VICTORIA CONCORDIA CRESCIT ~Arsenal blog ~

アーセナルを中心に、サッカーネタを展開します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーセナル vs エバートン

アーセナル 1 - 1 エバートン

いやはや、今季最高にエキサイティングな試合でした。

正直、デウロフェウが出てくるまでに2点はとっておきたいと思っていたのですが、
予想通りの結果に。

先週末の段階で、エバートンの若き天才はキレッキレの状態でしたから、ビッグゲームでその片鱗を見せつける可能性は十二分にあったのです。

それにしても、あの失点シーンはどうしようもありません。
ギブスの対応が云々、という声もあるかもしれませんが、それはあのシュートが入ったから言えること。
もしあのシーンでギブスが不用意に飛び込んだら、失点の確率はほぼ100%近くまで跳ね上がってしまいます。
ディフェンスとしては、できるだけ遠くから打たせるのが定石であって、ましてや並みのプレイヤーであれば、ギブスがあの位置にいて点を取ることは至難の業です。
よって、ギブスの対応が悪かったということはなく、それよりもあの振りで、あの威力のシュートをあのコースに叩き込んだデウロフェウの才能をたたえるべきでしょう。

この試合を難しくしたのは、もちろん選手個々の疲労感の問題もありますが、エバートンの両サイドバックが高い位置をとり続けたことで、アーセナルの両サイドバックや両サイドが守りに回ってしまったこと。
加えてジェンキンソンはボールの持ち上がりがあまりうまくなく、ゲームメイクもあまりできませんので、この攻撃はアーセナルの攻撃を分断しました。結果、中央でボールをこねすぎてもたつくアーセナルの選手たちを、バークリーとバリーで潰す、プレッシングサッカーが可能になりました。

アーセナルは頼みのパスサッカーを封じられたばかりか、エバートンに素晴らしいポゼッションを見せつけられる始末。ホームなのにアウェーのような試合展開でしたが、そんな中でも失点せず、先制点を奪えるのが今のアーセナルです。

ビエラが「アーセナルは内容の悪い試合で勝てない」と言ったとかいう記事がありましたが、僕はお門違いないような気がしますね。
エバートン戦よりもサウサンプトン戦、ドルトムント戦の方が圧倒的に内容が悪かったですし、そのことを鑑みれば今節はかなり妥当な結果のように感じます。

前半の内容では負けに等しいアーセナル。アウェーであれだけのサッカーを披露したエバートンとしては、勝ち試合に等しいドローと言えるのではないでしょうか。

ここまで押し込まれた一因として、ヴェンゲルのスタメン選びのミスがあるのでは?と僕は考えました。
というのも、この試合のアルテタ、ラムジー、ウィルシャーは今季ワーストレベルの出来でした。特にアルテタは、チャレンジするしないの判断が悪く、相手の誘いにまんまと乗るような守備が散見されました。

ましてや、この大事な3連戦の初戦。僕だったらフラミニを絶対にスタメンにいれたでしょう。
現有戦力の中で、最もキャプテンシーを発揮するのは間違いなくフラミニです。アルテタも経験はありますが、声でチームを鼓舞するような選手ではありませんから、こういった苦戦が予想される試合では、行動と言動で引っ張る選手がピッチに必要なはずです。

まさか、エバートンをなめていたわけではないですよね。
しかし、3枚替えした後の方が圧倒的にチームのバランスがよくなったのは言うまでもなく、それを支えたのはフラミニとロシツキーです。
人選がもう少し違えば、結果も違ったのかなぁなんて、タラレバが過ぎるでしょうか。

とはいえ、負けなくてよかった。
次はエティハドでシティ。恐いですが、優勝するためにはほんとうに、こういう試合で真価を発揮できなければだめです。
もし、なんの見せ場もなく、ユナイテッド戦のような負け方をしたり、引き分けたりするようだと、優勝は絶対にできません。
断言しましょう。この試合とチェルシー戦が、今季の結果を占うと。

ここで勝ち星4以上なら、かなり明るい未来が待っているでしょう。しかし、3以下なら、例年通りのシーズンとなるでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/10(火) 22:54:36|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今さら振り返るユナイテッド戦

ユナイテッド 1 - 0 アーセナル

いやはや、更新が途絶えました。
近頃精神的に追い詰められていたもので、帰っては寝る生活をしておりましたもので、あしからず。

さて、ユナイテッドをOTで葬り去り、赤い悪魔をどん底の叩き落とすに絶好の機会を逸したアーセナル。
絶好のタイミングかに思われた対戦で黒星を喫した要因はなんだったのでしょうか。

