本屋の前を通ったら、初めに駅に向かった時(7:20前後)は開いていたのに、帰りに見たとき(7:40前後)はもう閉まっていた。
何時に店閉めてんだあいつんち。
  1. 2007/08/28(火) 20:15:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フットサル

チームキョンシーは浪人生を三人含んでいるため体力が全然無く、攻撃大好きな僕たちは攻めあがっても戻らない、犬が一人で守るというごめんなさい状態に陥っていました。俺だけ。
けどミドル決まったしイイじゃん。来年には体力もついて最強だ。
  1. 2007/08/26(日) 23:36:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

好調MANCHESTER CTIYに勝利

アーセナルはエミレーツに開幕三戦全勝無失点の首位マンチェスターシティを迎えての開幕三試合目、後半35分のセスク・ファブレガスのゴールで、マンチェスターシティに今季初失点&初黒星を与えました。
序盤はアーセナルの試合とは思えないくらい中盤を省略してましたけど、ロシツキーが中でプレーするようになって来てから本来のアーセナルの試合ができるようになって来ましたね。
立ち上がりはサニャの負傷退場も相まって、なかなかパスの選択肢が限られてしまってましたが、前線の選手、特にロシツキーがボールを引き出す動きを積極的にしたことで徐々にアーセナルの攻めの形を作ることができました。フラミニはサニャの負傷のあと右サイドバックに入りましたが、ボランチでプレーしていた時よりも動きが良かった気がします。なんでそこに!?ってとこにいたシーンもありましたし。
セスクも序盤は横にしかパスを回していませんでしたが、時間の進行とともに縦へのパスも増えていました。守備への貢献も大きかったです。
途中交代で出場したデニウソンも、攻撃の芽をいくつか摘んでいたと思います。しかしあれだけつないで一点てのもなんだかなって感じですよ。ロビンとアデバヨールのコンビネーションも微妙でした。けど一番良くなかったのはドゥドゥ。なんか空回りしてた感じですね。まぁフィットするまで時間はかかるでしょうから、次に期待です。
フレブは相変わらず変なパスミスが多いものの、サイドからの突破はさすが。アシストのシーンもタイミングのずらし方がいやらしい。イイ感じでしたね。
まぁ確実にあと一点は取れたでしょって感じでしたけど、まぁとりあえず勝って良かった!次も気を引き締めて。
  1. 2007/08/26(日) 03:30:37|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームでマンCを迎え撃つ

今日は無傷の連勝で乗りに乗っているマンチェスターシティ戦です。
前節ユナイテッドを破ったそのままの勢いでこられたらブラックバーン戦より差し込まれることは必至ですね。加えてこっちにはギャラス、ジウベウトがいません。守備陣は早くも正念場を迎えますね。
今日破れれば完全にアーセナルは勢いを寸断されますから、今日勝つことは上位進出の必須条件となります。
いずれにせよ、今日の試合自体が大きな正念場ですね。


  1. 2007/08/24(金) 12:39:39|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

26日

今月26日に、地元の友達と組んでいるフットサルチームの試合があります。
相手はこれまた地元の友達のチーム。いやはや体力が続くか心配ですけど、久しぶりに狂犬っぷりを発揮してきたいと思ってます。
僕達のチームコンセプトは楽しむ事ととにかくシュートを打つこと。しかしなにより最大に重視しているのは、型にはまらないプレーをすることですから、その意識が、シュートを打つことに繋がっているということです。僕達は決してまだ強くはないかもしれませんが、強くなる精神は持っています。
だから今度の試合も期待できるでしょう。

僕個人の目標としては、より多くのシュートを打ち、より多く点を決めることです。まぁ四点は決めたいですね。
守備面では相手の攻撃の芽をつむこと、そして奪ったボールを効果的に前線に送り出すことです。
あとはクリエイティブに、大胆にプレーしたいですよ。
我々のチームは相手の得手を逆利用します。その意志が元で、チーム名は







チームキョンシーです。
  1. 2007/08/22(水) 15:20:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第二節は引き分け