僕が感じた理由は、攻撃時の緩急、特に縦方向へのスピードを欠いたことです。
この試合の前まで好調を維持していたチームの攻撃を支えたのは、エジルとロシツキーでした。
単純に得点という意味ではラムジーが筆頭かもしれませんが、攻撃のリズム、展開、スピードのレベルを上げていたのは間違いなくこの2人。テクニシャン揃いのアーセナルの中でもきっての名手であるこの2人が、相手の隙を見逃さず、隙がなければ作り出す役目をになっておりました。

しかし、ユナイテッド戦ではどうしても足元へのパス交換が増え、スペースを作り出すことができませんでした。
加えてリズムも単調で、相手の間でボールを受けることも少なく、自分たちにとって安全な位置でしかボール回しができていませでした。そうなるとユナイテッドとしては、中央のスペースを消して、突っ込んできた相手に対してのみ対応すればいいだけですから、守るのは造作もなかったはずです。

この試合ではロシツキー、もしくはウォルコットがほしかったですね。
縦に抜けるスピードや、前を向いてからのスピードが決定的にかけていましたから。

これはホームで敗れたドルトムント戦でも同じことがいえるかもしれません。


この試合で勝っていたら、もっともっと一気にアーセナルの強さが増したのになぁと、あの失点を悔いるのでした。
  1. 2013/11/24(日) 21:20:14|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスタルパレス vs アーセナル

クリスタルパレス 0 - 2 アーセナル

CL敗戦からの立ち直りをかけたこの試合、結果は苦しみながらも3ポイントと、上出来の週末となりました。
しかし、ここでフラミニの負傷は非常に痛い…。次節は天王山ですし、ここで引き離せれば言うことなしですからね。

しかも火曜にはキャピタル・ワン・カップ。これもレッズとですからね。

それにしても、苦しみましたね今節は。
アルテタのファールは決定機阻止として退場となりましたが、あれは厳しすぎる判定ではないでしょうか?
あれだけ距離があって決定的かどうかは分かりませんし、ボールホルダーはシャマフでしたしね。
そのあとははじき返すのに必死。とりわけセットプレーで苦しめられました。

それでも最後は、好調ラムジーのクロスからのジルーのヘッド。
こういう試合で勝てるのは大きいです。

ここ最近のネックは、やはり攻撃が中央に固まってしまうことですね。
純粋なWGがいないために、相手は高いラインを敷きやすく、また中央の守備を固めることでファイナルサードでの自由度を最小限に抑えることが比較的容易になっています。
ドルトムント戦はまさにその象徴で、ハイプレスによって攻撃をほとんど潰されました。

クリスタルパレスにはそこまでの実力はなかったんですが、今節はアーセナルの選手たちの身体が非常に重かった。ここいらでエジルを休ませてあげたいですね。
今のアーセナルは、特に守備の局面において、寄せが甘くなることが非常に多いです。
簡単にシュートやクロスを許し、その結果いらぬリズムを相手に献上しているケースもあるので、もっと徹底的に相手の攻撃を潰すプレスがほしいですね。

次節はここまでで最も重要な相手との試合です。
ついにロジャースのフットボールを体現し始めたリバプール。とりわけ2トップはプレミア最強にして最高の状態ではないでしょうか。
アーセナルは久々のクリーンシートですが、フラミニ不在の中、彼らをどう抑えるのか?
僕はいっそ、攻撃は最大の防御でいくしかないと思います。
2点取られても4点取って勝つ。つまりは攻撃で勝負です。
相手はルーカスが獅子奮迅の活躍ですが、こっちにはエジルもカソルラもラムジーもロシツキーもウィルシャーもいます。インファイトでは絶対に負けませんからね。

守備での注意点は、徹底して出し手を潰すこと。ジェラードのロングパスをいかに消すかに、勝利の鍵はある気がします。

パスワークではアーセナルに圧倒的に分がありますからね。
信じてぶつかるしかないです。
  1. 2013/10/27(日) 13:01:27|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル vs ノリッジ

アーセナル 4 - 1 ノリッジ

絵に描いたような快勝。
全てのゴールが美しく、納得の勝利でした。

特に圧巻は最初のゴール。あれは年間ベストゴールといっても過言ではないのでは?あんなゴール、インビンシブルズの時にも見たことありません。
そこから後半に3得点。どれも技ありで、アーセナルらしいゴールでしたね。

エジルを観ていて気付いたのは、アーセナルに数多いるテクニシャンの中でも、エジルはとりわけ「使い手」「出し手」としての能力が卓越しているということです。
現有戦力の中にもパサーはいましたが、エジルはその中でも、周りを活かすのが非常にうまい。
アーセナルのテクニシャンたちは、もちろんパサーにもなれますが、それより受け手になった時に威力を発揮しますよね。
そういった意味では、エジルの加入は「同じような選手ばかり集めた」ように見えますが、効果としては全く違い、「やっと活かせる選手が入ってきた」イメージです。

去年までは攻撃のノッキングが多かったように思いますが、今年は前線への縦パスがかなり多い印象を受けます。
ジルーの成長も要因としてあるものの、やはり大きな要因は、エジルのような「真のパサー」が入ったことにあるのではないかと。
見ていても、崩す回数増えましたもんね。

それから、フラミニがベンチに下がるまでの守備と、彼が下がった後の守備をみても、フラミニという選手の重要性がわかるでしょう。
彼の加入がもたらしたのは、単に「ソング的な役割」の選手が加わったというだけではありません。
対人のディフェンス能力が高いのももちろんなのですが、大きいのはコーチングです。
フラミニはボールを奪われた後からすぐに、誰がどのタイミングでボールにチャレンジするかを積極的にコーチングしています。それからさらに、各選手のポジショニングにも支持を飛ばし、瞬時に陣形を整えてくれるのです。
この効果は大きく、ノリッジにほとんど仕事をさせない時間を容易に作り出しました。

そこまではよかったのですが、またいらない失点を食らいました。
今季のアーセナルは失点が多い、というかクリーンシートが少なすぎますね。

昨日の失点はまず、簡単にクロス上げさせ過ぎという点、それからギブスの寄せが甘すぎる点でしょうか。
去年から、というかここ数年改善されない守備については、今年も継続して課題が残ります。

あんなに中盤の守備がよければ、もっと失点は防げるはずですが、今年はDFラインが直接的な失点の原因になることも少なくないです。
ヴェンゲルは「コシェルニーとメルテザッカーは替えられない」と言っているらしいですが、僕にはそれほど安定しているようには見えません。
やはりメルティには全幅の信頼を置くことは難しいですし、コシェルニーはイイと思ったらすぐやらかすので、CB二枚はあまり。。
ここが一番の改善点じゃないでしょうか。

インターナショナルマッチウィーク明け一発目。
アーセナルの好調はまだまだ続いているみたいです。
  1. 2013/10/20(日) 14:54:13|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スウォンジー vs アーセナル

スワンズ 1 - 2 アーセナル

難所リバティーで、完璧な崩しからの得点で勝利。
クリーンシートはまたも逃したものの、結果としては久しぶりの単独首位に立ちました。

まずは良かった点から。
何よりナブリーに得点が生まれたことが大きいですね。彼はストーク戦から自信を持ってやってましたし、ご褒美のような初ゴールでした。
セオの負傷で生粋のウインガーに若手しかいなくなったのに、全然見劣りしないプレーでした。宮市に活躍してほしい思いもありつつ、彼の成長は著しいですね。

それから、やはり好調ラムジー。好調な選手のシュートは、相手に当たってもゴールに飛んでいくんですよね。
何より、ボディバランスの向上がかなり大きい気がします。どんな体勢でもある程度の強さのシュートを打てる。これはかなりの武器です。彼がシュートを打てるプレイヤーであるということが認知されれば、DFは余計にやりづらくなります。結果として彼自身の選択肢が増え、より危険なプレイヤーになれる。ラムジーは今、かなりいいサイクルにあると言っていいんじゃないでしょうか。

さて、ここからはいまだにクリーンシートがスパーズ戦の1試合のみという守備面について。
今回の失点シーンは正直、メルティがなんとかできた気しかしません。ですが、相手にあそこまで簡単に入られてしまうサニャにも少なからず責任はある気がします。
全体を通してみたら、失点はアーセナルの左サイドから生まれそうな気がしていたのですが、意外や意外、逆サイドでした。というのも、ウィルシャーはここ数シーズンでもわりと最悪のパフォーマンスと言っていいくらい悪かったうえに、ギブスやほかの中盤2人と、マークの付き方で連携が取れていなかったように思います。なぜか中央にしぼっていたり、カバーがいないのにチャレンジしたり。そんなプレーが多かったので、左をいつか崩されそうだと思っていたら、計算できるはずのサニャのサイドから簡単にやられてしまった。
あのシーンではまず、サニャは絶対中を切ることに集中すべきでした。それでもまだ、中央に人数はいましたから、バイタルでボールを奪うことは可能でしたが、なぜか弛緩する中盤の選手たち。そしてこれまたなぜか、サニャはマークするのを止め、メルティは目測を誤りスローターン。このレベルであんな失点の仕方は、結構ひどいと思いますね。
この日のアーセナルは全体的に守備意識が低かったように思います。
守備の局面でほとんど効果的なプレスをかけれていませんでしたし、タイトさを欠いているような印象でしたね。