アーセナルはアウェーでブラックバーンと対戦し、1-1の引き分けでした。
アーセナルは前半18分にゴール前の混戦からファンペルシーが決めて先制します。しかし後半27分、ダンにミドルシュートを決められて同点。そしてそのまま試合終了。
まぁ~よく一点に抑えましたねって感じです。見てるのも怖いくらいの試合内容ですよ。
守備の点では、やたらとセットプレーによわっ。失点こそセットプレーからではないものの、FKを与えるたびにまず相手にさわられてたような印象を受けます。ぜんぜん改善されてないですね。あれじゃ今日の相手より強いチームが相手だったらちんちんにされますよ。早急に改善して欲しいですね。まぁそんな簡単に改善できたら弱点じゃないけど。笑
そして中盤での守備も雑でしたね。飛び込むのが早すぎたり一発で行ったりして簡単にあしらわれてました。もうちょっとタイトにいけばここまで差し込まれなかっただろうに。
失点のさいのレーマンですが、また入団当初の凡ミスが出始めましたね。あの人はW杯の前にならないと活躍しないんでしょうか。笑
ファビヤンスキがくるかもしれませんね。
攻撃面では、二列目からの飛び出しが多かったのはよかったんですけど、飛び出すのに必死になったのか、あまり中盤とFWとのつながりが感じられませんでした。なんか浮き球も多かったし、ロングボールを多用してた気がします。もっとショートパスで崩して欲しいものです。
それとまだいまいちウォルコットがよくありません。この試合でももっとシュート撃てよ見たいなシーンがありました。
それとベントナーは面白いオプションです。なにより体が強いしヘディングも強いという点がイイ。ファンペルシーの落としは決めて欲しかったけどね。
あとブラックバーンのサヴェイジとベントリーうざ。

なにはともあれ引き分けでよかったってかんじの試合でした。ほんとにひやひやしっぱなし。相手の勢いに終始圧されっぱなしでした。
これで勢いが途切れないといいけど…。
  1. 2007/08/20(月) 01:41:16|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びっくりしたこと

まだアーセナルにアデバヨールが入る前に、僕がマスターリーグでアーセナルを使っていたときに、「なんかアデバヨールとか取りそうだなぁ」とか思って取ったら現実のアーセナルもアデバヨールを取りました。笑
そしてその後に、今度はトーレスを取ったわけなんですね。そしたらにわかにアーセナルがトーレスの獲得を示唆したわけです。笑
まぁこれは実現しませんでしたけど。笑
そして最近、僕はマスターリーグでジョアン・モウチーニョを獲得し、そして現在、現実のアーセナルがモウチーニョの獲得を示唆しています。笑
  1. 2007/08/18(土) 12:36:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

涼風

今日は涼風の新巻発売日でした。
やばいよやばいよ。はやく新巻出ないかナーと。
  1. 2007/08/17(金) 22:36:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アーセナル、アウェーで先勝

よっしゃ!!!!アーセナルがスパルタプラハに勝ちました!!!
2-0です!!!!いやはややっと無失点ですね!!!!!!
試合が動いたのは72分、クリシーが相手選手を二人かわして上げたボールにセスクが飛び込んで先制。そしてロスタイムに新加入のバカリ・サニャのクロスをフレブが叩き込んでダメ押しといった感じです。
こうゆう試合でしっかり勝てるのは重要ですね。しかもアウェーで。
得点者がどちらもMFというのもいいことです。フレブはここ最近でシュート意識が変わってきてるみたいです。今回のゴールを機に、セスクも目覚めて欲しいですね。
一方で、どうしたFW陣!!!!特にファンペルシーはどうしたんでしょうか。まあ試合見てないからなんともいえないけど。
でもまぁとにかく勝ててよかった!!!
次も落ち着いて完封勝利だアーセナル!!!!
  1. 2007/08/16(木) 09:28:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CL予備予選

今夜のアーセナルはCLの予備選のスパルタ・プラハ戦ですね。
ロシツキーは古巣との対決です。久しぶりにW杯USA戦やCL・HSV戦で見せたようなミドルシュートが見たいですよ。
それとベントナーがレンタルバックで入ってきたので、アデバヨールとツートップにしてじゃんじゃんサイド攻撃で勝負するという最近のアーセナルでは見られなかったオプションが増えましたから、その点はまた面白いですね。
ただやっぱりファンペルシーですよ。ファンタスティックなプレーではアンリにも劣らないと思いますけど、クライファートみたいにはなって欲しくないですよね。笑
予備選で負けるとかマジなしだからね。
アンリが抜けたことでタイトルを取る可能性が低いとか、オイルマネーでできた糞チームの黒人に『ライバルが一つ減った』とか散々に言われているアーセナルですけど、繰り返しますけどそんなこと絶対ないから。むしろ僕はリバプールのがどうでしょうって感じですけどね。
そしてアンリが抜けたことで、今まで試合中にアンリが領有していたスペースが空きますから、昨シーズンにアンリと同時起用した際にアンリと動きが被っていたアデバヨールは、真価がとわれるシーズンとなるのではないでしょうか。いずれにせよ、早くヤングガンズの形を作ってもらいたいですね。
今日も勝って波に乗れ!!!!アーセナル!!!!!!!
  1. 2007/08/15(水) 21:03:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル、開幕戦は白星