アルテタとフラミニとラムジーでも、わりとやれるんじゃないでしょうか。ウィルシャーはこの試合のプレーを続けるなら、正直出続けるのは難しい。なぜかイライラしているような印象でしたし、プレーにいつもの精度がありませんでした。

いずれにせよ、2位に2ポイント差をつけての1位。2ポイントなんて何の安全性もありませんが、このまま突っ走ってほしいですね。

  1. 2013/09/30(月) 23:36:48|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル、WBAに勝利

キャピタル・ワン・カップ4回戦。アーセナルはPK戦の末WBAを下し、次ラウンドに進出しました。

若手主体のチームは、アイスフェルドの先制ゴールで優位に立ったものの、71分に追いつかれ延長戦へ。
それでも勝負は決まらず、結局PK戦4-3で辛くも勝利。
宮市は120分間フル出場。まだプレーは観ていないのでなんとも言えませんが、
120分出続けたというのは、自信になったのではないでしょうか。

しかし、なんの因果か次はチェルシー。ここで負けるわけにはいきません。
モウリーニョ・チェルシー。ここでアーセナルに立ちはだかりますか。

今週はスウォンジーですし、ここからはやや厄介な相手が続きますね。
ナポリもありますし、もうすぐユナイテッドです。

今季初の踏ん張りどころ。
キーになるのはやはり、エジルでしょう。

彼がこれほど早くチームに馴染むとは思わなかったのですが、彼のパスはしばしばノッキングを起こしがちなアーセナルの攻撃に、アクセントをつけてくれています。
彼のプレーに、ほかの攻撃陣がついていけるか。これがかなり大きな問題です。

チャンスに答え続けることができるか。

ここからが本番です。
  1. 2013/09/27(金) 00:14:55|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーセナル vs ストーク

アーセナル 3 - 1 ストーク

意外や意外。ストーク相手にセットプレーからのゴールで快勝しました。

内容はと言えば、前半はテンポも悪くなかったのですが、後半は若干スピードが落ちてしまいました。
まぁミッドウィークにCLがあったことを考えると、それもやむなしか。
それでも順当に勝利を収めたのは大きいですけどね。

ストークが恐いのはホームですから、今節はあまり心配してなかったのですが、
依然として失点が止まらないですね。
ここまでクリーンシートはスパーズ戦のみ。それ以外は全部3-1という不思議な結果です。

これで首位浮上。スパーズがカーディフに試合終了ぎりぎりのところで先制点を決めて首位タイになっています。

しかしアーセナル。課題はやはり守備にあるのか?
失点にはつながらないけどめっちゃ危ないみたいなプレーがかなり多いんですよね。

相手に寄せる、ボールウォッチャーにならないっていう単純なことが、少しお粗末になってしまっているような気がします。

とはいえストークは複雑な攻撃を仕掛けてくる相手ではないですから、昨日はそれでも安全な方ではありましたが。
しかしハイボールとかクロスとかにやっぱり弱いですよね。左右に振られるとわりと簡単に綻びができてしまう。
ここをなんとかしたいです。

勝ったからいいものの、満足のいく試合とはちょっと言えない。
相変わらず守備面で堅固な感じが見受けられないんですよね。
うーん、悔しい。
  1. 2013/09/23(月) 15:28:46|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンダーランド vs アーセナル

サンダーランド 1 - 3 アーセナル

ポゼッションや点差ほど、差のなかったゲーム。
単純にサッカーのうまさ、スキルでいったら当然のスタッツですが、チャンスの活かし方でいったら、少ない攻撃で2度、ネットを揺らした(一つは取り消されたけど)ブラックキャッツの方がむしろ、作戦通りだったかもしれません。

しかし、ここはスタジアム・オブ・ライト。
アーセナルが苦手とするスタジアムの一つですよね。

ここで運を引き寄せて、しっかりと勝利をモノにしたのはとても大きいと思います。
何よりエジルの馴染み方がすごい。
一点目のアシストを筆頭に、数々のチャンスを演出して相手の脅威になり続けました。

それから、今日のMOMと言えるでしょう、ラムジー。
CL予備予選から大変な存在感を見せていたウェールズ人が魅せてくれました。

まさに目の覚めるようなボレーで勝ち越し、さらにさらに、美しいコンビプレーからダメ押しゴール。

僕は正直、彼がここまで献身的で、決定的な仕事のできる選手になるとは予想だにしていませんでした。
さすがヴェンゲル。やはり眼力は伊達じゃないですね。
ラムジーは今季、明らかにフィジカルが向上しました。当たり負けも少なく、止まった状態でも粘り強くなって、ボールロストが極端に減りましたよね。

さらに、今の彼は自信が漲ってる様子がうかがえます。ターンで相手をいなす、縦によいタイミングでパスを出すといった、昨シーズンまではあまり見られなかったアグレッシブなプレーがかなり増えています。
それに加えて、あのハードワーク。かなり広範囲にわたって顔をだし、守備にも攻撃にも参加して、攻守両面で非常に重要なアクセントになっています。

結果的には快勝ですが、あまり納得できないというか、釈然としないのはやはり、毎回同じ形で押し込まれ、あわやというところまで簡単にいかれてしまう癖が直っていないから。
フラミニが入って大分守備時のブロック形成が明確になりましたが、セットプレーでは相変わらず冷や汗ものです。

守備の関連でいえば、今日の失点は確実に防げた、というか、コシェルニーのタックルは明らかに不用でした。

まず、ボールホルダーはアダム・ジョンソン。しかも彼は右サイドでボールを持っていました。それに対してアーセナルはギブスとコシェルニーの二人でチェック。位置的には右サイドのかなり深い位置でした。
アダム・ジョンソンは典型的な左利きプレイヤーで、ほとんど左足でしかプレーしません。
強烈なシュートも例外ではなく、したがって左足に持ち替えられることだけを防げば、それほど恐い相手ではなく、焦ることもありませんでした。
それに対し、コシェルニーは相手に対してスライディング。しかもボールに近い右足ではなく、強引に左足を出して。あれでPKをとられないわけがありません。主審からみたら、どうやったって無理なチャレンジをしてるようにしか見えなかったでしょう。
あの角度から左足で相手に触れずに、ボールだけ掻き出すなんてことはできようがありません。
どうもコシェルニーはそういった危機管理意識がふわふわしてるところがありますよね。
もちろん足元もわりとあって、スピードもある稀有なCBですが、寄せが甘かったり判断に難のあることがかなりあります。

今日のスタメンを見た時、エジルの名前があって歓喜したと同時に、サニャとジェンキンソンが名を連ねていてぎょっとしたんですが、正直サニャのセンターバック、あまり観たくない。というより、ジェンキンソンの右サイドバックはあまりに攻撃面での組み立てへの関与が雑すぎるんですよね。
ジェンキンソンのところで流れが止まってしまうことが多すぎる。攻撃の停滞を招いた遠因は、彼にあると思います。もちろん、アシストは見事でしたが。

それから、今日の試合を難しくしたもっとも大きな要因は、ウォルコットが乗ってなかったこと。
あんな完璧なパスを二回もふいにするウォルコットはなんか久しぶりに観ました。まぁ、スパーズ戦でもかなりのシュートを阻まれましたが、あれは打った方より止めた方を褒めるべきでしょう。
しかし、今日のは決めないと。特に一本目なんて、あからさまにファー狙いすぎです。

追いつかれたときはどうなるかと思いましたが、いやはやよかった。
それにしても、守備面の課題はまだまだ解決してないんですね…。

これは来週のストーク戦も、厳しくなるぞー…。
  1. 2013/09/15(日) 02:10:50|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレビュー:サンダーランドvsアーセナル

インターナショナルマッチウィーク明けということで、早くも負傷者情報が入っています。
ロシツキーはハムストリングの負傷でアウト。ヤヤ・サノゴは背中の負傷でこちらも離脱です。

というわけで、開幕から中盤のアタッキングエリアを司っていたリトル・モーツァルトが離脱。
てことは、皆様(僕も含め)お待ちかねの、エジル登場ですかね。
てか、この陣容だったらまず間違いないでしょうな。