いやはや開幕しましたね。
とりあえず白星でよかった!!!!なかなかパスも流れてましたしね。
あとはやっぱりディフェンスですかね。まぁ今回の失点はしょうがないけど。ファビアンスキがほくそ笑んでたかもしれないですけどね。笑
攻撃面ではフレブが軸になっていた感じですけど、彼はもともと⑩番タイプの選手だったよな?ですからなかなか機能していたみたいです。
それとなにが契機になったのか、彼のシュート意識が高まってるような感じでした。イイねイイね。これまでアンリ一人で担っていた20数点を、中盤の三人、ロシツキー・フレブ・セスクでうまく分散させて点を取って欲しいです。
次節ではファンペルシー、エドゥアルドの活躍がみたいですね。
一戦一戦完全燃焼!!!!!!!!!!!!
  1. 2007/08/14(火) 02:13:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル

シーズン開幕だ。どの雑誌を読んでも評価は低いけども、2002年のブラジルだって、2006年のイタリアだって、決して下馬評は高くなかった。けれども、スポーツは評価でやるものではないとゆうことを証明するかのように、この二つの国は優勝をおさめた。
アーセナルの評価がどんなに低くとも、それが要因になることはない。
逆に気持ちを落ち着けて、一試合一試合を確実にものにして欲しい。
アンリ、フレディがいないことで、強豪との対戦には畏怖を感じてしまうこともあるかもしれないが、自分をしんじて思いっきりやって欲しい。
セスク・フレブ・ロシツキーの連動に期待しています。
やれいけ新生アーセナル!!!!!!!!!!!!!!!!
  1. 2007/08/13(月) 00:00:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リターンエド田

帰ってきよったあの男

まだみてないから変わったか

変わってないのか分からない

だけれど一つ言えるのは

かなりユニークな感じだね

ミスター氷点下

エドモンド田中
  1. 2007/08/09(木) 19:59:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英文を読む

いやはや英文を読むのは大変だ。
やっぱり英単語はやり続けないとだめですね。
その上で単語自体の意味をある程度ぼかして考えていくとわりと読めますね。だから単語だやっぱり。もちろん語順を理解したうえでね。
やってやる!
  1. 2007/08/09(木) 19:53:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目覚めよ臥龍

士、別れて三日、刮目して相対す。
これは勉強をして生まれ変わった呂蒙が、孫権に対して放った言葉である。
では僕はどうだろうか。三日前の自分を凌駕してるだろうか。自信はない。これがすべてなのである。僕の名前には孔明の名が入っている。彼は効率を第一に考えた。僕はどうだろうか。無駄に時間を使ってはいないか。もう一度熟考しよう。もう一度4月のモチベーションを取り戻そう。そこから臥龍は空を舞うのだ。
  1. 2007/08/08(水) 01:12:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一刻館

いやいやどうも私、ストレスが溜まると漫画に走る傾向があるらしく、今回はめぞん一刻にハマってしまいました。
まぁ前からアニメで見てたんですけどね。なんかあの古っぽい感じがイイね。実際めちゃめちゃにはまってますけど名状しがたいので悪しからず。
正直ドラマのキャスティングはイイ加減にして欲しいってぐらい最悪だから見ないでね。漫画の方読んで。読みたい人俺に言って!ちなみに犬夜叉書いてる人のです。高橋留美子さんでげす。
いやめぞん一刻面白い!ほんとに街並みとかも昭和なんだよなんか!俺昭和知らないけどさ!笑
けどとにかくなんか応援したくなるし三鷹もうざく感じるんだよ!ありゃすごい!だからぜひ!
アニメのが入りやすいかもね(*´∀`*)
  1. 2007/08/04(土) 00:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イライラする

めちゃくちゃイライラするぜ。くそが。なんだこれ。うぜぇ。くそイライラする。
  1. 2007/08/01(水) 00:18:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。