てわけで、先発は

FW:ジルー

WG:エジル、ウォルコット

OMF:カソルラ

CMF:ウィルシャー、ラムジー

SB:ギブス、サニャ

CB:コシェルニー、メルティ

GK:シュチェスニー

て感じでしょうか。
エジルとカソルラは場所が変わるかもしれませんが、おそらく試合中の流れでかなりポジションチェンジするでしょうから流動的かと。

もしくはスタメンじゃなく、カソルラWGのラムジーオフェンシブ、フラミニCMFってのもありえますね。

いずれにせよ、楽しみじゃないですか。
さらに朗報で、フェルマーレンがフルトレーニングに復帰しています。
徐々にベストな陣容がそろってきました。
これにさらにアルテタ、チェンバレンが加わり、さらに宮市が食い込めれば
競争はかなり激しくなりそうです。

なんといっても明日、苦手なスタジアム・オブ・ライトで結果を出すことで、ノリノリな雰囲気をさらに乗せていけるようにしてほしいですね。
  1. 2013/09/13(金) 23:40:25|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダービー勝利のアーセナル、マーケット最終日に2選手補強

アーセナル 1 ― 0 スパーズ

いやー、やりました。
ジルーもラムジーも頑張ってましたね。誰を褒めたらいいのかわからないくらいみんな死力を尽くしてくれました。
最後の猛攻をしのぐアーセナルの姿勢からは、今シーズンにかける選手たちの意気込みが伝わってくる思いでしたね。

さらに素晴らしかったのは、途中出場ながら抜群の馴染みを見せたフラミニ。
彼のディフェンス・コーチングを見ていると、彼がいかにアーセナルに必要だったピースであるかを思い知らされます。
CBの前で声を張り、体をなげうってボールをはじき返す闘志。声をかけて真っ先にスペースを埋める知性。
これこそが、これまでのアーセナルに足りなかったメリハリの利いた守備を生み出す基だと思います。

さて、そんなアーセナルに、今度は前線とゴールマウスにこれまた力強い2人が加わりました。

一人目はパレルモからのレンタルでやってきたGK、ヴィヴィアーノ。ヴォイチェフとファビアンスキにプレッシャーをかける作戦ですね。素晴らしい。
でもしばらくはシュチェスニーでいくんだろうなぁと勝手な予想を立ててます。

そして何より注目の、クラブ史上最高額での加入となったドイツ代表、メスト・エジル。
彼の創造性、突破力は、ちょうどカソルラとロシツキーを併せたようなプレイヤーといった印象があります。
彼が左サイド、右がセオ、中盤にフラミニ、カソルラ、ロシツキーとか、かなり攻撃的ですがいい選択肢な気がしちゃいます。そこにアルテタ、ウィルシャー、チェンバレン、我らが宮市なんて、素敵すぎるじゃないですか。

ヴェンゲルはもしかしたら、今年をチャンスの年と捉えているかもしれません。
生きた伝説がベンチを去り、上位陣が軒並み首を挿げ替える中、アーセナルだけは長期政権継続中。
もちろん、チャンスです。
要は、チェルシー以外に負けなければいい。

なぜチェルシーかって、モウリーニョのチェルシーに勝ったことがないアーセナルですから、ブランクがあるにせよ弱点を見破られているような気がするんです。
なので、勝つべきところにしっかり勝つ。
この補強はかなりのグーナーを勇気づけたと思います。今年はいけると。

それを可能にするには、何より安定感です。間違っても開幕戦のような失態は許されない。
強豪に負けるのはしょうがないとしても、少なくとも去年のリーグをアーセナルより下の順位でフィニッシュしたチームには、必ず勝たなければいけません。
これがリーグなのです。強豪に勝たなければいけないのはカップ戦です、リーグはそこんとこは二の次。

そこでどれだけ堅実に勝ち星を積み重ねられるかが、8年ぶりのタイトルの鍵です。

今シーズン初のクリーンシートに、珍しい大型補強。
ポゼッションを捨ててでも勝つ今年のアーセナルには、その可能性が十分にあります。

勝てなかったら、何かを変えなければ。
サポーターの長年の願いは、とりあえず移籍市場においてはヴェンゲルに届いたのかもしれません。
  1. 2013/09/03(火) 23:40:16|
  2. アーセナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

閲覧者

プロフィール

R.M

Author:R.M
サッカーの勉強中です。
読んでくださった方、ご意見ご感想よろしくお願いいたします。
至らない部分の塊ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。